東京マラソン2014

2月23日(日)に開催された東京マラソン2014。フルマラソン車いすの部には男子22名、女子4名が参加し、曇り空の下を都庁前から東京ビッグサイトまで42.195kmを走り抜けました。

最初にフィニッシュエリアに現れたのは、山本選手(福岡)と副島選手(ソシオSOEJIMA)。スタートからピッタリとくっついてレースをしてきた2選手でしたが、最後は山本選手が抜け出し1時間30分43秒でゴール、2010、2012年に続く3度目の東京マラソン優勝を果たしました。2位の副島選手は1秒差の1時間30分44秒でした。

東京マラソン2014 山本選手、副島選手

東京マラソン2014 山本選手

3位でゴールしたのは洞ノ上選手(エイベックス・グループ・ホールディングス)。タイムは1時間34分45秒で、すぐ後にフィニッシュラインを越えた西田選手(バカラ パシフィック)とは1秒差でした。

東京マラソン2014 洞ノ上選手、西田選手

女子は土田選手(サノフィ)が1時間48分8秒のタイムで、女子車いすの部設立から7連覇の偉業を達成しました。

東京マラソン2014 土田選手

2位の中山選手(アクセンチュア)は2時間4分5秒でゴール。

東京マラソン2014 中山選手

3位は高嵜選手(東京)。タイムは2時間7分35秒でした。

東京マラソン2014 高嵜選手

レース後の記者会見。男子優勝の山本選手は「割と風が弱くて、走りやすいコンディションだった。狙い通りのレースができた」と振り返りました。

東京マラソン2014 記者会見 山本選手

女子優勝の土田選手は「例年に比べて良かったかなと思う。スタート後、男子のスピードのある集団に入れたが、その後分かれて、何とかゴールまで辿り着いたレースだった。毎年沿道からの声援が多くて、名前を呼んでもらえることが本当に嬉しい」と話しました。

東京マラソン2014 記者会見 土田選手

その後行われた車いすの部男女表彰式には、約200人の観客が集まり入賞したアスリートを祝福します。

男子入賞3選手。左から副島選手、山本選手、洞ノ上選手。

東京マラソン2014 男子表彰式

女子トップ3。左から中山選手、土田選手、高嵜選手。

東京マラソン2014 女子表彰式

<男子結果>
 1.山本浩之   1:30:43
 2.副島正純   1:30:44 
 3.洞ノ上浩太  1:34:45
 4.西田宗城   1:34:46
 5.吉田竜太   1:38:55
 6.Senbeta James 1:39:01
 7.西原宏明   1:39:27
 8.高原圭司   1:44:24
 9.吉野誠二   1:44:24
10.永尾嘉章   1:45:27
11.西勇輝    1:48:00
12.渡辺習輔   1:48:13
13.真下和也   1:48:21
14.小林大    1:48:30
15.橋爪淳    1:48:32
16.渡邊敏貴   1:48:33
17.赤木哲也   1:50:06
18.小林宏    1:50:26
19.塩田清高   1:57:05
20.永易久和   2:02:14
21.田中誠治   2:06:57
22.小島将平   2:08:50

<女子結果>
1.土田和歌子 1:48:08
2.中山和美  2:04:05
3.高嵜瑞貴  2:07:35
4.竹下いづみ (35km時点でオーバータイムにより失格)

※大会公式HPはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: