The 2015 GIO Summer Down Under Series

夏のオーストラリアで毎年開催されている車いす陸上のシリーズレース、GIO サマー・ダウン・アンダー・シリーズ。次の4日間に渡って行われた2015年のレースには、日本からも8人の選手が参加しています。IPC公認大会であり、今年10月にドーハで開催されるIPC陸上世界選手権の標準記録を狙う選手も集まりました。

  • 1/21、 22 Canberra International Track Meet (トラックレース)
  • 1/24 Sydney Twilight Track Meet (トラックレース)
  • 1/26 Oz Day 10K (10kmロードレース)

キャンベラとシドニーで合計3日間開催のトラックレースでは、世界記録に対するパーセンテージが高いタイム3つを基にクラスに関係なく順位が決定され、上位5選手に総額5,000豪ドルの賞金がアスリートに授与されます。また、最終日のOz Day 10Kレースでは、男子上位5選手、女子、マスターズ、ジュニアは上位3選手、クアードは上位2選手に対して、総額24,500豪ドルの賞金が与えられます。

The 2015 GIO Summer Down Under Series Oz Day 10K
シリーズを締めくくるOz Day 10K

キャンベラ・インターナショナル・トラック・ミートは、キャンベラ郊外のオーストラリア国立スポーツ研究所陸上競技場で開催されました。両日とも暑さを避けて17時半からのスタート。21日はスタート直後から雷雨に見舞われ、記録を出すために集まった選手にとっては悪環境下でのレースとなってしまいますが、22日は晴天に恵まれました。2日間で行われたレースは、100m、200m、400m、800m、1500m、5000m、4×400mリレーの7種目(10000mは初日の雨によるスケジュール変更で中止)。結果はこちらから。

he 2015 GIO Summer Down Under Series Canberra International Track Meet
オーストラリア国立スポーツ研究所陸上競技場

The 2015 GIO Summer Down Under Series Canberra International Track Meet
21日は雨のレースとなった

The 2015 GIO Summer Down Under Serie
22日は晴れ

The 2015 GIO Summer Down Under Series Canberra International Track Meet
オーストラリアとカナダによる4×400mリレーも行われた。走者交代はタッチで行う。

場所をシドニーに移して行われた24日のシドニー・トワイライト・トラック・ミート。シドニーオリンピックパーク内のウォームアップトラックで17時からレースが始まりました。キャンベラと同様の7種目が行われ、選手はスタンドに集まった観客の大きな声援を受けながらトラックを駆け抜けます。風が強く、記録を求める選手にとっては決して最適なコンディションではありませんでした。結果はこちらから。

The 2015 GIO Summer Down Under Series Sydney Twilight Track Meet
会場となったウォームアップトラック

The 2015 GIO Summer Down Under Series Sydney Twilight Track Meet
最年少選手は今年8歳になるコーマック・ライアン選手(T54)。100mと200mに出場した。

The 2015 GIO Summer Down Under Series Canberra International Track Meet
照明の下で行われた最終種目の男子5000m

シリーズ最後を飾るのは、シドニー市街地での10kmロードレース、Oz Day 10K。26日は生憎の雨でしたが、祝日のオーストラリア・デイということもあり、レース開始の午前9時には多くの観客がスタート/ゴールゲートに集まりました。2.5kmのコースを2往復するこのレース、男女共に序盤から主導権を握ってレースを進めた選手が優勝する結果に終わりました。結果はこちら(PDF)

The 2015 GIO Summer Down Under Series Oz Day 10K
悪天候にも関わらず多くの観客がレースを見に集まった

The 2015 GIO Summer Down Under Series Oz Day 10K
男子総合優勝の洞ノ上浩太選手(T54。エイベックス・グループ・ホールディングス)

The 2015 GIO Summer Down Under Series Oz Day 10K
女子総合優勝はマヌエラ・シェル選手(T54。スイス)

※大会詳細情報は、大会公式HPをご覧下さい
キャンベラ・インターナショナル・トラック・ミートの結果はこちら
シドニー・トワイライト・トラック・ミートの結果はこちら
Oz Day 10Kレースの結果はこちら(PDF)
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: