第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬隆喜-杉村英孝

各クラスの決勝戦が一斉にプレーされる中で一際注目を集めたのがやはりBC2クラス。廣瀬隆喜選手(青/市原ボッチャクラブ)と杉村英孝選手(赤/静岡ボッチャ協会)との頂上決戦です。第15回大会は杉村選手が、前回大会は廣瀬選手が優勝しており、優勝経験のある両選手によるハイレベルなボッチャが期待されました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
廣瀬選手(左)と杉村選手。試合前には和やかな雰囲気だったが、コートに入るとアスリートの鋭い表情が現れた

■第1エンド
杉村選手の投げたジャックボールはコート左ライン際、Vラインを少し越えたところ。赤1球目は手前にぴったりと付きました。強めのボールを投げる廣瀬選手は、最初の2球はそのままラインアウト、青3球目をぶつけてジャックボールと赤1球目を離します。続く青4球目をジャックボール手前に置くと、青5球目をそれに当ててポイント圏内へと動かしました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
青5球目(左)で青4球目(中央)をジャックボールへと寄せる

杉村選手は赤3球目をジャックボール左側に寄せ、赤1点の配置とします。これに対し廣瀬選手は最後の青6球目を他のボールにうまく当ててジャックボール奥へ寄せ、再び青1点の状況とします。ジャックボール手前が比較的空いている配置を前に、杉村選手は3球を使って赤ボール1つをジャックボール手前に肉薄させ、赤1点を確保。杉村選手が1点を先制します。

■第2エンド
ジャックボールをコート右奥9m付近に投げ込んだ廣瀬選手。青1球目を手前につけるナイスショットに雄叫びを上げます。精度が高く強さもあるボールが要求される難しい状況に、杉村選手はかなり惜しいショットも見せますが、6球全てを投げ切ることとなりました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
左がコート奥

相手が全球投げきり、自らは残り5球のまたとない得点チャンスを迎えた廣瀬選手。ただ、ジャックボール手前に赤ボールが密集しており、そう簡単に加点はできません。どんな手を使ってくるのか、観客が固唾を呑んで見守る中、青2球目を手前でバウンドさせジャックボールに乗せるスーパーショットを繰り出しました。感嘆の声が出た会場に廣瀬選手の雄叫びが再び響き渡ります。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
バウンドして

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
ジャックボールと青1球目の間に乗った

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
会心のショットに雄叫びを上げる廣瀬選手

しかし、ボールが間に乗ったことで青1球目との距離がやや離れ、この時点で青1点。ジャックボール近くに集まった赤ボールが大きく効いています。残り4球でさらなる加点を狙った廣瀬選手でしたが、高難度のショットは決まらず、青1点のままで第2エンドは終了します。スコアは1-1となりました。

■第3エンド
ジャックボールは第1エンド同様にコート左手前に。赤1球目はやや離れた手前にとどまりますが、4番のスローイングボックスから左手で投げる廣瀬選手にとっては、ジャックボールのライン上にある非常に嫌なボールとなりました。廣瀬選手は5球を使ってなんとか寄せ、青1点とします。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
赤1球目の絶妙な配置に苦しんだ廣瀬選手

杉村選手は2球を使って赤1点を作り出すと、さらに青1球、赤2球が投げられますが状況は変わらず。杉村選手が1点を加え、2-1で第4エンドへと突入しました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村

■第4エンド
再びコート右奥へジャックボールを投げた廣瀬選手。青1球目はやや距離のある手前に残りました。ここで杉村選手がジャックボール手前にぴたりと寄せるスーパーショットを披露。試合を決める会心のプレーに「よーーしっ!」と声が出ました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
声を上げる杉村選手

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
左がコート奥。ここしか無いという絶妙な位置に赤1球目が止まった

勢いのあるボールでジャックボールを動かすしかない廣瀬選手。青2、3球目はアウトとなりますが、4球目でジャックボールを少し奥に動かすことに成功します。しかし、まだ赤1球目の方が近く、赤1点は変わりません。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
手前のボールを乗り越えた青4球目がジャックボールを動かした

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
わずかに赤の方が近い

改めてコート内でボール配置を確認した廣瀬選手でしたが、残り2球で状況を変えることはできませんでした。杉村選手は残りボールの投球をせず、赤1点が確定。合計スコア3-1で杉村選手が2年ぶりの日本選手権優勝を果たしました。

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
通常は行わないが、観客席へ向けても「赤1点」を示す審判

第17回日本ボッチャ選手権大会 本大会 BC2決勝 廣瀬-杉村
素晴らしい試合を披露した両選手へ、会場からは大きな拍手が贈られた

・結果詳細はこちら
・フォトギャラリーはこちら

・ピックアップゲームレポート
BC3準々決勝 大堀誠眞-北澤和寿
BC1準決勝 藤井友里子-木谷隆行
BC2決勝 廣瀬隆喜-杉村英孝

※大会詳細情報は、日本ボッチャ協会HPをご覧下さい。
(写真:市川亮、文:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: