タグ別アーカイブ: Gustavo Fernandez

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会

5月16日(火)から21日(日)の6日間に渡り、福岡県飯塚市の筑豊ハイツ・筑豊緑地テニスコートで開催された車いすテニスのジャパンオープン。UNIQLO車いすテニスツアーの枠組みにおいて、グランドスラムに次ぐスーパーシリーズの大会とあって、世界のトッププレーヤーが集結した。連日晴天に恵まれ、強い陽射しの下でのテニスとなったが、パラリンピックやグランドスラムさながらの対戦カードを一目見ようと、多くの観客が詰めかけた。

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会
メインコート

続きを読む JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会 フォトギャラリー

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会
続きを読む JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会 フォトギャラリー

2016 全豪OP 車いすテニス

1月27日(水)から30日(土)にかけて、オーストラリアはメルボルンで開催された2016全豪オープン車いすテニス。男子8名、女子8名、クアード4名のトッププレーヤーが集結し、会場となったメルボルン・パークで2016年最初のビッグタイトルを争いました。今年は猛暑に見舞われることは無かったものの、降雨による試合中断やスケジュール変更の相次ぐ大会となりました。

男女シングルス、ダブルス、クアードダブルスはトーナメント、クアードシングルスは総当り戦の後、上位2名による決勝戦を行う形式です。なお、グランドスラムでクアードクラスが開催されるのは全豪と全米の2大会のみですが、今年はパラリンピックと日程が重なるため全米での車いすテニス開催は無し。そのためクアードにとっては今大会が2016年唯一のグランドスラムとなります。

2016 全豪OP 車いすテニス
会場のメルボルン・パーク

続きを読む 2016 全豪OP 車いすテニス

2015 全豪OP 男子D決勝 国枝・ウデ-リード・フェルナンデス

全豪オープン男子ダブルス決勝は、すっかり暗くなった21時過ぎに試合開始となりました。昨年の覇者である国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFダブルスランク2位)とステファン・ウデ選手(フランス / ITFダブルスランク1位)が、グランドスラムでは初めてペアを組むゴードン・リード選手(イギリス / ITFダブルスランク6位)、グスタボ・フェルナンデス選手(アルゼンチン / ITFダブルスランク7位)と対戦します。

2015 全豪OP 男子D決勝 国枝・ウデ-リード・フェルナンデス
夜のコート7

続きを読む 2015 全豪OP 男子D決勝 国枝・ウデ-リード・フェルナンデス

2015 全豪OP 男子S準決勝 国枝-フェルナンデス

男子シングルス準決勝では、国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)が、グスタボ・フェルナンデス選手(アルゼンチン / ITFランク4位)を迎え撃ちます。昨年の全豪オープン決勝では国枝選手が快勝準決勝で当たった全仏オープンではフルセットの末に全米オープン決勝でも国枝選手に軍配が上がっていますが、両者の対戦は毎回非常に見応えのある内容となっています。

国枝選手のサービスゲームで試合開始。2度のデュースとなった第1ゲームは、フェルナンデス選手がリターンエースを決めてブレークします。第2ゲームを国枝選手がブレークし返すと、ここからブレークが続き、第6ゲームを終えてゲームカウントは3-3となりました。コートに吹く強風を感じさせない強烈なショットの応酬を、100人ほどの観客は固唾を呑んで見守ります。第7ゲームは2度のデュースの末にフェルナンデス選手がブレーク。続く第8ゲームでこの試合初めてキープとなり、フェルナンデス選手が5-3とリードしました。

国枝選手は第9ゲームを4ポイント連取でキープ。第10ゲームでもテンポよくポイントを取り5-5のタイに持ち込みます。第11ゲームをブレークしたフェルナンデス選手でしたが、第12ゲームではダブルフォルトを出すなどサーブが入らずブレークを許しました。タイブレークでも両者一歩も譲らず、3-3、4-4、5-5と緊迫した展開となります。ここでショット決めてリードしたフェルナンデス選手が続くポイントも取り、7-6(5)で第1セットを勝ち取りました。

2015 全豪OP 男子S準決勝 国枝ーフェルナンデス フェルナンデス選手
タイブレークの末に第1セットを獲得し、力強いガッツポーズのフェルナンデス選手

続きを読む 2015 全豪OP 男子S準決勝 国枝-フェルナンデス

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 フェルナンデス-眞田

11月26日から30日まで、ロンドンのリー・バレー・ホッケー・アンド・テニス・センターにて開催されているNEC Wheelchair Tennis Masters。車いすテニスの1年を締めくくる、シングルスのマスターズです。原則、10月6日時点のITFシングルスランキング上位選手が招待選手となっており、男子、女子は2つの予選リーグに分かれ、各上位2名が決勝トーナメントへ進出。クアードは1つの予選リーグで、決勝戦に出場する2人を決定します。

出場選手と予選リーグは以下の通りです(括弧内は、11月26日時点のITFシングルスランキング)。

■男子 予選リーグ1
国枝慎吾(ユニクロ,1)、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン,4)、マイケル・シェファーズ(オランダ.5)、眞田卓(埼玉トヨペット,8)

■男子 予選リーグ2
ステファン・ウデ(フランス,2)、ゴードン・リード(イギリス,3)、ニコラ・ペフェール(フランス,7)、ヨーキム・ジェラード(ベルギー,9)

■女子 予選リーグ1
上地結衣(エイベックス・グループ・ホールディングス,1)、ザビーネ・エラブロック(ドイツ,4)、ジョーダン・ワイリー(イギリス,6)、シャロン・ワルラヴェン(オランダ,7)

■女子 予選リーグ2
イスカ・グリフェン(オランダ,2)、アニーク・ファンクート(オランダ,3)、マージョレン・バイス(オランダ,5)ホターチョ・ムンジャーネ(南アフリカ,9)

■クアード 予選リーグ
デイビッド・ワグナー(アメリカ,1)、アンディ・ラプソーン(イギリス,2)、ルーカス・シソール(南アフリカ,3)、ディラン・アルコット(オーストラリア,4)

NEC Wheelchair Tennis Masters
会場のリー・バレー・ホッケー・アンド・テニス・センターの屋内コート

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 フェルナンデス-眞田

2014 全米OP 男子S決勝 国枝-フェルナンデス

今大会最後の試合は男子シングルス決勝。国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)とグスタボ・フェルナンデス選手(アルゼンチン / ITFランク4位)の顔合わせとなりました。今年のグランドスラムでは全豪決勝、全仏準決勝と対戦し、いずれも国枝選手が勝利していますが、全仏での死闘は記憶に新しいところです。

第1セットは国枝選手が3ゲームを連取する好スタートを切ります。国枝選手は第4ゲームも5度のデュースからブレークし4-0としました。ここからフェルナンデス選手が3ゲームを返すと、第8ゲームは国枝選手がブレークしてゲームカウント5-3となります。

第9ゲームは5度のデュースとなる白熱した展開に。最後にショットを決めてこのゲームをブレークしたフェルナンデス選手は、続くゲームのキープに成功し、5-5と追いつきます。第11ゲームは国枝選手がキープ。第12ゲームは、ラリーをドロップショットで制しアドバンテージを得たフェルナンデス選手が、次のプレーでリターンをアウトさせてキープ。必至に喰らいつきタイブレークに持ち込んだフェルナンデス選手でしたが、タイブレークに入るとショットが安定しません。0-6と追い詰められると、最後はダブルフォルト。国枝選手が7-6(0)で第1セットを獲得しました。

2014 全米OP 男子S決勝 国枝-フェルナンデス フェルナンデス選手
フェルナンデス選手。スピードとパワーを兼ね備え、迫力あるプレーが魅力

続きを読む 2014 全米OP 男子S決勝 国枝-フェルナンデス

2014 全仏OP 男子D決勝 ジェラード・ウデーフェルナンデス・ペフェール

男子ダブルス決勝は、ヨーキム・ジェラード選手(ベルギー / ITFランク ダブルス7位。試合日時点)とステファン・ウデ選手(フランス / ITFランク ダブルス1位)ペアと、グスタボ・フェルナンデス選手(アルゼンチン / ITFランク ダブルス10位)とニコラ・ペフェール選手(フランス / ITFランク ダブルス9位)ペアが対戦。どちらのペアにも地元フランス人選手のいる顔合わせとなりましたが、観客はジェラード・ウデ組をより応援しているようでした。

第1セット第1ゲームはフェルナンデス・ペフェール組がブレーク。続く3ゲームをジェラード・ウデ組が取ると、フェルナンデス・ペフェール組は3ゲームを取り返します。第8ゲームはジェラード・ウデ組がブレークし、ゲームカウントは4-4となりました。フェルナンデス・ペフェール組は第9ゲームをブレーク、続くゲームでは1ポイントも落とさずにキープし、6-4で第1セットを獲得しました。

2014 全仏OP 男子D決勝 ジェラード・ウデーフェルナンデス・ペフェール フェルナンデス選手
フェルナンデス(手前)・ペフェール組

続きを読む 2014 全仏OP 男子D決勝 ジェラード・ウデーフェルナンデス・ペフェール

2014 全仏OP 男子S準決勝 国枝ーフェルナンデス

コート7の2試合目は、国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位。試合日時点)とグスタボ・フェルナンデス選手(アルゼンチン / ITFランク5位)との男子シングルス準決勝です。両者の直近の対戦は今年1月の全豪オープン決勝戦で、国枝選手が6-0、6-1と完勝しています。

2014 全仏OP 男子S準決勝 国枝ーフェルナンデス

続きを読む 2014 全仏OP 男子S準決勝 国枝ーフェルナンデス

2014 BNP Paribas World Team Cup 4日目

折り返し地点となる4日目を迎えたBNP Paribas ワールドチームカップ。時折パラパラと雨が降る曇り空でしたが、屋外コートでの試合は予定通り開催されました。男子はリーグ戦が終了し、決勝トーナメント進出国が決定しています。

■男子

リーグDでは、勝てば決勝トーナメント進出が決まる日本と、1敗で後がないアルゼンチンとが顔を合わせました。シングルス1戦目は眞田卓選手とエセキエル・カスコ選手が対戦。サービスゲームで完全に主導権を握った眞田選手、リターンも冴え渡り6-0、6-1で快勝を飾ります。

続く2戦目には三木拓也選手が登場。第1セット、グスタボ・フェルナンデス選手に一気に4ゲーム先行されますが、3ゲームを連取し返して3-4と詰め寄ります。両者1ゲームずつ獲得しての第10ゲーム、デュースからフェルナンデス選手が取り、アルゼンチンが1セット先取しました。

2014 BNP Paribas World Team Cup 三木選手
ITFランク6位(試合日時点)の強敵フェルナンデス選手と熱戦を演じた三木選手

続きを読む 2014 BNP Paribas World Team Cup 4日目