タグ別アーカイブ: 中村 智太郎

第32回日本身体障がい者水泳選手権大会 1日目

11月7日(土)、8日(日)に、宮城県宮城郡利府町のセントラルスポーツ宮城G21プール(宮城県総合運動公園総合プール)にて開催された、第32回日本身体障がい者水泳選手権大会。今大会は今年からIPC公認大会となったため、来年のリオパラリンピック出場のための標準記録(MQS:Minimum Qualification Standard)突破を狙う重要な場となった他、ベトナム、オーストラリア、韓国、シンガポールから計14名の選手が参加する国際色ある2日間となりました。

近年、大きな成長を見せる日本パラ水泳界を象徴するように、今大会では3つのアジア新記録、21の日本新記録、106の大会新記録が樹立。次の4選手が標準記録突破を果たしました。

  • 森下友紀選手(千葉ミラクルズ,S9/SB9/SM9)
  • 富田宇宙選手(EYA,S13/SB13/SM13)
  • 中島啓智選手(日本知的水連,S14/SB14/SM14)
  • 林田泰河選手(日本知的水連,S14/SB14/SM14)

第32回日本身体障がい者水泳選手権大会

続きを読む 第32回日本身体障がい者水泳選手権大会 1日目

2015ジャパンパラ水泳競技大会 1日目

今年から東京辰巳国際水泳場に舞台を移した2015ジャパンパラ水泳競技大会。9月5日(土)、6日(日)の2日間、約1年後に開幕するリオデジャネイロパラリンピックを目指す選手らが、それぞれの泳ぎを披露します。今大会はアジア新記録2、日本新記録30、大会新記録58の記録ラッシュで、昨年に続いて日本パラ水泳の進歩を感じられる場となりました。

総エントリー266名(男子186、女子80)のクラス毎の内訳は以下の通りです。ただし、この表でSBに該当するのは平泳ぎにのみエントリーした選手数であり、S10の選手がSB9で平泳ぎに出る場合には、S10のみカウントしてあります。クラス分け詳細は、日本身体障がい者水泳連盟のクラス分けマニュアルを参照ください。

大まかな分類

 

S

SB

身体障がい

1

0

0

0

2

1

0

1

3

3

0

3

4

4

0

4

5

9

1

10

6

14

1

15

7

18

1

19

8

23

3

26

9

18

0

18

10

7

0

7

21

4

1

5

視覚障がい

11

7

0

7

12

8

1

9

13

7

0

7

知的障がい

14

109

12

121

聴覚障がい

15

13

1

14

266

ここでは、各種目のクラス毎の1位選手の記録を、写真を交えてお伝えします。

2015ジャパンパラ水泳競技大会
東京辰巳国際水泳場

続きを読む 2015ジャパンパラ水泳競技大会 1日目