タグ別アーカイブ: 齋田 悟司

2014 大阪OP 男子S決勝 齋田-藤本

2014大阪オープン最終日の23日は、男女シングルス、ダブルスの決勝戦が行われました。ここでは齋田悟司選手(千葉 / ITFランク19位)と藤本佳伸選手(千葉 / ITFランク22位)との、男子シングルス決勝をレポートします。この日も快晴となった靭テニスセンターには、試合開始前から観客が詰めかけました。

第1セット第1ゲームはデュースから齋田選手がキープ、第2ゲームは藤本選手がキープします。ここからはお互いにブレークが続き、ゲームカウントは4-4となりました。世界を舞台に活躍する両選手の一歩も譲らないテニスに、会場からは何度も拍手が送られます。第9ゲームは30-40から藤本選手がブレーク。第10ゲーム、ラリーからドロップショットを決めて最初のポイントを取った藤本選手が、30-30からこの日多用したバックスライスのショットを2本決めてキープし、6-4で第1セットを勝ち取りました。

2014 大阪OP 男子S決勝 齋田-藤本 齋田選手
齋田選手

続きを読む 2014 大阪OP 男子S決勝 齋田-藤本

2014 大阪OP 男子S準決勝 齋田-鈴木

9月20日(土)~23日(火・祝)の日程で開催されている第14回大阪国際車いすテニストーナメント(2014大阪オープン。ITF3)。22日、会場の靭テニスセンターのコート1では男子シングルス準決勝、齋田悟司選手(千葉 / ITFランク19位)と鈴木康平選手(千葉 / ITFランク68位)との試合が行われました。

2014 大阪OP 男子S準決勝 齋田-鈴木
靭テニスセンター。手前がコート1

続きを読む 2014 大阪OP 男子S準決勝 齋田-鈴木

2014 BNP Paribas World Team Cup 4日目

折り返し地点となる4日目を迎えたBNP Paribas ワールドチームカップ。時折パラパラと雨が降る曇り空でしたが、屋外コートでの試合は予定通り開催されました。男子はリーグ戦が終了し、決勝トーナメント進出国が決定しています。

■男子

リーグDでは、勝てば決勝トーナメント進出が決まる日本と、1敗で後がないアルゼンチンとが顔を合わせました。シングルス1戦目は眞田卓選手とエセキエル・カスコ選手が対戦。サービスゲームで完全に主導権を握った眞田選手、リターンも冴え渡り6-0、6-1で快勝を飾ります。

続く2戦目には三木拓也選手が登場。第1セット、グスタボ・フェルナンデス選手に一気に4ゲーム先行されますが、3ゲームを連取し返して3-4と詰め寄ります。両者1ゲームずつ獲得しての第10ゲーム、デュースからフェルナンデス選手が取り、アルゼンチンが1セット先取しました。

2014 BNP Paribas World Team Cup 三木選手
ITFランク6位(試合日時点)の強敵フェルナンデス選手と熱戦を演じた三木選手

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 4日目

2014 BNP Paribas World Team Cup 1日目

車いすテニスの国別対抗戦、BNP Paribas ワールドチームカップ。第30回目の今年はオランダのアルフェン・アーン・デン・レインで、5月26日から6月1日までの7日間に渡っての開催となりました。出場シード権を持つ国と、各地域予選を突破してきた国の合わせて男子24ヶ国、女子12ヶ国、クアード8ヶ国、ジュニア8ヶ国が参加し、クレーコート13面、室内コート8面を備える会場で次々と熱戦を繰り広げていきます。パラタイムズでは、日本代表の結果を中心に全日程をレポートします。

各カテゴリーとも、まずは総当りのリーグ戦を行います。それぞれの対戦ではシングルス2戦、ダブルス1戦を行い、2勝以上したチームに1ポイントが与えられ、順位を決定。その後トーナメントにより最終順位を確定します。唯一2部制が採用されている男子には入替え制度があり、グループ1の最下位とグループ2の首位が自動的に、グループ1の11位とグループ2の2位がプレーオフの結果次第で入れ替わります。

各カテゴリーの参加国と総当りリーグ戦の組み合わせは次の通りです([]内の数字はシード順位)。

■男子グループ1
・リーグA:フランス[1]、ポーランド[6]、アメリカ[11]
・リーグB:オランダ[2]、オーストラリア[5]、韓国[9]
・リーグC:イギリス[4]、オーストリア[7]、タイ[10]
・リーグD:日本[3]、アルゼンチン[8]、スウェーデン[12]

■男子グループ2
・リーグA:ブラジル[1]、マレーシア[7]、ドイツ[9]
・リーグB:ベルギー[2]、スリランカ[8]、モロッコ[10]
・リーグC:スイス[4]、スペイン[6]、ギリシャ[11]
・リーグD:カナダ[3]、イタリア[5]、ルーマニア[12]

■女子
・リーグA:オランダ[1]、チリ[5]、ケニア[12]
・リーグB:ドイツ[2]、ロシア[7]、アメリカ[9]
・リーグC:イギリス[4]、タイ[8]、台湾[11]
・リーグD:日本[3]、韓国[6]、コロンビア[10]

■クアード
・リーグA:アメリカ[1]、イタリア[3]、日本[5]、オーストリア[8]
・リーグB:イギリス[2]、カナダ[4]、イスラエル[6]、スウェーデン[7]

■ジュニア
・リーグA:オランダ[1]、アメリカ[4]、イギリス[5]、マレーシア[8]
・リーグB:スペイン[2]、ロシア[3]、トルコ[6]、チリ[7]

日本からは男子、女子、クアードの3チームが参加しています。

■男子日本代表
三木拓也、齋田悟司、眞田卓、藤本佳伸

■女子日本代表
上地結衣、二條実穂、堂森佳南子

■クアード日本代表
諸石光照、川野将太、平田眞一

2014 BNP Paribas World Team Cup

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 1日目

第23回NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会 男子S決勝 三木-齋田

NEC JWTAマスターズ2013、男子決勝は三木選手と齋田選手との顔合わせとなりました。直近の対戦は10月に広島で開催されたピースカップ。決勝戦で当たり、その際は齋田選手に軍配が上がっています。

第1セット1ゲーム目は三木選手がブレイク。続く2、3ゲーム目もデュースの末にお互いにブレイク、4ゲーム目は三木選手がキープし、ゲームカウントは三木選手リードの3-1となります。

第23回NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会 男子S決勝 三木選手

続きを読む 第23回NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会 男子S決勝 三木-齋田

2013 Peace Cup 男子D準決勝 中野・竹田-藤本・齋田

ピースカップ3日目。14時前に始まった男子ダブルス準決勝、中野選手・竹田選手ペア対藤本選手・齋田選手ペアの試合です。曇り空の下、第2コートで行われました。

第1セットはストレートで藤本・齋田ペアが取得します。齋田選手のダイナミックなプレー、藤本選手の強烈なショットで終始リードして試合を進めていきました。

2013ピースカップ 男子ダブルス準決勝 齋田選手

続きを読む 2013 Peace Cup 男子D準決勝 中野・竹田-藤本・齋田