2013アジアユースパラ ゴールボール 男子3位決定戦 日本-ヨルダン

15時開始の男子3位決定戦、日本は予選リーグで9-4と勝利したヨルダンと銅メダルを争います。

2013アジアユースパラ ゴールボール 男子3位決定戦 日本-ヨルダン

日本は前半1分、8番辻村選手の強烈なシュートがヨルダン選手の体を乗り越えて入り先制します。さらに2分、3分と得点を重ね一気に3点リードとしました。ヨルダンは4分に1点を返すと、日本が得点した5分にも5番の選手のゴールが決まり、2点差をキープします。この5番の選手はバウンドしたボールで日本ディフェンスを苦しめ、6分にはスコアを4-3としました。

2013アジアユースパラ ゴールボール 男子3位決定戦 日本-ヨルダン

2013アジアユースパラ ゴールボール 男子3位決定戦 日本-ヨルダン

日本は6分、10分とペナルティスローを得ましたが、どちらも止められてしまいます。緊迫した試合は1点差で後半へと進みます。

後半開始30秒、日本の見事なプレーが出ます。9番川嶋選手のフェイクから、8番辻村選手がシュートを決めました。後半5分にも辻村選手がヨルダン5番と6番の選手の間を抜くゴールで6-3。直後に1点を返されますが、8分に2点、9分に1点を追加して勝負あり。最後はゆっくりしたボールを転がすなど、時間をうまく使って銅メダルをしっかりと手中に収めました。

2013アジアユースパラ ゴールボール 男子3位決定戦 日本-ヨルダン

決して満足の行く結果ではなかったかもしれませんが、大会を戦い終えた選手の表情にはどこか安堵感が含まれていたようにも感じました。まだまだ先の長い3選手、更なる高みを望んで練習に励んで下さい!

2013アジアユースパラ ゴールボール 男子3位決定戦 日本-ヨルダン

(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: