タグ別アーカイブ: オランダ

2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権

7月24日(日)にオランダのロッテルダムで開催された、2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権。9月に迫ったリオパラリンピックの出場枠争いは既に終わっていますが、トップトライアスリートが世界チャンピオンの称号をかけて戦います。スタートは15時半。気温は25度前後と快適ながら、午後の強い陽射しの下でのレースとなりました。直角の右左折を多く含むテクニカルなバイクコースに転倒する選手が続出しましたが、概ねどのクラスでも実力者が優勝する決着となっています。

2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権
ロッテルダムのシンボル、エラスムス橋を渡るコースレイアウト

続きを読む 2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権

2014 BNP Paribas World Team Cup 最終日

1週間に渡ってオランダのアルフェン・アーン・デン・レインで開催されてきたBNP Paribas ワールドチームカップも、遂に最終日となりました。この日は男女決勝戦や男子のグループ入れ替えプレーオフなどが行われ、男子日本代表はイギリスと3位決定戦を戦っています。

■男子

4年連続となるフランスとオランダによる決勝戦。シングルス1戦目、フランスはニコラ・ペフェール選手がトム・エグベリンク選手を6-2、6-2で下し先勝します。舞台をセンターコートに移したシングルス2戦目では、ステファン・ウデ選手(フランス)とマイケル・シェファーズ選手が対戦。地力で勝るウデ選手が、地元ファンの後押しを受けたシェファーズ選手を6-3、6-2で押し切り、フランスにタイトルをもたらしました。

2014 BNP Paribas World Team Cup
男子決勝戦開始直前、発煙筒を焚くオランダ人観客

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 最終日

2014 BNP Paribas World Team Cup 6日目

残すところ2日となったBNP Paribas ワールドチームカップ。6日目はクアードの全日程が終了した他、男女ファイナリストが出揃いました。日本代表は、男女が準決勝を、クアードは3位決定戦をプレーしています。

2014 BNP Paribas World Team Cup
女子の日本ーオランダ戦が行われたセンターコート

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 6日目

2014 BNP Paribas World Team Cup 5日目

26日から開催されているBNP Paribas ワールドチームカップも5日目となり、大会は佳境に入りつつあります。連日の雨模様から一転して青空が広がったこの日、女子はリーグ戦が終わり決勝トーナメント進出国が出揃いました。クアードは準決勝が、ジュニアは決勝戦が行われています。

2014 BNP Paribas World Team Cup

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 5日目

2014 BNP Paribas World Team Cup 4日目

折り返し地点となる4日目を迎えたBNP Paribas ワールドチームカップ。時折パラパラと雨が降る曇り空でしたが、屋外コートでの試合は予定通り開催されました。男子はリーグ戦が終了し、決勝トーナメント進出国が決定しています。

■男子

リーグDでは、勝てば決勝トーナメント進出が決まる日本と、1敗で後がないアルゼンチンとが顔を合わせました。シングルス1戦目は眞田卓選手とエセキエル・カスコ選手が対戦。サービスゲームで完全に主導権を握った眞田選手、リターンも冴え渡り6-0、6-1で快勝を飾ります。

続く2戦目には三木拓也選手が登場。第1セット、グスタボ・フェルナンデス選手に一気に4ゲーム先行されますが、3ゲームを連取し返して3-4と詰め寄ります。両者1ゲームずつ獲得しての第10ゲーム、デュースからフェルナンデス選手が取り、アルゼンチンが1セット先取しました。

2014 BNP Paribas World Team Cup 三木選手
ITFランク6位(試合日時点)の強敵フェルナンデス選手と熱戦を演じた三木選手

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 4日目

2014 BNP Paribas World Team Cup 3日目

前日に引き続き雨に悩まされたBNP Paribas ワールドチームカップ3日目。男子は3チームずつによるリーグ戦の2試合目まで終了しましたが、女子は2試合目途中のまま翌日に持ち越される事態となっています。クアード、ジュニアはリーグ戦全日程を終え、決勝トーナメント進出国が出揃いました。

■男子

日本が入っているリーグDでは、アルゼンチンとスウェーデンが対戦。初戦で日本に敗れたスウェーデンが3-0で勝利し、成績を1勝1敗の1ポイントとしました。日本は29日に行われるアルゼンチン戦に勝利すると、決勝トーナメント進出が確実なものとなります。

■女子

各リーグ2試合目が行われましたが、雨天続行不可となり、全て翌日に持ち越されています。

■クアード

2戦2勝でリーグA首位の日本は、オーストリアと対戦。シングルス1戦目には平田眞一選手が登場しました。マルクス・ヴァルナー選手に対し、第1セットをストレートで、第2セットはゲームカウント3-3から突き放し6-4で勝利。チームのリーグ戦全勝へ弾みをつけました。

2014 BNP Paribas World Team Cup 平田選手
今大会初試合を勝利で飾った平田選手

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 3日目

2014 BNP Paribas World Team Cup 2日目

BNP Paribas ワールドチームカップ2日目は、午前中から振り続ける雨の影響で屋外のクレーコートが使用できず、当初予定されていた男子、女子の試合は行われませんでした。室内コートでは初日に引き続き、クアード、ジュニアの白熱した試合が進んでいきます。

■男子

初日に消化しきれなかった試合を室内コートで実施。グループ1のリーグBではオランダがシングルス2勝で韓国を下すと、リーグCではイギリスがタイに3-0と完勝しました。

■女子

昨日消化できなかったリーグBのドイツ-アメリカ戦が行われ、ドイツがシングルス、ダブルスでそれぞれ1勝しポイントを獲得しています。

■クアード

室内センターコートでは、リーグAの日本-イタリア戦が行われます。昨日勝利している両チームが、リーグ首位の座をかけて手に汗握る戦いを繰り広げました。

2014 BNP Paribas World Team Cup

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 2日目

2014 BNP Paribas World Team Cup 1日目

車いすテニスの国別対抗戦、BNP Paribas ワールドチームカップ。第30回目の今年はオランダのアルフェン・アーン・デン・レインで、5月26日から6月1日までの7日間に渡っての開催となりました。出場シード権を持つ国と、各地域予選を突破してきた国の合わせて男子24ヶ国、女子12ヶ国、クアード8ヶ国、ジュニア8ヶ国が参加し、クレーコート13面、室内コート8面を備える会場で次々と熱戦を繰り広げていきます。パラタイムズでは、日本代表の結果を中心に全日程をレポートします。

各カテゴリーとも、まずは総当りのリーグ戦を行います。それぞれの対戦ではシングルス2戦、ダブルス1戦を行い、2勝以上したチームに1ポイントが与えられ、順位を決定。その後トーナメントにより最終順位を確定します。唯一2部制が採用されている男子には入替え制度があり、グループ1の最下位とグループ2の首位が自動的に、グループ1の11位とグループ2の2位がプレーオフの結果次第で入れ替わります。

各カテゴリーの参加国と総当りリーグ戦の組み合わせは次の通りです([]内の数字はシード順位)。

■男子グループ1
・リーグA:フランス[1]、ポーランド[6]、アメリカ[11]
・リーグB:オランダ[2]、オーストラリア[5]、韓国[9]
・リーグC:イギリス[4]、オーストリア[7]、タイ[10]
・リーグD:日本[3]、アルゼンチン[8]、スウェーデン[12]

■男子グループ2
・リーグA:ブラジル[1]、マレーシア[7]、ドイツ[9]
・リーグB:ベルギー[2]、スリランカ[8]、モロッコ[10]
・リーグC:スイス[4]、スペイン[6]、ギリシャ[11]
・リーグD:カナダ[3]、イタリア[5]、ルーマニア[12]

■女子
・リーグA:オランダ[1]、チリ[5]、ケニア[12]
・リーグB:ドイツ[2]、ロシア[7]、アメリカ[9]
・リーグC:イギリス[4]、タイ[8]、台湾[11]
・リーグD:日本[3]、韓国[6]、コロンビア[10]

■クアード
・リーグA:アメリカ[1]、イタリア[3]、日本[5]、オーストリア[8]
・リーグB:イギリス[2]、カナダ[4]、イスラエル[6]、スウェーデン[7]

■ジュニア
・リーグA:オランダ[1]、アメリカ[4]、イギリス[5]、マレーシア[8]
・リーグB:スペイン[2]、ロシア[3]、トルコ[6]、チリ[7]

日本からは男子、女子、クアードの3チームが参加しています。

■男子日本代表
三木拓也、齋田悟司、眞田卓、藤本佳伸

■女子日本代表
上地結衣、二條実穂、堂森佳南子

■クアード日本代表
諸石光照、川野将太、平田眞一

2014 BNP Paribas World Team Cup

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 1日目