第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 女子ダブルスクラス6-S 決勝トーナメント1回戦 工藤・石河‐是津・江幡

大会2日目も熱気あふれるアミティ舞洲。続いては女子クラス6-S 決勝トーナメント1回戦 工藤選手・石河選手ペア対是津選手・江幡選手ペアの試合です。

第1ゲームは工藤・石河ペアがスコア4-2から8-3としリードして進めます。10-4となってから是津・江幡ペアが2点連取し粘りますが、11-6で工藤・石河ペアが先取しました。

第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 女子ダブルスクラス6-S 決勝トーナメント1回戦 工藤・石河‐是津・江幡

第2ゲームも終始優位に運んだ工藤・石河ペアが11-5で取得。工藤・石河ペアの2点先取で始まった第3ゲームは、是津・江幡ペアが2-2と追いつくと、3-3、5-5と両者得点の取り合いとなります。ここから9-5、9-7、10-8と推移したゲームは、工藤・石河ペアが11-8で制し、3-0で決勝進出を決めました。

第5回国際クラス別肢体不自由者卓球選手権大会 女子ダブルスクラス6-S 決勝トーナメント1回戦 工藤・石河‐是津・江幡

※大会結果詳細は大会公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: