第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 男子個人戦クラス5 決勝トーナメント1回戦 土井‐佐竹

2013年11月16日(土)、17日(日)と開催された第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会。会場は大阪市舞洲障がい者スポーツセンター「アミティ舞洲」です。

第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 男子個人戦クラス5 決勝トーナメント1回戦 土井‐佐竹

16日は午前10時頃に開会式が行われた後、体育館いっぱいに設置された24面の卓球台で男女各クラスの個人戦が進んでいきました。

第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 男子個人戦クラス5 決勝トーナメント1回戦 土井‐佐竹

最初のレポートは、男子個人戦クラス5 決勝トーナメント1回戦、土井康太郎選手と佐竹三雄選手との対戦です。

第1ゲームは3-3から6点連取した土井選手が11-5で取ります。ポイントを取っての土井選手の雄叫びが体育館に響き渡ります。

第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 男子個人戦クラス5 決勝トーナメント1回戦 土井‐佐竹

第2ゲームは接戦となりました。お互いにポイントを取り合う展開で6-6に。ここから土井選手が一時は9-7としますが、佐竹選手が粘っての逆転に成功し、9-11でゲームカウントを1-1としました。

第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 男子個人戦クラス5 決勝トーナメント1回戦 土井‐佐竹

第3ゲーム、安定したレシーブでポイントを重ね3-6とリードした佐竹選手でしたが、土井選手は次のポイントを取ると一気に勢いに乗り相手に得点を与えず11-6。これで流れを引き寄せた土井選手は、第4ゲームも終始リードする展開で11-5で取り、ゲームカウント3-1で準決勝へ駒を進めました。

※大会結果詳細は大会公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: