名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014

名古屋ウィメンズマラソン2014に合わせて開催された、名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014。記念すべき第1回大会は、3月9日午前9時にナゴヤドームからスタートし、街を南下して瑞穂公園陸上競技場のゴールまでの10.5kmのコースで争われました。今大会は選手のクラスに関係なく、タイムのみで順位を決定する形式。招待選手10名の内2名が棄権したため、8名の選手が快晴の名古屋を走り抜けました。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014

最初に競技場に姿を現したのは土田和歌子選手(サノフィ。T54)。観客やボランティアの大きな拍手に包まれながら、26分11秒のタイムでフィニッシュラインを通過しました。2位に3分以上の差をつける貫禄の勝利でした。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 土田選手

2位の中山和美選手(アクセンチュア。T53)は29分52秒でゴール。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 中山選手

3位はタイム30分31秒の高嵜瑞貴選手(関東身体障害者陸連。T54)でした。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 高嵜選手

小西恵子選手(兵庫県身体障害者陸連。T53)が31分01秒で続きます。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 小西選手

少し時間が空いてから2選手がトラックに入ってきました。5位の木山由加選手(エイベックス・グループ・ホールディングス。T52)はタイム35分05秒。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 木山選手

35分29秒でゴールした正中かおり選手(兵庫県身体障害者陸連。T53)。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 正中選手

地元名古屋の田中照代選手(ASSA-TC。T52)はタイム37分06秒の7位でした。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 田中選手

最後にフィニッシュゲートをくぐったのは、北浦春香選手(兵庫県身体障害者陸連。T34)。タイムは41分06秒でした。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 北浦選手

表彰式は、フルマラソンのゴール地点やマラソンEXPOで賑わうナゴヤドーム内の特設会場で行われました。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 表彰式

参加した全ての選手が登壇して始まった表彰式。賞の授与は上位3選手まででしたが、全員に花束が贈られるなど、和気藹々とした雰囲気での式となりました。

名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014 表彰式

こうして初開催大会の幕を下ろした名古屋ウィメンズホイールチェアマラソン2014。来年以降、参加人数増や距離の伸長を含め更なる発展が期待されます。国内車いすマラソンのレースカレンダーに名古屋の文字が定着するのは、そう遠くない日のことかもしれません。

<結果>
1.土田和歌子(サノフィ。T54) 26分11秒
2.中山和美(アクセンチュア。T53) 29分52秒
3.高嵜瑞貴(関東身体障害者陸連。T54) 30分31秒
4.小西恵子(兵庫県身体障害者陸連。T53) 31分01秒
5.木山由加(エイベックス・グループ・ホールディングス。T52) 35分05秒
6.正中かおり(兵庫県身体障害者陸連。T53) 35分29秒
7.田中照代(ASSA-TC。T52) 37分06秒
8.北浦春香(兵庫県身体障害者陸連。T34) 41分06秒

※大会詳細情報は大会HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事:

Pocket