タグ別アーカイブ: 大阪

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 決勝 日本-イギリス

最終日を迎えた大阪カップ。4日間に渡った大会を締めくくる決勝戦は日本とイギリスとの対戦となりました。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 決勝 日本-イギリス
試合前のショータイムでパフォーマンスを披露したダンサーが両国の選手入場を演出した

続きを読む 2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 決勝 日本-イギリス

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 3日目

3日目の大阪カップは、総当り戦の最終日。2勝でトップを走るオーストラリアを、1勝1敗の日本とイギリス、2敗のカナダが追いかける状況で、日本-オーストラリア、イギリス-カナダの2試合が行われました。上位2チームが翌日の決勝戦に進出、勝ち星が並んだ場合は、並んだチーム間の対戦でのゴールアベレージを算出し順位を決定します。

第1試合は日本-オーストラリア。先制した日本は2分の時点での6-4から、この日24得点をあげた15番網本麻里選手(4.5)を中心に次々と得点し、6分には15-4と大きなリードを奪います。日本のタイトなディフェンスを崩せないオーストラリアは、難しい体勢からシュートを撃つ場面が目立ち、なかなか得点することができません。第1クオーターは日本リードの17-8で終了します。第2クオーターに入っても流れは変わらず、日本は攻守共に歯車が噛み合う理想的な展開でゲームを進めます。6分には29-14とリードを15点にまで広げました。オーストラリアはまず守備から修正を図り、15番網本選手に2人マークをつけ始めます。やや攻撃の勢いが弱まった日本でしたが、それでも31-19でハーフタイムを迎えます。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アス リート 3日目
日本の厳しいディフェンスがオーストラリアの前に立ちはだかった

続きを読む 2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 3日目

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 2日目

大阪カップ2日目は舞台を大阪市中央体育館に移して行われます。この日も2試合が行われ、日本は第1試合でカナダと対戦しました。

序盤からリズム良い攻撃で得点を重ねた日本は、5分の時点で12-6とリードすると、22-12で第1クオーターを終えます。試合を決定づけたのは第2クオーター。エース不在のカナダの攻撃を日本のディフェンスが完璧な対応で封じ込め、カナダの得点をわずか2に抑えます。38-14と日本が大きく差をつけてハーフタイムとなりました。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 2日目
カナダの10番ケイティー・ハーノック選手(2.0)をチェックする12番田智恵選手(3.5)

続きを読む 2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 2日目

2015国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 1日目

今年で9回目を迎える女子車いすバスケットボールの国際大会、通称「大阪カップ」。2015年は「国際親善大会女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート」として開催され、オーストラリア、カナダ、イギリス、日本の4ヶ国が出場しています。4日間に渡る今大会は、総当り戦を行った後、3位決定戦、決勝戦で順位を確定する方式。大会初日の2月11日(水)は、舞洲障がい者スポーツセンター(アミティ舞洲)にて、日本-イギリス、オーストラリア-カナダの2試合が行われました。

2015 国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート
今大会初戦の日本-イギリス戦には多くの観客が集まった

続きを読む 2015国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート 1日目

2014 大阪OP 男子S決勝 齋田-藤本

2014大阪オープン最終日の23日は、男女シングルス、ダブルスの決勝戦が行われました。ここでは齋田悟司選手(千葉 / ITFランク19位)と藤本佳伸選手(千葉 / ITFランク22位)との、男子シングルス決勝をレポートします。この日も快晴となった靭テニスセンターには、試合開始前から観客が詰めかけました。

第1セット第1ゲームはデュースから齋田選手がキープ、第2ゲームは藤本選手がキープします。ここからはお互いにブレークが続き、ゲームカウントは4-4となりました。世界を舞台に活躍する両選手の一歩も譲らないテニスに、会場からは何度も拍手が送られます。第9ゲームは30-40から藤本選手がブレーク。第10ゲーム、ラリーからドロップショットを決めて最初のポイントを取った藤本選手が、30-30からこの日多用したバックスライスのショットを2本決めてキープし、6-4で第1セットを勝ち取りました。

2014 大阪OP 男子S決勝 齋田-藤本 齋田選手
齋田選手

続きを読む 2014 大阪OP 男子S決勝 齋田-藤本

2014 大阪OP 男子S準決勝 齋田-鈴木

9月20日(土)~23日(火・祝)の日程で開催されている第14回大阪国際車いすテニストーナメント(2014大阪オープン。ITF3)。22日、会場の靭テニスセンターのコート1では男子シングルス準決勝、齋田悟司選手(千葉 / ITFランク19位)と鈴木康平選手(千葉 / ITFランク68位)との試合が行われました。

2014 大阪OP 男子S準決勝 齋田-鈴木
靭テニスセンター。手前がコート1

続きを読む 2014 大阪OP 男子S準決勝 齋田-鈴木

2014ジャパンパラ水泳競技大会 2日目

大阪府門真市のなみはやドームで7月20日、21日、2014ジャパンパラ水泳競技大会が開催されました。IPC公認の大会であり、10月に迫ったインチョン2014アジアパラ競技大会の選考に大きく関わる、非常に重要な2日間となりました。20日には、S10クラスの池愛里選手(峰村PSS東京)が50m自由形で、S8クラスの鎌田美希選手(大阪シーホース)が400m自由形でアジア新記録を樹立し。また、2日間を通して大会新記録が次々と生まれ、日本パラ水泳界のレベルアップを示す場にもなりました。

ここでは大会2日目(21日)に行われた種目の、クラス毎の1位選手を写真と共にレポートします。

2014ジャパンパラ水泳競技大会 2日目
なみはやドームでの開催は今年で最後。来年からジャパンパラ水泳は舞台を東京に移す

続きを読む 2014ジャパンパラ水泳競技大会 2日目

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 決勝 杉村-廣瀬

3日間に渡りアミティ舞洲で競われてきた第15回日本ボッチャ選手権大会。23日13:30からはBC1~4クラスの決勝戦が同時に始まります。これまでの各試合と同様に音楽にのせて名前が呼ばれる中、ここまで勝ち上がってきた選手たちが拍手を集めながら入場しました。ここではBC2クラス決勝戦、杉村選手(静岡ボッチャ協会。ゼッケン201)対廣瀬選手(市原ボッチャクラブ。ゼッケン202)の試合をレポートします。2013年1月に開催された第14回大会でも同じ顔合わせ。その際には杉村選手に軍配が上がっています。

廣瀬選手がジャックボールをコート左奥へ投げて決勝戦がスタート。赤1球目はボール2つ分手前に置かれます。青1球目は距離のある手前に残り、アウトとなった青2球目は赤1球目を少し奥へ押し出しました。続く青3球目をジャックボール手前にピタリと付けた杉村選手は「よっしゃ!」と声を出します。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 決勝 杉村-廣瀬 杉村選手

続きを読む 第15回日本ボッチャ選手権大会 BC2 決勝 杉村-廣瀬

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤

続いて10時半からは、BC3クラス準決勝、奈良選手(チーム心 -kokoro-。ゼッケン303)対加藤選手(川崎ボッチャクラブ。ゼッケン312)の試合です。

赤の加藤選手、ジャックボールをコート左側Vラインライン付近へ置き、赤1球目を右手前に寄せます。青1、2球目は強めのボールがアウトとなり、3球目は奥へ、4~6球目は手前にまとめて置いてきました。加藤選手は残り5球を全て得点圏内に入れる投球で、見事6点を獲得。会場からは大きな拍手が贈られました。

第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤

続きを読む 第15回日本ボッチャ選手権大会 BC3 準決勝 奈良-加藤