タグ別アーカイブ: 佐藤 圭一

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会 パラトライアスロン

5月13日(土)に横浜の山下公園周辺コースで開催された2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会。パラトライアスロンは午前6時55分からのスタート。早朝で、しかも生憎の小雨にも関わらず、スタート地点には多くの観客が応援に詰めかけた。水温21.5度(午前6時)、気温20.4度(午前6時半)、風速0.5m/sと、選手にとっては比較的快適なコースコンディションでレースが始まる。

続きを読む 2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会 パラトライアスロン

2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権

7月24日(日)にオランダのロッテルダムで開催された、2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権。9月に迫ったリオパラリンピックの出場枠争いは既に終わっていますが、トップトライアスリートが世界チャンピオンの称号をかけて戦います。スタートは15時半。気温は25度前後と快適ながら、午後の強い陽射しの下でのレースとなりました。直角の右左折を多く含むテクニカルなバイクコースに転倒する選手が続出しましたが、概ねどのクラスでも実力者が優勝する決着となっています。

2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権
ロッテルダムのシンボル、エラスムス橋を渡るコースレイアウト

続きを読む 2016ロッテルダムITUパラトライアスロン世界選手権

世界トライアスロンシリーズ横浜大会2016 エリートパラトライアスロン

5月14日(土)に横浜市の山下公園周辺で開催された、世界トライアスロンシリーズ横浜大会2016 エリートパラトライアスロンの部。昨年の雨模様とは打って変わって好天に恵まれ、多くの観客が沿道に詰め掛ける中でのレースとなりました。ただし、スイムコースは多くの選手がスイムアップ後に頭がくらくらする程のうねりのある、難しいコンディションとなっています。レースは朝6時55分から順次スタート。6時50分時点の水温は20.7度、気温は20.5度でした。
世界トライアスロンシリーズ横浜大会 エリートパラトライアスロン

続きを読む 世界トライアスロンシリーズ横浜大会2016 エリートパラトライアスロン

ASTCアジアトライアスロン選手権2016 パラトライアスロン

4月29日(金・祝)に広島県廿日市市木材港周辺にて開催された、ASTCアジアトライアスロン選手権2016 パラトライアスロン。男子26名、女子3名の総勢29選手が青空の広がるコース(マップ:http://astc-hatsukaichi.com/course_para.html)を走りました。海外からは、中国の2選手と、フィリピン、マレーシア、香港、韓国から各1選手が参加。女子はリオパラリンピックでの実施種目であるPT2、PT4、PT5の3クラス、男子はリオ実施種目のPT1、PT2、PT4に加え、PT3、PT5と5つ全てのクラスでレースが行われています。

ASTCアジアトライアスロン選手権2016 パラトライアスロン 榎の浦大橋
バイク、ランのコースとなった榎の浦大橋

続きを読む ASTCアジアトライアスロン選手権2016 パラトライアスロン

2015ITUエリート・パラトライアスロン世界選手権

9月18日(金)にアメリカのシカゴで開催された、2015ITUエリート・パラトライアスロン世界選手権。2015ITUワールド・トライアスロン・グランドファイナルの1レースとして行われ、会場のグラント・パークには連日多くの人がトライアスリートの勇姿を観るために集まりました。

今大会は2016リオデジャネイロパラリンピックの出場枠がかかっており、パラリンピックで開催される男子PT1,2,4、女子PT2,4,5クラスでの優勝者は、自国の出場枠1を獲得することができます。そのため世界のトップ選手が集結するハイレベルなレースとなりました。

レース当日は明け方まで雷雨でしたが、スタートの7時までにはすっかり雨も上がりました。コンディションは水温 17.1度、気温21.0度。スイム750m、バイク19.830km、ラン5kmのコースです(エリート・パラトライアスロンのコースはこちら)。

2015ITUエリート・パラトライアスロン世界選手権
スイムのスタート地点。写真手前から奥へと泳ぐコース。

続きを読む 2015ITUエリート・パラトライアスロン世界選手権

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン

5月30日(土)にイギリスはロンドンのハイドパークで行われた、2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロンの部。天候に恵まれたものの、大会発表による気温、水温が15.6度と、やや肌寒く感じる状況でのレースとなりました。スイム750m、バイク20.7km、ラン5kmの、計26.45kmで争われます。

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン

続きを読む 2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン

2015世界トライアスロンシリーズ横浜大会 パラトライアスロン

5月16日(土)に山下公園周辺の特設会場で開催された、2015世界トライアスロンシリーズ横浜大会パラトライアスロンの部。午前7時のレーススタートを控え、会場周辺は豪雨に見舞われましたが、スタート時間には雨足は弱まります。しかし、トップタイムの選手がゴールし始めた午前8時頃には再び土砂降りとなり、常に濡れた路面と雨の中でのレースとなりました。5時55分時点での水温は19.1度、気温は22.3度でした。

2015世界トライアスロンシリーズ横浜大会 パラトライアスロン
ゴールへと続くストレート。水を吸いやすい素材のマットが敷かれたため、特に車いすレーサーの選手は進むのに苦労していた。

続きを読む 2015世界トライアスロンシリーズ横浜大会 パラトライアスロン

長良川パラトライアスロン大会2014

岐阜県海津市の国営木曽三川公園内アクアフィールドで開催された長良川パラトライアスロン大会2014。20人のパラトライアスリートがエントリーし、スプリント・ディスタンス(スイム0.75km、バイク20km、ラン5kmの計25.75km)のコースを走ります。前日の雨で増水し濁りもあった長良川でしたが、大会当日は雨に降られることなく、気温も上がり過ぎない曇り空の下でレースが始まりました。

長良川パラトライアスロン大会2014
国営木曽三川公園内に設営された会場

続きを読む 長良川パラトライアスロン大会2014

2014ジャパンパラ クロスカントリースキー競技大会 2日目

2014ジャパンパラ クロスカントリー競技大会2日目。最終日のこの日は0.8kmのスプリントが開催されました。予選では昨日のレース同様、出走順にスタートした選手たちの実測タイムに、各選手の係数を掛けたタイムで順位付け。決勝は予選結果に基づくタイム差で順次スタートし、ゴールラインを最初に通過した選手が優勝する、見た目にわかりやすく、ゴール前での白熱した対決が見られるレースとなりました。

ここではまず、ソチ冬季パラリンピック出場選手のレースでの様子を、続いて第55回旭川冬まつり会場での表彰式の模様をお伝えします。

男子座位で優勝の久保選手(日立ソリューションズ)

2014ジャパンパラ クロスカントリースキー競技大会 2日目 久保選手

続きを読む 2014ジャパンパラ クロスカントリースキー競技大会 2日目

2014ジャパンパラ クロスカントリースキー競技大会 1日目

2月7日(金)~9日(日)にかけて(7日は開会式のみ)、北海道旭川市富沢クロスカントリーコースにて開催された2014ジャパンパラ クロスカントリースキー競技大会。1か月後に控えたソチ冬季パラリンピック出場選手の多くが出場し、今大会終了後に海外合宿へ向かう日本代表選手たちの、国内での最後のお披露目の場ともなりました。大会期間中は-15℃前後と冷え込んだ旭川には、多くのメディア、応援団が集まります。

8日(土)は立位のクラシカル(男子10km、女子5km)、座位(男子5km)の競技が開催。男子立位には視覚障害、ID、デフの選手も参加し、総勢約35名の選手が快晴の下、2.5kmの周回コースを走り抜けます。高低差30mと比較的平坦なコースでしたが、スタートエリアの周回用ヘアピンでバランスを崩す選手が出るなど難しいポイントもあるレースとなりました。

2014ジャパンパラ クロスカントリースキー競技大会 1日目

続きを読む 2014ジャパンパラ クロスカントリースキー競技大会 1日目