第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目

前日に引き続き5試合が行われた、第3回世界身体障害者野球日本大会2日目。1日目を終えた時点で、日本とプエルトリコが2勝で勝ち点6、アメリカが1勝で勝ち点3、台湾、韓国が0勝で勝ち点0となっています。

■第6試合 台湾-韓国

1回は両チームとも三者凡退。2回表を無失点で抑えた韓国は、4番打者の南選手がレフトオーバーの三塁打を放ち、チャンスを作ります。続く打者は三振に打ち取られましたが、6番尹選手のセンター前タイムリーで先制点を奪いました。後続は抑えられますが、韓国が2回を終えて0-1とリードします。3回表に1点を返し同点とした台湾は、4回表、4番黄選手が出塁すると、5番のセイ選手がセンター越えのタイムリー三塁打を打つと、さらに送球が逸れる間に本人も生還し、3-1と逆転に成功しました。時間規定により最終回となった5回表にも2点を追加した台湾が、5-1で今大会初勝利を飾りました。

第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目 南選手
2回表、三塁打を放つ韓国の南選手

第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目
熱い声援を送り続けた台湾応援団

■第7試合 プエルトリコ-日本

プエルトリコ先攻のこの試合、日本は佐々木良樹選手がマウンドに立ちました。1回表、ワンアウトから2番ホセ選手がレフト前二塁打、続くアレクシス選手のレフト前ヒットの処理が遅れる間にランナーが帰りました。先制を許した佐々木投手でしたが、後続を抑えます。1回裏、日本は先頭打者の山崎晃裕選手が左中間深くへの三塁打でチャンスを作りますが、後が続かず無得点。2回表のプエルトリコも無得点に終わりました。

2回裏、エラー2つなどでワンアウト二三塁とした日本は、9番飼沼寛之選手が、高いバウンドのヒットをセンター前に運び、その間にランナー2人が生還して逆転します。その後ツーアウト一塁から、1番山崎選手がこの日2本目の三塁打をライトへ放ち3点目。さらに3番高田和也選手のレフト前タイムリーでこの回4得点、スコアを1-4としました。ここから両者しっかりとした守備で得点を許さず、試合は5回へ。5回表を難なく抑えた日本は、5回裏にも1点を加えると、ここで試合開始から1時間半を経過し試合終了。2勝同士の対決を、日本が1-5で制しました。

第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目 山崎選手
2本の三塁打でチームを引っ張った山崎選手

■第8試合 アメリカ-台湾

1回表を無失点としたアメリカはその裏、レフト深くへのヒットがランニングホームランとなり先制します。さらに押し出し、エラーなどもあり4点を追加。ここで台湾はピッチャーを交代しますが、アメリカの勢いを止められず次々と打たれて1回終わって0-14と、アメリカが大量リードを奪いました。アメリカは2回裏にも1点追加し、0-15で最終回の3回に入ります。ピッチャーを代えてきたアメリカに対し、台湾は3点を返しますが反撃もそこまで。3-15でアメリカが勝利しました。

第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目 呉選手
試合は大差が付いたが、呉選手の力投は光った

■第9試合 韓国-プエルトリコ

1回表のプエルトリコ、フォアボール、デッドボールなどでワンアウト満塁となり、押し出しで先制します。続く6番ロベルト選手はライトへ打ち上げますが、捕球エラーがあり、1点を追加して依然ワンアウト満塁。7番イタマール選手のセカンドゴロの間に3点目を取ると、さらに押し出し、牽制球エラーで、1回表を終えて5-0とリードしました。韓国は1回裏、ノーアウト一二塁から、3番尹選手がセカンドゴロ。ダブルプレーかと思われましたが、エラーが出てランナーが1人帰ります。さらにヒットが出てノーアウト満塁となると、フォアボール、デッドボールで2点を追加。プエルトリコは代わったピッチャーが3アウトを取りましたが、デッドボールが1つあり、スコアはプエルトリコリードの5-4となりました。

2回表、ツーアウト満塁からデッドボールでプエルトリコが6-4とリードを広げます。スコア動かず迎えた最終回の3回裏、韓国はワンアウト一塁とし、逆転を狙います。しかし最後はピッチャーゴロからのダブルプレー。プエルトリコが6-4で勝利し、3勝1敗の勝ち点9で日本に並びました。

第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目 アレクシス選手
サードで出場し、その後ピッチャーとしてピンチを切り抜けたアレクシス選手。バッティングでも大活躍の大会だった

■第10試合 日本-アメリカ

日本、アメリカ、プエルトリコの3カ国に絞られた優勝争い。全試合終了したプエルトリコが3勝1敗で勝ち点9、1試合を残すアメリカが2勝1敗勝ち点6、日本が3勝で勝ち点9となっています。日本がこの試合に勝利すれば大会3連覇、アメリカが勝利すれば3カ国による得失点差勝負、引き分けならプエルトリコの優勝となる、大会の行方を決める試合が始まります。

先攻は日本。ヒットとフォアボール2つでワンアウト満塁のチャンスを作ります。しかしアメリカのキンジー投手が後続2人を三振に打ち取りました。1回裏、日本の黒塚智幸投手は、先頭打者をピッチャーゴロに打ち取ります。しかし2番ヘス選手にヒットを許すと、デッドボールとヒットでワンアウト満塁に。続く打者にフォアボールを与え、押し出しでアメリカが先制しました。6番フースト選手をセカンドフライに打ち取るも、7番ボスケス選手センターへ2点タイムリーヒット。さらにレフト前に2点タイムリーが出て、アメリカが一気に0-5とリードを広げました。

追いつきたい日本ですが、アメリカのキンジー投手のピッチングをなかなか崩せません。日本も2回裏から登板した斉藤彰選手がアメリカにチャンスを与えず、両チームともゼロが続く展開に。時間規定により最終回となった5回までに得点は生まれず、アメリカが0-5で日本を下しました。

この結果、日本、アメリカ、プエルトリコが勝ち点9で並びましたが、得失点差が最も大きいアメリカが優勝の栄冠を手にしました。

第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目 黒塚選手
日本の先発、黒塚選手

第3回世界身体障害者野球日本大会 2日目
両チームの健闘に球場からは大きな拍手が送られた

<大会結果>
1.アメリカ 3勝1敗 勝ち点9 得失点差+20
2.日本 3勝1敗 勝ち点9 得失点差+17
3.プエルトリコ 3勝1敗 勝ち点9 得失点差+2
4.台湾 1勝3敗 勝ち点3 得失点差-19
5.韓国 1勝3敗 勝ち点3 得失点差-20

※大会詳細情報・結果は、日本身体障害者野球連盟HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: