2013 アジアユースパラ ボッチャ 個人BC3 菅野-クォン

16時半からはBC3クラスJUNIOR(15~17歳)4人総当りの2試合目、菅野選手対クォン選手(韓国)の対戦です。コート脇には韓国選手団が陣取り、応援をします。激しく屋根を叩いていたスコールも、やや弱まってきました。

2013アジアユースパラ ボッチャ BC3ジュニア 菅野選手-クォン選手 第1エンド

赤の菅野選手の投球で第1エンドがスタート。コート左側、Vラインを越えた辺りのジャックボールに対し、やや左奥に1球目を置きました。クォン選手は1球目を左奥へ、2球目を左手前ピッタリの位置に付けます。強いボールで菅野選手がこれを弾くと、クォン選手の3球目は右手前へ。このボールは赤3球目に押されジャックボールに密着します。菅野選手は4、5球目で青3球目を押しつつジャックボールをずらし、赤1球目へ近づけました。これに対しクォン選手は4球目をジャックボールわずか手前に置いてきます。菅野選手最後のボールは、青3球目を押し出しつつやや奥へ。クォン選手は5、6球目でうまくジャックボールを動かし青1球目の元へ。これでクォン選手が1点を獲得します。

2013アジアユースパラ ボッチャ BC3ジュニア 菅野選手-クォン選手 第2エンド

第2エンドはコート右側、Vラインをわずかに越えた位置にジャックボール、そして青1球目が手前に密着した状態で開始。菅野選手の1球目はリトラクション、アウトボールとなってしまいますが、2球目を青1球目にぶつけて密着状態を解除します。3球目は左へそれてアウト、4球目は青1球目を押してジャックボールに近づけてしまいます。5球目でそのボールを弾き、自らをジャックボール手前につける好プレーが出ました。クォン選手は2球目で勢いのあるボールで赤5球目左奥へ押し出すと、3、4、5球目を密着させ、1球目と合わせて4点としました。

菅野選手が第1エンド同様の場所にボールを置いて第3エンドスタート。すかさず密着させてきたクォン選手に対し、4球目でその球を弾き、この時点で3点とします。

2013アジアユースパラ ボッチャ BC3ジュニア 菅野選手-クォン選手 第3エンド

ここでクォン選手は2球目をジャックボールに手前に密着させてきます。菅野選手の5、6球目は赤ボール3つに連なる形となり、残り4球でジャックボールを動かしつつ3点を確保、スコアを8-0としました。

やはりコート右側Vライン付近で始まった第4エンド、密着した青ボールを4球目で引き離した菅野選手でしたが、クォン選手の正確なボールコントロールを前に苦しみました。このエンドもクォン選手が4点を取り、計12-0での勝利となりました。

第2エンド終了時には、悔しさからか泣いてしまう場面もあった菅野選手。残りの試合も一生懸命なプレーを見せて欲しいです。

(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: