2013アジアユースパラ ゴールボール 男子準決勝 日本-中国

4日目の2013アジアユースパラ。クアラルンプール南方のMPSJインドアスタジアムにて、ゴールボール男子準決勝が行われました。グループBを3戦全勝で1位通過した日本が、グループAを2勝1敗で勝ち上がってきた中国と対戦しました。

2013アジアユースパラ ゴールボール 準決勝 日本-中国

2013アジアユースパラ ゴールボール 準決勝 日本-中国

前日のスケジュールが、スコールによりボールの音が聞こえなくなったため乱れ、当初の試合開始予定時刻より約50分遅い10時50分頃ゲームが始まりました。

開始1分45秒程で日本が先制して始まった前半。ゴール右隅を狙う中国の強烈なシュートを8番辻村選手を中心に凌いでいきます。動きが出たのは前半9分を過ぎた頃でした。ハイボールのペナルティで中国にチャンスが訪れますが、その投球でハイボールを取られ逆に日本のペナルティスローとなります。ここで決められなかった日本、前半10分に中国に追いつかれ前半を1-1で終えました。

2013アジアユースパラ ゴールボール 準決勝 日本-中国

後半1分にペナルティスローを得た日本。8番辻村選手のシュートは中国3番の選手に止められてしまいました。タイムアウトを挟んでの後半3分から中国の猛攻が始まります。まずは3番の選手が、8番辻村選手と9番川嶋選手の間を抜いて得点すると、ペナルティスローと左隅へのボールで立て続けにゴールを決め、わずか1分程でスコアを1-4としました。

日本は後半5分、6分と9番川嶋選手がペナルティスローを決めて1点差に詰め寄ります。疲れの見え始めた中国を攻め立てる日本でしたが、7分のペナルティスローのチャンスを外すと、中国ディフェンスを崩すことができません。試合は3-4のまま終了。日本は悔しくも3位決定戦へ回ることとなりました。

2013アジアユースパラ ゴールボール 準決勝 日本-中国

(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: