タグ別アーカイブ: 車いすテニス

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会

5月16日(火)から21日(日)の6日間に渡り、福岡県飯塚市の筑豊ハイツ・筑豊緑地テニスコートで開催された車いすテニスのジャパンオープン。UNIQLO車いすテニスツアーの枠組みにおいて、グランドスラムに次ぐスーパーシリーズの大会とあって、世界のトッププレーヤーが集結した。連日晴天に恵まれ、強い陽射しの下でのテニスとなったが、パラリンピックやグランドスラムさながらの対戦カードを一目見ようと、多くの観客が詰めかけた。

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会
メインコート

続きを読む JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会 フォトギャラリー

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会
続きを読む JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会 フォトギャラリー

2016 全豪OP 車いすテニス

1月27日(水)から30日(土)にかけて、オーストラリアはメルボルンで開催された2016全豪オープン車いすテニス。男子8名、女子8名、クアード4名のトッププレーヤーが集結し、会場となったメルボルン・パークで2016年最初のビッグタイトルを争いました。今年は猛暑に見舞われることは無かったものの、降雨による試合中断やスケジュール変更の相次ぐ大会となりました。

男女シングルス、ダブルス、クアードダブルスはトーナメント、クアードシングルスは総当り戦の後、上位2名による決勝戦を行う形式です。なお、グランドスラムでクアードクラスが開催されるのは全豪と全米の2大会のみですが、今年はパラリンピックと日程が重なるため全米での車いすテニス開催は無し。そのためクアードにとっては今大会が2016年唯一のグランドスラムとなります。

2016 全豪OP 車いすテニス
会場のメルボルン・パーク

続きを読む 2016 全豪OP 車いすテニス

2016 全豪OP 車いすテニス フォトギャラリー

写真:竹見脩吾

2016 全豪OP 車いすテニス

続きを読む 2016 全豪OP 車いすテニス フォトギャラリー

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン

今大会最後の試合となった女子決勝戦は、オランダ人同士の対決となりました。ダブルスではペアを組んでいる、アニーク・ファンクート選手(オランダ / ITFランク3位)とイスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク2位)が、2014年最後のビッグタイトルを争います。

第1セット、出だしは両者キープが続きゲームカウント2-2となります。第5ゲーム、0-30と先行されたグリフェン選手でしたが、ここからポイント連取でキープ。さらに第6ゲームをデュースからブレークし、4-2と差を広げます。第7ゲームもデュースとなりますが、今度はファンクート選手がブレーク。3度のデュースにもつれ込んだ第8ゲームを再びブレークしたグリフェン選手が、続くゲームをキープし、6-3で第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン グリフェン選手
グリフェン選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

いよいよ最終日を迎えたNEC Wheelchair Tennis Masters。13時半開始の男子決勝戦には400人近い観客が集まりました。大会2連覇中の国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)と、ニコラ・ペフェール選手(フランス / ITFランク7位)の対戦です。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

NEC Wheelchair Tennis Masters クアード決勝 アルコット-ワグナー

クアード決勝は、予選リーグ全勝のディラン・アルコット選手(オーストラリア / ITFランク4位)と、2勝1敗のデイビッド・ワグナー選手(アメリカ / ITFランク1位)との顔合わせとなりました。観客席には100人ほどが詰めかけ、20人ほどのオーストラリア応援団による大歓声の中、試合が始まります。

第1セット、2度のデュースからキープに成功したアルコット選手は、第2ゲームもブレークし2-0と先行します。続く2ゲームはワグナー選手が取り2-2のタイに。デュースとなった第5ゲームは、アドバンテージを得たアルコット選手がサービスエースを決めキープしました。ここからさらに3ゲームはキープが続き、ゲームカウントは4-4となります。

第9ゲーム、デュースの場面でリターンエースを決めアドバンテージを得たワグナー選手は、続くプレーでアルコット選手のミスを誘いブレーク。第10ゲームはアルコット選手がポイントを先取するも、4ポイント連取したワグナー選手がキープし、6-4で第1セットを獲得します。

NEC Wheelchair Tennis Masters クアード決勝 アルコット-ワグナー アルコット選手
大歓声を背に2連覇中の王者に挑んだアルコット選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters クアード決勝 アルコット-ワグナー

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地

11月26日に開幕したNEC Wheelchair Tennis Mastersも4日目を迎えました。準決勝2試合が行われた男子、女子カテゴリーの中から、予選リーグ2を1セットも落とさずに勝ち上がってきたイスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク2位)と、予選リーグ1を2勝1敗の2位で通過した上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)との対戦です。2014年の対戦成績は上地選手の6勝2敗となっています。

第1セット第1ゲームをキープした上地選手は、第2ゲームをブレークし2-0と先行します。第3ゲームはグリフェン選手がブレーク。第4ゲーム、0-40からデュースに持ち込んだグリフェン選手でしたが、最後はダブルフォルトが出てブレークを許します。上地選手は第5ゲームを1ポイントも落とさずにキープし、ゲームカウント4-1とリードを広げました。

グリフェン選手は第6ゲームを4ポイント連取でキープすると、続く2ゲームでもショットが冴え渡り4-4と追いつきます。第9ゲーム、サーブトスがなかなか上がらない上地選手に対し、グリフェン選手は30-30から2ポイントを取りブレークに成功。第10ゲームをキープしたグリフェン選手が、5ゲーム連取で6-4とし、第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地 上地選手
上地選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ

男子予選リーグ1でも、決勝トーナメント進出をかけた直接対決が行われました。日本の眞田卓選手(埼玉トヨペット / ITFランク8位)と、マイケル・シェファーズ選手(オランダ / ITFランク5位)の対戦です。

お互いにキープ、ブレークで2-2となり始まった第1セット。デュースにもつれ込んだ第5ゲームを眞田選手がキープ、シェファーズ選手も第6ゲームをキープし譲りません。第7ゲームをブレークされた眞田選手でしたが、第8ゲームでは2度目のデュースの場面で、2本続けてリターンエースを決め食い下がります。続く2ゲームもキープとなり、ゲームカウントは5-5となりました。

第11ゲーム、シェファーズ選手は1ポイントも落とさずにブレークに成功。第12ゲームは眞田選手が0-40と絶好のブレークチャンスを迎えますが、シェファーズ選手が3ポイント連取でデュースに持ち込みます。観客が固唾を呑んで見守った9度のデュースの末にゲームを勝ち取ったシェファーズ選手が、第1セットを7-5で獲得しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ 眞田選手
眞田選手。競り合った第1セットを惜しくも落とした。

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-エラブロック

3日目を迎えたNEC Wheelchair Tennis Masters。この日は各カテゴリーの予選リーグ最終戦が行われました。女子予選リーグ1では、共に1勝1敗で並ぶ上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)とザビーネ・エラブロック選手(ドイツ / ITFランク4位)が、決勝トーナメントへの切符をかけて直接対決に臨みます。

上地選手のサービスゲームで始まった第1セットは、お互いにキープでスタート。ここからブレークが続き、ゲームカウントは3-3となります。第7ゲームは、デュースから上地選手に2つダブルフォルトが出てエラブロック選手がブレーク。続くゲームをキープしたエラブロック選手は、第9ゲームでも2度のデュースの末にブレークに成功し、6-3で第1セットを獲得しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-エラブロック エラブロック選手
エラブロック選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-エラブロック