第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション

第2セッションには、男子54kg級から80kg級までの選手が登場します。

最初の登場は男子65kg級の柳澤選手。87kg、90kgを上げ、第3試技で92kgにチャレンジしますが、惜しくも上がりませんでした。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 柳澤選手

続いての登場は男子80kg級の佐藤選手。第1試技で失敗した90kgを2度目に上げ、第3試技では見事100kgに成功しました。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 佐藤選手

男子72kg級の内田選手は、95kg、100kgと成功させて挑んだ106kgが判定アウト。記録は100kgでした。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 内田選手

ここから男子54kg級の2選手が続けて試技に入ります。まずは岡田選手。第1試技100kgでアジアパラゲームズ標準記録を取ると、第2試技105kgも成功。第3試技の110kgは判定でアウトとなりました。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 岡田選手

西崎選手も最初の試技でアジアパラゲームズ標準記録の100kgに成功。110kg、115kg(パラリンピック標準記録)も成功させて挑んだ特別試技の117kgは上げられませんでした。男子54kg級は西崎選手が制します。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 西崎選手

次に登場したのは男子65kg級の城選手。第1試技125kg(アジアパラゲームズ標準記録は120kg)を成功させ、131kg、135kgに挑みましたが惜しくも上げきることができませんでした。城選手は記録125kgで柳澤選手の90kgを大きく上回り、男子65kg級優勝となりました。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 城選手

男子72kg級の佐野選手は、まず127kg(アジアパラゲームズ標準記録)を上げると、2回目に失敗した137kg(世界選手権標準記録)を最後の試技で見事成功させました。記録100kgの内田選手を抑えての階級制覇です。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 佐野選手

今大会は日本選手権ですが、IPC(国際パラリンピック委員会)公認大会のため、海外選手3名までの記録を正式に認定できる大会となっています。そのためサウジアラビアから3選手が参加。最初の登場となった男子54kg級のアルバラヒム選手は150kg、155kg、160kgを成功させました。海外選手の試技に、会場の注目が集まりました。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション アルバラヒム選手

第2セッション最後となったのは、男子80kg級、ロンドンパラリンピック代表選手の宇城選手。第1試技で174kg(パラリンピック標準記録は150kg)、第2、3で181kg、184kgを上げました。記録100kgの佐藤選手に大きく差をつけての、男子80kg級優勝です。

第14回全日本障害者パワーリフティング選手権大会 第2セッション 宇城選手

※大会結果詳細は日本ディスエイブル・パワーリフティング連盟HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: