2014ジャパンパラ ゴールボール競技大会 予選リーグ9 日本B-オーストラリア

最終日の2014ジャパンパラゴールボール競技大会。午前10時からは予選リーグ最終戦、オーストラリア対日本代表Bの試合が行われました。両者のここまでの対戦は、オーストラリアの1勝1分け(3-3、2-0)。日本代表Bが決勝戦に進出するには、勝利が大前提の重要な試合となりました。

しかし、日本Bは試合開始からオーストラリアを追いかけることに。試合前のコイントスの時間に遅れたとのことで、ディレイ・オブ・ゲームのペナルティを取られてしまいます。日本Bは4番小岩井亜樹選手がゴールを守りますが、オーストラリアはきっちり決めてきました。

序盤はリードするオーストラリアに勢いが感じられます。前半4分、オーストラリアのスピードのあるスローは、日本Bのセンター6番安室早姫選手が弾いてゴール左外へ。7分には、オーストラリア4番のヘンダーソン選手がライトからゴール左を狙いますが、今度は5番天摩由貴選手がナイスセーブで防ぎます。日本Bも終盤に、オーストラリアのセンター6番レペッキ選手の体を越えそうなスローがありましたが、これはキャッチされ、オーストラリア1点リードで前半を終わります。

2014ジャパンパラ ゴールボール競技大会 予選リーグ9 日本B-オーストラリア 安室選手 若杉選手
ディフェンスする安室選手(左)と若杉選手

まずは追いつきたい日本Bは後半5分、レフト1番若杉遥選手がボールを受けると、ライト、センターの間へと移動しスロー。オーストラリアのレペッキ選手が手を伸ばしますが、ボールはゴールへと吸い込まれました。変化をつけた攻撃で日本Bがスコアを1-1のタイにします。

2014ジャパンパラ ゴールボール競技大会 予選リーグ9 日本B-オーストラリア
若杉選手のゴールで日本Bが追いつく

日本Bは後半7分にもチャンスを迎えます。5番天摩選手のボールはセンター6番レペッキの選手を乗り越えそうになりますが、4番の選手がフォローして止めました。後半8分、日本Bは1番若杉選手がハイボールを取られると、オーストラリア4番ヘンダーソン選手に決められ再びリードを許します。残り時間が少なくなる中でゴールを狙い続けた日本B。ラストプレーで1番若杉選手が、再びレフトからセンターへ移動しゴール右を狙うボールを投げましたが、これも止められて試合終了。2-1で勝利したオーストラリアが、日本Aとの決勝戦に駒を進めました。

2014ジャパンパラ ゴールボール競技大会 予選リーグ9 日本B-オーストラリア 安室選手
大会を1分け5敗で終えた日本Bだが、今後に向けて期待を感じさせるプレーも少なくなかった(写真は安室選手)

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ゴールボールのルールは、日本ゴールボール協会オフィシャルサイトをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: