第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 Bプール 廣瀬-井上

21日18:55からスタートした、BC2クラスBプール廣瀬選手(市原ボッチャクラブ。ゼッケン202)対井上選手(宝塚障害者スポーツクラブ・ボッチャ部。ゼッケン210)の試合です。

第1エンド、赤の廣瀬選手のジャックボールはコート左のVライン近くへ。赤1球目は右側に置きました。井上選手の青1球目は、ジャックボールを左へずらしつつ赤1球目との間に入れる好投。赤2球目は青1球目の手前に、3球目はジャックボール手前にぴったりとつけます。青2、3球目が手前、4球目が奥へ行った井上選手は、5球目を赤3球目の手前に、6球目はジャックボール右側、赤1球目付近へ残して投球を終了しました。廣瀬選手は赤4球目を青5球目にぶつけ左にずらすと、5球目は手前に残りましたが、6球目を赤3球目の右側に付け、このエンド2得点とします。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 Bプール 廣瀬-井上

第2エンド、井上選手は中央やや右寄りの、ジャッククロスより遠めにジャックボールを、青1球目をその右側に投げます。廣瀬選手は赤1球目をジャックボール手前に見事に密着させるナイスプレーを見せました。井上選手は残りの投球がバラけ、ジャックボールへと寄せることができません。チャンスを迎えた廣瀬選手は、残り5球を全て得点圏内へ投げて6得点を獲得。スコアを8-0としました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 Bプール 廣瀬-井上 廣瀬選手

第3エンドは、第1エンドと同様の位置でスタート。廣瀬選手の赤1球目はジャックボール左に付きました。井上選手は青1球目を赤1球目にぶつけてジャックボールから離します。青2、3球目は奥へ、4球目が右に残り、5球目はジャックボールに当ててつつ手前に残しましたが、赤1球目の方が近い状態。青6球目はジャックボール右手前に残りました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 Bプール 廣瀬-井上 井上選手

ジャックボールへのラインが手前のボールに隠されている状況で、廣瀬選手はボールをジャックボール付近へ落とす投球で加点を狙います。しかし赤ボールはなかなか寄らず、逆に青5球目を寄せてしまい、このエンドは井上選手に1得点が入りました。

最終エンドのジャックボールはジャッククロス右側に。青1球目は右手前、赤1球目は左、そして青2球目がジャックボール手前にピタリと付きました。廣瀬選手はスピードのある赤2球目で青2球目を右にずらすと、3球目を赤1球目の右手前に置き、そのボールを4球目で押してジャックボールに密着させます。井上選手の青3球目は赤3球目手前に残りました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 Bプール 廣瀬-井上

青4球目はジャックボール左、5、6球目は手前となります。赤5球目で青2球目を右奥へずらし、2得点獲得の配置とした廣瀬選手、6球目は奥へ行きますが、そのまま2点を追加。最終スコア10-1で廣瀬選手の勝利となりました。

※大会情報は日本ボッチャ協会HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: