第15回日本ボッチャ選手権大会 BC1 Bプール 木谷-合田

大会初日17:05から開始の8試合の中から、BC1クラスBプールの木谷選手(太陽の家 SUN Chips。ゼッケン102)と合田選手(しらさぎボッチャクラブ三愛デイ。ゼッケン107)とのゲームのレポートです。BC1クラスには8組の選手と競技アシスタントが出場しています。

第1エンド、赤の合田選手のジャックボール投球がファールとなり、木谷選手に投球権が移ります。コート右やや奥にジャックボールが、その手前に青1球目が投げられました。赤1、2、4球目は手前、3、5球目は奥となかなか寄せられない合田選手は、6球目を青1球目に当てジャックボールへ少し寄せ、このエンドの投球を終えました。木谷選手は2、3投目をジャックボール左手に寄せますが、4、6投目で赤ボールを少し寄せてしまい、この時点で2得点。相手のジャックボール投球時の反則で得た2球のうち、7投目を得点圏に入れて、このエンド3得点を獲得しました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC1 Bプール 木谷-合田 木谷選手

第2エンド、木谷選手は先のエンドと同様の位置にジャックボール、青1球目をやや右手前に置いてきます。合田選手は手前、右へアウト、左手前と投球し、赤4球目を青1球目に当てつつジャックボールへ寄せました。青2球目がジャックボールと青1球目の間に入ると、赤5球目は手前に寄りますが距離が足らず。強めの投球となった赤6球目はコート右隅へと遠ざかってしまいました。ここでリードを広げたい木谷選手でしたが、続く青3、4投目で赤5球目がジャックボールに寄ると、アウトの5投目を挟んで、青6投目では赤1球目も寄せてしまい、終わってみれば赤の2得点。木谷選手1点リードの3-2となりました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC1 Bプール 木谷-合田

第3エンドのジャックボールはコート左側中程へ。合田選手の赤1球目は左手前、木谷選手の青1球目はより近い左手につけました。赤2球目は奥へ、3球目を左手前に近づけると、青2球目は奥、3球目がジャックボール左手前にピッタリと寄りました。合田選手は4球目を右手前に近づけましたが、5球目が手前に残り、6球目は左ライン際へと転がってしまいます。ボールの状況を確認した木谷選手は残り3球を投げずにエンド終了とし、青3球目の1点を追加しました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC1 Bプール 木谷-合田

スコア4-2で迎えた最終エンド。ジャックボールは再びコート右側へ、青1球目は少し距離のある手前につけます。合田選手が赤1球目を右手前に近づけると、木谷選手は青2球目をジャックボールを押し出しつつ右側に寄せて応戦。合田選手は赤2球目をその間に見事に置くナイスショットで応戦します。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC1 Bプール 木谷-合田

木谷選手は残り4球で赤1点の状態を変えられず。合田選手は3球目をジャックボール手前の得点圏に入れてきますが、残りの投球で追加点をあげられず赤2点。スコアは4-4となり、勝負の行方はタイブレイクにて決されることとなりました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC1 Bプール 木谷-合田 合田選手

ジャックボールがジャッククロスの置かれた状態で始まるタイブレイク。最初の投球権を得た合田選手が、赤1球目を手前に密着させる見事なプレーで優位に立ちました。木谷選手は青3球目を赤1球目に当てるも位置関係を変えられず、6球目をジャックボール左側にかなり寄せましたが赤1球目より近づけることができません。最初の1投で勝負を決した合田選手に軍配が上がりました。

※大会情報は日本ボッチャ協会HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: