第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1 準決勝 藤井友里子-木谷隆行

BC1準決勝は、藤井友里子選手(青/富山ボッチャクラブ)と木谷隆行選手(赤/太陽の家SUN Chips)の対戦です。両選手は前回大会決勝戦で当たり、その際は藤井選手に軍配が上がっています。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷
藤井選手(左)と木谷選手、実力者同士の対戦に注目が集まった

■第1エンド
木谷選手のジャックボールはコート左、ほぼジャッククロスの高さ。赤1球目を左手前に寄せますが、藤井選手が青1球目を右手前のより近い位置につけて来ます。藤井選手からは「よしっ」の声。試合開始早々からレベルの高い攻防が始まります。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷

赤2投目で2球のわずかな隙間を通しジャックボールを押し出した木谷選手は、続く3球目で赤1球目をジャックボールに寄せ、更に自らも得点圏に置くナイスショットを見せます。見事にコントロールされた山なりのボールでした。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷
木谷選手

藤井選手も負けておらず、赤ボールを押し出して青2投目をジャックボールに寄せてきました。ジャックボール手前にボールが3つある難しい状況に、木谷選手は残り3球を投げ切ります。4球を残している藤井選手は、冷静に得点を重ねてこのエンド3点を獲得。大きなリードを得ました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷
密集したボールがプレーレベルの高さを物語る

■第2エンド

ジャックボールをコート右側Vライン寄りに置いた藤井選手は、青1球目をジャックボール左手前に付けます。3番スローイングボックスの木谷選手からジャックボールへのラインを隠す絶妙な投球は、このエンドを決めた1球となりました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷

難しい状況ながらも、ジャックボール右側から攻めた木谷選手は赤4,5球目を肉薄させますが、僅差で青の方が近いとの判定。青1球目が重くのしかかり、流れを引き寄せることができないまま全6球の投球を終えました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷
紙が通るか通らないかで距離を計測するギリギリの勝負だった

藤井選手は2球を使ってジャックボール右側の赤ボールをよけると、そこへ青ボールを1つ置き1点をプラス。このエンドで2点を加え、リードを5点に広げました。

■第3エンド
ジャックボールは第1エンドよりもやや奥の位置。少し距離が空いたところに赤1球目が置かれると、藤井選手は青1球目でそのボールを寄せてしまいます。このまま状況を変えられず青6球を投げ切りますが、ラスト3級はジャックボール手前、ラインを隠すガードのような形となりました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷
藤井選手

このガードが功を奏し、木谷選手は5球を使うもポイントを加えることができません。結果、木谷選手に1点が入りましたが、藤井選手の試合巧者ぶりが際立ったエンドとなりました。合計スコアは藤井選手リードの5-1です。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷
第3エンド終了時のボール配置

■第4エンド

ジャックボール左手前に青1球目を付け、第2エンドを再現した藤井選手。その後の展開も同様となり、木谷選手は一気に6球を投げ切ることとなりました。最終的な計測の結果は赤1点となり、合計スコア5-2で藤井選手が決勝進出を決めています。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC1準決勝 藤井-木谷
健闘を称えあう藤井選手(左)と木谷選手。1球で勝負が決まる中身の濃い試合だった。

・結果詳細はこちら
・フォトギャラリーはこちら

・ピックアップゲームレポート
BC3準々決勝 大堀誠眞-北澤和寿
BC1準決勝 藤井友里子-木谷隆行
BC2決勝 廣瀬隆喜-杉村英孝

※大会詳細情報は、日本ボッチャ協会HPをご覧下さい。
(写真:市川亮、文:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: