タグ別アーカイブ: Jiske Griffioen

2016 全豪OP 車いすテニス

1月27日(水)から30日(土)にかけて、オーストラリアはメルボルンで開催された2016全豪オープン車いすテニス。男子8名、女子8名、クアード4名のトッププレーヤーが集結し、会場となったメルボルン・パークで2016年最初のビッグタイトルを争いました。今年は猛暑に見舞われることは無かったものの、降雨による試合中断やスケジュール変更の相次ぐ大会となりました。

男女シングルス、ダブルス、クアードダブルスはトーナメント、クアードシングルスは総当り戦の後、上位2名による決勝戦を行う形式です。なお、グランドスラムでクアードクラスが開催されるのは全豪と全米の2大会のみですが、今年はパラリンピックと日程が重なるため全米での車いすテニス開催は無し。そのためクアードにとっては今大会が2016年唯一のグランドスラムとなります。

2016 全豪OP 車いすテニス
会場のメルボルン・パーク

続きを読む 2016 全豪OP 車いすテニス

2016 全豪OP 車いすテニス フォトギャラリー

写真:竹見脩吾

2016 全豪OP 車いすテニス

続きを読む 2016 全豪OP 車いすテニス フォトギャラリー

2015 全豪OP 女子S決勝 上地-グリフェン

2015全豪オープン車いすテニスは4日目にして最終日を迎えます。3カテゴリーのシングルス決勝戦が行われたコート6、まずは13時から女子シングルス決勝です。昨年準優勝の上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)と、イスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク3位)とが対戦しました。

2015 全豪OP 女子S決勝 上地-グリフェン
決勝戦の舞台となったコート6。多くの日本人観客が上地選手へ声援を送った

続きを読む 2015 全豪OP 女子S決勝 上地-グリフェン

2015 全豪OP 女子D決勝 上地・ワイリー-グリフェン・ファンクート

2015全豪オープン3日目は男女ダブルス決勝戦が行われました。17時過ぎに始まった女子ダブルス決勝は、すっかりお馴染みとなった対戦カード。昨年の覇者である上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFダブルスランク1位)とジョーダン・ワイリー選手(イギリス / ITFダブルスランク2位)と、イスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFダブルスランク4位)とアニーク・ファンクート選手(オランダ / ITFダブルスランク3位)との試合です。昨年の4大大会全ての決勝で対戦していますが、いずれも上地・ワイリー組の勝利に終わっています(2014年全豪OP全仏OP全英OP全米OP)。

第1セットは、グリフェン・ファンクート組の2ゲーム連取でスタート。上地・ワイリー組は第3ゲームをキープすると、いずれもデュースにもつれ込んだ第4、5ゲームを連取し、ゲームカウントを3-2とします。どちらのペアも、ミスをしないようにという気持ちのショットが多く、長いラリーが続きました。グリフェン・ファンクート組は第7ゲームをデュースの末にキープすると、続く2ゲームを取って5-3とリード。第9ゲームをキープした上地・ワイリー組でしたが、第10ゲームをブレークできず。第1セットは6-4でグリフェン・ファンクート組が獲得しました。

2015 全豪OP 女子D決勝 上地・ワイリー-グリフェン・ファンクート ファンクート選手
ファンクート選手

続きを読む 2015 全豪OP 女子D決勝 上地・ワイリー-グリフェン・ファンクート

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン

今大会最後の試合となった女子決勝戦は、オランダ人同士の対決となりました。ダブルスではペアを組んでいる、アニーク・ファンクート選手(オランダ / ITFランク3位)とイスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク2位)が、2014年最後のビッグタイトルを争います。

第1セット、出だしは両者キープが続きゲームカウント2-2となります。第5ゲーム、0-30と先行されたグリフェン選手でしたが、ここからポイント連取でキープ。さらに第6ゲームをデュースからブレークし、4-2と差を広げます。第7ゲームもデュースとなりますが、今度はファンクート選手がブレーク。3度のデュースにもつれ込んだ第8ゲームを再びブレークしたグリフェン選手が、続くゲームをキープし、6-3で第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン グリフェン選手
グリフェン選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地

11月26日に開幕したNEC Wheelchair Tennis Mastersも4日目を迎えました。準決勝2試合が行われた男子、女子カテゴリーの中から、予選リーグ2を1セットも落とさずに勝ち上がってきたイスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク2位)と、予選リーグ1を2勝1敗の2位で通過した上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)との対戦です。2014年の対戦成績は上地選手の6勝2敗となっています。

第1セット第1ゲームをキープした上地選手は、第2ゲームをブレークし2-0と先行します。第3ゲームはグリフェン選手がブレーク。第4ゲーム、0-40からデュースに持ち込んだグリフェン選手でしたが、最後はダブルフォルトが出てブレークを許します。上地選手は第5ゲームを1ポイントも落とさずにキープし、ゲームカウント4-1とリードを広げました。

グリフェン選手は第6ゲームを4ポイント連取でキープすると、続く2ゲームでもショットが冴え渡り4-4と追いつきます。第9ゲーム、サーブトスがなかなか上がらない上地選手に対し、グリフェン選手は30-30から2ポイントを取りブレークに成功。第10ゲームをキープしたグリフェン選手が、5ゲーム連取で6-4とし、第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地 上地選手
上地選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地

2014 全米OP 女子D決勝 上地・ワイリー-グリフェン・ファンクート

2014全米オープン車いす部門3日目は、ダブルス決勝戦が行われました。女子は7月のウィンブルドンと同カード、第1、2シードの対戦。年間グランドスラムまであと1勝の上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク ダブルス1位)、ジョーダン・ワイリー選手(イギリス / ITFランク ダブルス2位)組が、昨年ダブルス年間グランドスラムを達成したイスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク ダブルス3位)とアニーク・ファン・クート選手(オランダ / ITFランク ダブルス4位)のペアと顔を合わせました。上地・ワイリー組は、相手の棄権により不戦勝で、グリフェン・ファンクート組はストレートで準決勝を勝ち上がってきています。

これまでの2日間よりも陽射しが強く、やはり30度を超える気温の中で決勝戦は始まりました。第1セットは両ペアとも2ゲームずつを取る立ち上がり。第5ゲーム、グリフェン・ファンクート組は40-15から2ポイント連取しデュースに持ち込むと、これを制してブレークに成功します。続く第6ゲームもキープしたグリフェン・ファンクート組がゲームカウント4-2と優位に立ちました。

上地・ワイリー組は第7ゲームをキープし、第8ゲームは1ポイントも落とさずにブレーク。さらに第9ゲーム、上地選手のショットが冴え2度のデュースからキープし5-4と逆転します。第10ゲームもデュースとなりますが、最後は上地選手のフォアを相手が返せず。上地・ワイリー組が6-4で第1セットを取りました。

2014 全米OP 女子D決勝 上地・ワイリー-グリフェン・ファンクート	上地選手
上地(手前)・ワイリー組

続きを読む 2014 全米OP 女子D決勝 上地・ワイリー-グリフェン・ファンクート

2014 全米OP 女子S準決勝 上地-グリフェン

昨日に続き30度近い暑さとなった2014全米オープン車いすテニス部門2日目。この日はクアードのリーグ戦、男女シングルス、ダブルスの準決勝が行われ、選手によっては2試合をプレーする過酷な1日となりました。

コート5で行われた、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)対イスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク 3位)の女子シングルス準決勝。全豪オープン、全仏オープンに続いて今年3度目のグランドスラム準決勝での顔合わせとなりました(全英オープンはダブルスのみ開催のため対戦なし)。いずれも上地選手に軍配が上がりましたが、先週開催の大会ではグリフェン選手が勝利しており、接戦必至の注目の一戦です。

2014 全米OP 女子S準決勝 上地-グリフェン 上地選手
グリフェン選手とは今年7戦して5勝2敗の上地選手

続きを読む 2014 全米OP 女子S準決勝 上地-グリフェン

2014 ウィンブルドン 女子D決勝 上地・ワイリーーグリフェン・ファンクート

2014ウィンブルドン最終日、車いす部門は男女決勝戦が同時刻から隣接するコートにてそれぞれ行われました。女子決勝は、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク ダブルス1位)、ジョーダン・ワイリー選手(イギリス / ITFランク ダブルス2位)組と、イスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク ダブルス3位)とアニーク・ファン・クート選手(オランダ / ITFランク ダブルス4位)のオランダ組とが対戦。大会2連覇中のグリフェン・ファンクート組に、今年6月の全仏OP決勝でそのオランダ組を破った上地・ワイリー組が挑む形となりました。

第1セット第1ゲーム、グリフェン・ファンクート組はダブルフォルト2つなどでポイントを落とし、上地・ワイリー組にブレークを許します。第4ゲームまではブレークが続きゲームカウントは2-2に。第5ゲーム、グリフェン選手のサービスゲームをキープしたオランダ組は、第6ゲームもブレークして4-2と差を広げます。第7ゲームは、デュースからファンクート選手のサービスエースなどでオランダ組がキープ。グリフェン・ファンクート組は、ダブルフォルトを連発したかと思えば目の覚めるようなサービスエースを決めてくる、いつもの不安定さがこの試合にも出ていました。

第8ゲームはワイリー選手のサーブが乱れ、オランダ組が余裕を持ってブレーク。第1セットは6-2でグリフェン・ファンクート組が獲得します。

2014 ウィンブルドン 女子D決勝 上地・ワイリーーグリフェン・ファンクート ファンクート選手
鋭いショットでポイントを重ねるも、弱点であるダブルフォルトの多さが出たファンクート選手

続きを読む 2014 ウィンブルドン 女子D決勝 上地・ワイリーーグリフェン・ファンクート

2014 ウィンブルドン 女子D準決勝 グリフェン・ファンクート-エラブロック・シューカー

女子ダブルス準決勝2試合目は、イスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク ダブルス3位)とアニーク・ファン・クート選手(オランダ / ITFランク ダブルス4位)のオランダペアと、ザビーネ・エラブロック選手(ドイツ / ITFランク ダブルス7位)、ルーシー・シューカー選手(イギリス / ITFランク ダブルス8位)のペアが顔を合わせました。

第1セットは、グリフェン・ファンクート組が3ゲーム連取でスタートします。第4ゲームはデュース4回ともつれましたが、エラブロック・シューカー組がキープしました。第5ゲームをキープしたグリフェン・ファンクート組は、第6ゲームを1ポイントも落とさずにブレーク。第7ゲーム、グリフェン選手は4度のダブルフォルトとサーブ乱調ながらも、5度のデュースの末にキープし、ゲームカウント6-1で第1セットを獲得しました。

2014 ウィンブルドン 女子D準決勝 グリフェン・ファンクート-エラブロック・シューカー エラブロック選手
エラブロック選手

続きを読む 2014 ウィンブルドン 女子D準決勝 グリフェン・ファンクート-エラブロック・シューカー