カテゴリー別アーカイブ: 射撃

第28回全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会

11月28日(土)、29日(日)の2日間、長崎県小江原射撃場で開催された第28回全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会。日本全国から28名がエントリーし、それぞれの競技種目で得点を競いました。

今大会でエントリー対象となった種目は、まず使用する銃の種類により大きく3つに分けられます。ビームライフル/ビームピストルは、銃に関する法規制がある中で競技人口増のために考案された日本独自の種目です。

  • ライフル(R1~R9。R1~R5:エアライフル(10m)、R6~R9:スモールボアライフル(50m))
  • ピストル(P1、P2:10mエアピストル(AP)。IPC射撃の種目としてはP1~P5まである)
  • ビームライフル(BR)/ビームピストル(BP)

ライフルには射撃姿勢が4つあります。ピストルは立射のみ

  • 立射(S:Standing)
  • 膝射(K:Keeling)
  • 伏射(P:Prone)
  • 肘射(T:Table。ビームライフルのみ)

選手のクラスは3つありますが、SH1はライフルとピストルにより定義が異なります。SH2はライフルのみのクラスです。

  • SH1(ライフル):下肢に障がいのある選手
  • SH1(ピストル):上肢もしくは下肢に障がいのある選手
  • SH2(ライフル):上肢に障がいのある選手(下肢障がいの有無は問わない)
  • SH3:視覚障がいクラス(日本独自)

各種目の銃の種類、射撃姿勢、クラス等は、基本的には次のように表されます。

  • (種目):(銃の種類)(射撃姿勢)(弾数)(選手性別)-(クラス)

例えば「R5:10mP60MW-SH2」は、R5という種目が、エアライフルによる10m伏射、男女混合、SH2クラスの選手による競技であることを表しています。射撃姿勢はピストルでは省略される他、ライフルでは「3x」で表される立射、膝射、伏射の3姿勢の種目(「3×20」はそれぞれの姿勢で弾数20、計60弾)が、ビームライフルでは「F」自由姿勢もあります。

得点は、標的の中心が10点、最も外側が1点のエリアとなっており、種目によって整数または小数点1位までで計算。10点のエリアに着弾しても、より中心に近ければ10.8点とカウントされることもあります。標的の大きさは種目毎に決められています。

第28回全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会
10mエアライフル/エアピストル射場

第28回全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会
電子標的。右が10mエアピストル、その他は10mエアライフルのもの

第28回全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会
着弾点や得点などの情報が表示される。ディスプレイは、選手の手元と天井吊りの2つあり、観客もリアルタイムで情報を確認できる。

続きを読む 第28回全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会