タグ別アーカイブ: 眞田 卓

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ

男子予選リーグ1でも、決勝トーナメント進出をかけた直接対決が行われました。日本の眞田卓選手(埼玉トヨペット / ITFランク8位)と、マイケル・シェファーズ選手(オランダ / ITFランク5位)の対戦です。

お互いにキープ、ブレークで2-2となり始まった第1セット。デュースにもつれ込んだ第5ゲームを眞田選手がキープ、シェファーズ選手も第6ゲームをキープし譲りません。第7ゲームをブレークされた眞田選手でしたが、第8ゲームでは2度目のデュースの場面で、2本続けてリターンエースを決め食い下がります。続く2ゲームもキープとなり、ゲームカウントは5-5となりました。

第11ゲーム、シェファーズ選手は1ポイントも落とさずにブレークに成功。第12ゲームは眞田選手が0-40と絶好のブレークチャンスを迎えますが、シェファーズ選手が3ポイント連取でデュースに持ち込みます。観客が固唾を呑んで見守った9度のデュースの末にゲームを勝ち取ったシェファーズ選手が、第1セットを7-5で獲得しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ 眞田選手
眞田選手。競り合った第1セットを惜しくも落とした。

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 国枝-眞田

男子予選リーグ1の日本人対決、国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)と眞田卓選手(埼玉トヨペット / ITFランク8位)との試合です。初戦を勝利した両選手、この試合でも勝ち星を重ねて決勝トーナメント進出へ弾みをつけたいところです。

第1セット第1ゲーム、眞田選手にサービスエース2本が出ますが、国枝選手がブレークに成功。続く2ゲームも連取した国枝選手が3-0と先行します。第4ゲームは4度のデュースの末に眞田選手がブレークしました。ここからも両者ブレークが続き、ゲームカウントは国枝選手リードの5-2に。第8ゲームは、リターンミスを3本誘った国枝選手が1ポイントも落とさずにキープし、6-2で第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 国枝-眞田 国枝選手
国枝選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 国枝-眞田

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 フェルナンデス-眞田

11月26日から30日まで、ロンドンのリー・バレー・ホッケー・アンド・テニス・センターにて開催されているNEC Wheelchair Tennis Masters。車いすテニスの1年を締めくくる、シングルスのマスターズです。原則、10月6日時点のITFシングルスランキング上位選手が招待選手となっており、男子、女子は2つの予選リーグに分かれ、各上位2名が決勝トーナメントへ進出。クアードは1つの予選リーグで、決勝戦に出場する2人を決定します。

出場選手と予選リーグは以下の通りです(括弧内は、11月26日時点のITFシングルスランキング)。

■男子 予選リーグ1
国枝慎吾(ユニクロ,1)、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン,4)、マイケル・シェファーズ(オランダ.5)、眞田卓(埼玉トヨペット,8)

■男子 予選リーグ2
ステファン・ウデ(フランス,2)、ゴードン・リード(イギリス,3)、ニコラ・ペフェール(フランス,7)、ヨーキム・ジェラード(ベルギー,9)

■女子 予選リーグ1
上地結衣(エイベックス・グループ・ホールディングス,1)、ザビーネ・エラブロック(ドイツ,4)、ジョーダン・ワイリー(イギリス,6)、シャロン・ワルラヴェン(オランダ,7)

■女子 予選リーグ2
イスカ・グリフェン(オランダ,2)、アニーク・ファンクート(オランダ,3)、マージョレン・バイス(オランダ,5)ホターチョ・ムンジャーネ(南アフリカ,9)

■クアード 予選リーグ
デイビッド・ワグナー(アメリカ,1)、アンディ・ラプソーン(イギリス,2)、ルーカス・シソール(南アフリカ,3)、ディラン・アルコット(オーストラリア,4)

NEC Wheelchair Tennis Masters
会場のリー・バレー・ホッケー・アンド・テニス・センターの屋内コート

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 フェルナンデス-眞田

2014 BNP Paribas World Team Cup 6日目

残すところ2日となったBNP Paribas ワールドチームカップ。6日目はクアードの全日程が終了した他、男女ファイナリストが出揃いました。日本代表は、男女が準決勝を、クアードは3位決定戦をプレーしています。

2014 BNP Paribas World Team Cup
女子の日本ーオランダ戦が行われたセンターコート

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 6日目

2014 BNP Paribas World Team Cup 1日目

車いすテニスの国別対抗戦、BNP Paribas ワールドチームカップ。第30回目の今年はオランダのアルフェン・アーン・デン・レインで、5月26日から6月1日までの7日間に渡っての開催となりました。出場シード権を持つ国と、各地域予選を突破してきた国の合わせて男子24ヶ国、女子12ヶ国、クアード8ヶ国、ジュニア8ヶ国が参加し、クレーコート13面、室内コート8面を備える会場で次々と熱戦を繰り広げていきます。パラタイムズでは、日本代表の結果を中心に全日程をレポートします。

各カテゴリーとも、まずは総当りのリーグ戦を行います。それぞれの対戦ではシングルス2戦、ダブルス1戦を行い、2勝以上したチームに1ポイントが与えられ、順位を決定。その後トーナメントにより最終順位を確定します。唯一2部制が採用されている男子には入替え制度があり、グループ1の最下位とグループ2の首位が自動的に、グループ1の11位とグループ2の2位がプレーオフの結果次第で入れ替わります。

各カテゴリーの参加国と総当りリーグ戦の組み合わせは次の通りです([]内の数字はシード順位)。

■男子グループ1
・リーグA:フランス[1]、ポーランド[6]、アメリカ[11]
・リーグB:オランダ[2]、オーストラリア[5]、韓国[9]
・リーグC:イギリス[4]、オーストリア[7]、タイ[10]
・リーグD:日本[3]、アルゼンチン[8]、スウェーデン[12]

■男子グループ2
・リーグA:ブラジル[1]、マレーシア[7]、ドイツ[9]
・リーグB:ベルギー[2]、スリランカ[8]、モロッコ[10]
・リーグC:スイス[4]、スペイン[6]、ギリシャ[11]
・リーグD:カナダ[3]、イタリア[5]、ルーマニア[12]

■女子
・リーグA:オランダ[1]、チリ[5]、ケニア[12]
・リーグB:ドイツ[2]、ロシア[7]、アメリカ[9]
・リーグC:イギリス[4]、タイ[8]、台湾[11]
・リーグD:日本[3]、韓国[6]、コロンビア[10]

■クアード
・リーグA:アメリカ[1]、イタリア[3]、日本[5]、オーストリア[8]
・リーグB:イギリス[2]、カナダ[4]、イスラエル[6]、スウェーデン[7]

■ジュニア
・リーグA:オランダ[1]、アメリカ[4]、イギリス[5]、マレーシア[8]
・リーグB:スペイン[2]、ロシア[3]、トルコ[6]、チリ[7]

日本からは男子、女子、クアードの3チームが参加しています。

■男子日本代表
三木拓也、齋田悟司、眞田卓、藤本佳伸

■女子日本代表
上地結衣、二條実穂、堂森佳南子

■クアード日本代表
諸石光照、川野将太、平田眞一

2014 BNP Paribas World Team Cup

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 1日目