第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 Aプール 加古-馬場

21日15時45分からのBC3クラス Aプール、加古選手(川崎ボッチャクラブ。ゼッケン301)と馬場選手(埼玉ボッチャクラブ。ゼッケン316)の試合です。BC3クラスには16組の選手と競技アシスタントが参加しました。

赤の馬場選手の投球で第1エンドが始まります。コート左奥にジャックボールを配し、赤1球目を左につけます。青の加古選手は1球目が手前に、2球目をジャックボール左に寄せてきました。赤2球目を奥へ、赤3球目をジャックボールに当て奥に押出した馬場選手に対し、加古選手は6球目まで投げて近づけることができず、この時点で赤2点となります。馬場選手は残り3球で加点を狙いますが、第1エンドはこのまま0-2で終わりました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 Aプール 加古-馬場

第2エンド、コート右側、距離はジャッククロスより近い位置にジャックボールを置いた加古選手は、青1球目を手前にぴたりと付けました。馬場選手は4投目まででジャックボールを奥にずらし、自らのボールを近づけます。青2球目が近づくと、赤5球目でジャックボールがさらに奥へ動き、赤2球目が青2球目よりわずかに近い位置となりました。加古選手は4、5球目をジャックボールにかなり寄せてきましたが、最終的に赤2球目より近づけることができず。このエンドは赤1点、スコアは0-3と馬場選手の3点リードとなりました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 Aプール 加古-馬場 馬場選手

第3エンドのジャックボールはコート左奥へ。馬場選手の1投目は手前に残りました。加古選手の青1球目もジャックボール左手前でしたが、わずかに距離が短い位置。赤2球目が左奥へ、3球目がジャックボールすぐ左奥に寄りました。青2球目はコート左隅に、3球目は手前の赤1球目に当たり右へ、4球目はコート左隅のライン際、5、6球目はジャックボール近くの左手前、右手前に寄せましたが、赤3球目より近づけることができません。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 Aプール 加古-馬場 加古選手

この時点で赤1点。リードを広げたい馬場選手でしたが、5投目が青5球目を押しジャックボールに寄ってしまいます。赤6球目は持ち時間中に投げられずデッドボールに。青の1点となり、スコア1-3と、加古選手が得点差を2としました。

第2エンドとほぼ同位置ではじまった第4エンド。手前に青1球目をぴったりと付けてきた加古選手に対し、馬場選手は1球目を青1球目に当ててジャックボールから離すと、2球目をその間に滑り込ませる好プレーを見せます。加古選手も青2球目をジャックボールへ密着させる投球で会場を沸かせました。赤3球目はジャックボールを赤2球目奥へとずらす投球。続く青3球目はボールの間を縫ってジャックボールに近接と、加古選手が連続でのナイスプレーで主導権を握っていきます。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 Aプール 加古-馬場

この時点で青の1点。2点リードする赤の馬場選手は、追加点を阻止する意図もあったでしょうか、4~6投目を手前に置いてきました。しかし加古選手は4投目をジャックボールに寄せて青2点の状態にすると、5投目ではジャックボールをやや奥に動かしつつ3点を確保。6投目は投球せずにエンドを終えた加古選手が3点を加え、大逆転で4-3での勝利を飾りました。

※大会情報は日本ボッチャ協会HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: