新日本製薬 大分パラ陸上2015

5月2日(土)に大分銀行ドームで開催された、新日本製薬 大分パラ陸上2015。2006年から11年までの6年間連続開催されてきた大会が4年ぶりに復活です。IPC公認大会としての開催された今大会のため、総勢94名の選手が記録を残すために大分の地に集まりました。

ここでは今大会で生まれた世界新、日本新を記録した選手を中心にご紹介します。大会の全結果は大会公式HPよりご確認ください。

新日本製薬 大分パラ陸上2015
トラック競技の行われた大分銀行ドーム

新日本製薬 大分パラ陸上2015
フィールド競技はドームに隣接する「だいぎんフィールド」が舞台

<世界新記録>

新日本製薬 大分パラ陸上2015 加藤選手
砲丸投 女子 F46 加藤由希子選手(仙台大学) 12m24

<日本新記録>

新日本製薬 大分パラ陸上2015 辻選手
女子 T47 辻沙絵選手(日本体育大学) 100m 13秒69, 200m 27秒77

新日本製薬 大分パラ陸上2015 金涌選手
800m 女子 T34 金涌貴子選手(アームサイクリスト愛知) 2分39秒16

新日本製薬 大分パラ陸上2015 出戸端選手
100m 男子 T37 出戸端望選手(山口県障害者陸上競技クラブstep) 13秒19

新日本製薬 大分パラ陸上2015 萩本選手
砲丸投 男子 F56 萩本昇選手(兵庫パラ陸上競技協会) 7m81

新日本製薬 大分パラ陸上2015 渡邊選手
砲丸投 男子 F46 渡邊大輔選手(広島エモーションクラブ) 11m04

新日本製薬 大分パラ陸上2015 伊東選手
砲丸投 男子 F38 伊東進一郎選手(大分身体障害者陸上競技協会) 8m85

新日本製薬 大分パラ陸上2015 白井選手
砲丸投 男子 F42 白井健太郎選手(北九州市障害者陸上競技クラブ) 8m72

新日本製薬 大分パラ陸上2015 稲岡選手
やり投 男子 F13 稲岡憲吾選手(熊本県立盲学校) 51m98

走幅跳 男子 T43 紫垣裕憲選手(福岡県) 4m28

新日本製薬 大分パラ陸上2015 芦田選手
走幅跳 男子 T47 芦田創選手(早稲田大学陸上競技同好会) 6m36

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: