カテゴリー別アーカイブ: 車いすバスケ

内閣総理大臣杯争奪 第43回日本車椅子バスケットボール選手権大会 決勝 宮城MAX-埼玉ライオンズ

5月4日(月)~6日(水)の3日間で行われた、内閣総理大臣杯 第43回日本車椅子バスケットボール選手権大会。全国から集まった16のチームが日本一の座を争い、東京体育館で熱戦を繰り広げました。決勝戦まで勝ち上がってきたのは埼玉ライオンズと、大会6連覇中の宮城MAX。1500人ほどの観客が見守る中、ティップオフとなりました。

内閣総理大臣杯争奪 第43回日本車椅子バスケットボール選手権大会 決勝 宮城MAX-埼玉ライオンズ
両チームの選手がチアリーダーに迎えられて入場

続きを読む 内閣総理大臣杯争奪 第43回日本車椅子バスケットボール選手権大会 決勝 宮城MAX-埼玉ライオンズ

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 決勝 日本-イギリス

最終日を迎えた大阪カップ。4日間に渡った大会を締めくくる決勝戦は日本とイギリスとの対戦となりました。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 決勝 日本-イギリス
試合前のショータイムでパフォーマンスを披露したダンサーが両国の選手入場を演出した

続きを読む 2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 決勝 日本-イギリス

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 3日目

3日目の大阪カップは、総当り戦の最終日。2勝でトップを走るオーストラリアを、1勝1敗の日本とイギリス、2敗のカナダが追いかける状況で、日本-オーストラリア、イギリス-カナダの2試合が行われました。上位2チームが翌日の決勝戦に進出、勝ち星が並んだ場合は、並んだチーム間の対戦でのゴールアベレージを算出し順位を決定します。

第1試合は日本-オーストラリア。先制した日本は2分の時点での6-4から、この日24得点をあげた15番網本麻里選手(4.5)を中心に次々と得点し、6分には15-4と大きなリードを奪います。日本のタイトなディフェンスを崩せないオーストラリアは、難しい体勢からシュートを撃つ場面が目立ち、なかなか得点することができません。第1クオーターは日本リードの17-8で終了します。第2クオーターに入っても流れは変わらず、日本は攻守共に歯車が噛み合う理想的な展開でゲームを進めます。6分には29-14とリードを15点にまで広げました。オーストラリアはまず守備から修正を図り、15番網本選手に2人マークをつけ始めます。やや攻撃の勢いが弱まった日本でしたが、それでも31-19でハーフタイムを迎えます。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アス リート 3日目
日本の厳しいディフェンスがオーストラリアの前に立ちはだかった

続きを読む 2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 3日目

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 2日目

大阪カップ2日目は舞台を大阪市中央体育館に移して行われます。この日も2試合が行われ、日本は第1試合でカナダと対戦しました。

序盤からリズム良い攻撃で得点を重ねた日本は、5分の時点で12-6とリードすると、22-12で第1クオーターを終えます。試合を決定づけたのは第2クオーター。エース不在のカナダの攻撃を日本のディフェンスが完璧な対応で封じ込め、カナダの得点をわずか2に抑えます。38-14と日本が大きく差をつけてハーフタイムとなりました。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 2日目
カナダの10番ケイティー・ハーノック選手(2.0)をチェックする12番田智恵選手(3.5)

続きを読む 2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 2日目

2015国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 1日目

今年で9回目を迎える女子車いすバスケットボールの国際大会、通称「大阪カップ」。2015年は「国際親善大会女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート」として開催され、オーストラリア、カナダ、イギリス、日本の4ヶ国が出場しています。4日間に渡る今大会は、総当り戦を行った後、3位決定戦、決勝戦で順位を確定する方式。大会初日の2月11日(水)は、舞洲障がい者スポーツセンター(アミティ舞洲)にて、日本-イギリス、オーストラリア-カナダの2試合が行われました。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート
今大会初戦の日本-イギリス戦には多くの観客が集まった

続きを読む 2015国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 1日目

第25回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会

今年もグリーンアリーナ神戸で開催された、第25回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会。11月15日(土)、16日(日)の2日間、日本全国から集まった7チームが日本一の称号をかけてプレーしました。

第25回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会
グリーンアリーナ神戸

続きを読む 第25回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会

内閣総理大臣杯争奪 第42回日本車椅子バスケットボール選手権大会 決勝 宮城MAX-千葉ホークス

5月17日(土)、18日(日)の2日間に渡り東京体育館で開催された、内閣総理大臣杯争奪第42回日本車椅子バスケットボール選手権大会。18日15時半から行われた決勝戦では、大会5連覇中の宮城MAXと、2年ぶりの大会出場となった千葉ホークスが激突しました。会場に集った約1000人の観衆が見守る中、試合が始まります。

内閣総理大臣杯争奪 第42回日本車椅子バスケットボール選手権大会 決勝

続きを読む 内閣総理大臣杯争奪 第42回日本車椅子バスケットボール選手権大会 決勝 宮城MAX-千葉ホークス

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会、最後の試合はオーストラリア対韓国の男子決勝戦です。

得点の取り合いで始まった試合は、徐々にオーストラリアがリードを大きくしていきます。4番エヴェソン選手(4.5)、7番ノリス選手(3.0)が主に得点を重ねて行きました。韓国は4番キム・ヨヨン選手(3.0)が2本決めるなどして10得点。残り2分で7番ノリス選手にスリーポイントの出たオーストラリアは18点としました。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国 チョ・ヒョンソク選手

続きを読む 2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子決勝 オーストラリア‐中国

今大会もいよいよ残り2試合。女子決勝戦のオーストラリア対中国です。各国選手がコートサイドで見守る中、試合が始まりました。

オーストラリアは第1クオーターから力の差を見せつけます。開始20秒で試合を通して大活躍の11番ガウチ選手(2.0)が得点。中国もすかさず7番フー選手(4.0)のショットで追いつきますが、そこからは10番ノット選手(1.0)、6番キーン選手(4.0)がポイントを重ねていきました。中国はオーストラリアのダイナミックな守備に抑えられ、9番リン選手(3.0)、5番ヤン選手(4.0)、残り1分での7番フー選手の得点が精一杯。スコアは20-8でした。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子決勝 オーストラリア‐中国

続きを読む 2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子決勝 オーストラリア‐中国

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子3位決定戦 日本-イラン

大会最終の29日11時半、男子3位決定戦の日本とイランとの試合が行われました。予選リーグでの対戦は71-72の接戦をイランが制しています。前日までに全試合を終えた女子代表チームの大歓声が日本を後押ししました。

お互いに得点を取り合う時間が続いた第1クオーター。日本は7番香西選手(3.5)、15番藤本選手(4.5)を中心に、イランは主に14番アフマディ・エブラヒム選手(4.0)が得点を重ねていきます。残り2分の時点での14-15からイランがリードを広げ、16-21でこのクオーターを終えました。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子3位決定戦 日本-イラン 千脇選手

続きを読む 2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子3位決定戦 日本-イラン