第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤

続いて10時半からは、BC3クラス準決勝、奈良選手(チーム心 -kokoro-。ゼッケン303)対加藤選手(川崎ボッチャクラブ。ゼッケン312)の試合です。

赤の加藤選手、ジャックボールをコート左側Vラインライン付近へ置き、赤1球目を右手前に寄せます。青1、2球目は強めのボールがアウトとなり、3球目は奥へ、4~6球目は手前にまとめて置いてきました。加藤選手は残り5球を全て得点圏内に入れる投球で、見事6点を獲得。会場からは大きな拍手が贈られました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤

第2エンド、奈良選手はジャックボールをコート右奥へ投球、青1球目は右奥へ転がりました。ジャックボール左にピタリと付けてきた赤1球目に対し、青2球目でジャックボールを奥に押し出すと、3球目でそのボールを押し、ジャックボール手前に近づけてきます。赤2球目は青3球目と赤1球目の間に収まり、3球目は奥へ、4、5球目は手前、6球目は右側となりました。勢いのある青4球目は、青3球目を押して青2球目手前へと動かします。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤

続く青5球目が青2球目に連なると、6球目は右へ。このエンドの得点は青1点で、スコアは加藤選手リードの6-1となります。

第3エンドはコート左側手前にジャックボール。やや奥へ赤1球目が転がった加藤選手に対し、奈良選手はジャックボール手前に見事に寄せてきました。加藤選手は強めの2、3球目がそれぞれジャックボール、青1球目にわずかに当たるもアウトに。続く4、5球目を右側へ置くと、6球目をジャックボール右にピッタリと付けるナイススローで投球を終えました。

IMG_2672.JPG

このエンドで差を詰めたい奈良選手は、青2球目を右の赤5球目に当てた後、青3球目で赤6球目を押し出すと、青4球目をジャックボール奥へ寄せてくる見事な組み立てで一気に形勢を逆転。6球目も得点圏内に入れてくると、このエンド4点を獲得。スコア6-5と、1点差に詰め寄りました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤 奈良選手

勝負を決する最終エンド、コート右奥のサイドライン際のジャックボールに対し、奈良選手は青1球目を左に寄せてきます。加藤選手は1球目が手前、2、3球目が奥へ転がると、4球目でジャックボールをわずかに奥へずらしました。赤5球目は手前の赤1球目に当たり、6球目は制限時間内に投げられません。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤

青2球目で赤4球目をジャックボールに寄せてしまった奈良選手でしたが、3球目で今度はその青2球目を手前に寄せ、この時点で青の1点。青4球目は手前の赤ボールに当たり右へ。ここでもう1点追加して勝負を決めたいところでしたが、青5球目で青2球目を遠ざけてしまい、赤1点の配置となってしまいます。持ち時間いっぱいで投球した6球目は右のラインを越えてアウト。紙一重のゲームを制し、決勝戦への切符を勝ち取ったのは加藤選手(スコア7-5)でした。

歓喜の涙を見せる加藤選手。素晴らしい試合内容と、両者の健闘を称える拍手が会場に響き渡りました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤 加藤選手

※大会情報は日本ボッチャ協会HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: