タグ別アーカイブ: NEC Wheelchair Tennis Masters

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン

今大会最後の試合となった女子決勝戦は、オランダ人同士の対決となりました。ダブルスではペアを組んでいる、アニーク・ファンクート選手(オランダ / ITFランク3位)とイスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク2位)が、2014年最後のビッグタイトルを争います。

第1セット、出だしは両者キープが続きゲームカウント2-2となります。第5ゲーム、0-30と先行されたグリフェン選手でしたが、ここからポイント連取でキープ。さらに第6ゲームをデュースからブレークし、4-2と差を広げます。第7ゲームもデュースとなりますが、今度はファンクート選手がブレーク。3度のデュースにもつれ込んだ第8ゲームを再びブレークしたグリフェン選手が、続くゲームをキープし、6-3で第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン グリフェン選手
グリフェン選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子決勝 ファンクート-グリフェン

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

いよいよ最終日を迎えたNEC Wheelchair Tennis Masters。13時半開始の男子決勝戦には400人近い観客が集まりました。大会2連覇中の国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)と、ニコラ・ペフェール選手(フランス / ITFランク7位)の対戦です。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子決勝 国枝-ペフェール

NEC Wheelchair Tennis Masters クアード決勝 アルコット-ワグナー

クアード決勝は、予選リーグ全勝のディラン・アルコット選手(オーストラリア / ITFランク4位)と、2勝1敗のデイビッド・ワグナー選手(アメリカ / ITFランク1位)との顔合わせとなりました。観客席には100人ほどが詰めかけ、20人ほどのオーストラリア応援団による大歓声の中、試合が始まります。

第1セット、2度のデュースからキープに成功したアルコット選手は、第2ゲームもブレークし2-0と先行します。続く2ゲームはワグナー選手が取り2-2のタイに。デュースとなった第5ゲームは、アドバンテージを得たアルコット選手がサービスエースを決めキープしました。ここからさらに3ゲームはキープが続き、ゲームカウントは4-4となります。

第9ゲーム、デュースの場面でリターンエースを決めアドバンテージを得たワグナー選手は、続くプレーでアルコット選手のミスを誘いブレーク。第10ゲームはアルコット選手がポイントを先取するも、4ポイント連取したワグナー選手がキープし、6-4で第1セットを獲得します。

NEC Wheelchair Tennis Masters クアード決勝 アルコット-ワグナー アルコット選手
大歓声を背に2連覇中の王者に挑んだアルコット選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters クアード決勝 アルコット-ワグナー

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地

11月26日に開幕したNEC Wheelchair Tennis Mastersも4日目を迎えました。準決勝2試合が行われた男子、女子カテゴリーの中から、予選リーグ2を1セットも落とさずに勝ち上がってきたイスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク2位)と、予選リーグ1を2勝1敗の2位で通過した上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)との対戦です。2014年の対戦成績は上地選手の6勝2敗となっています。

第1セット第1ゲームをキープした上地選手は、第2ゲームをブレークし2-0と先行します。第3ゲームはグリフェン選手がブレーク。第4ゲーム、0-40からデュースに持ち込んだグリフェン選手でしたが、最後はダブルフォルトが出てブレークを許します。上地選手は第5ゲームを1ポイントも落とさずにキープし、ゲームカウント4-1とリードを広げました。

グリフェン選手は第6ゲームを4ポイント連取でキープすると、続く2ゲームでもショットが冴え渡り4-4と追いつきます。第9ゲーム、サーブトスがなかなか上がらない上地選手に対し、グリフェン選手は30-30から2ポイントを取りブレークに成功。第10ゲームをキープしたグリフェン選手が、5ゲーム連取で6-4とし、第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地 上地選手
上地選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子準決勝 グリフェン-上地

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ

男子予選リーグ1でも、決勝トーナメント進出をかけた直接対決が行われました。日本の眞田卓選手(埼玉トヨペット / ITFランク8位)と、マイケル・シェファーズ選手(オランダ / ITFランク5位)の対戦です。

お互いにキープ、ブレークで2-2となり始まった第1セット。デュースにもつれ込んだ第5ゲームを眞田選手がキープ、シェファーズ選手も第6ゲームをキープし譲りません。第7ゲームをブレークされた眞田選手でしたが、第8ゲームでは2度目のデュースの場面で、2本続けてリターンエースを決め食い下がります。続く2ゲームもキープとなり、ゲームカウントは5-5となりました。

第11ゲーム、シェファーズ選手は1ポイントも落とさずにブレークに成功。第12ゲームは眞田選手が0-40と絶好のブレークチャンスを迎えますが、シェファーズ選手が3ポイント連取でデュースに持ち込みます。観客が固唾を呑んで見守った9度のデュースの末にゲームを勝ち取ったシェファーズ選手が、第1セットを7-5で獲得しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ 眞田選手
眞田選手。競り合った第1セットを惜しくも落とした。

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 眞田-シェファーズ

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-エラブロック

3日目を迎えたNEC Wheelchair Tennis Masters。この日は各カテゴリーの予選リーグ最終戦が行われました。女子予選リーグ1では、共に1勝1敗で並ぶ上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)とザビーネ・エラブロック選手(ドイツ / ITFランク4位)が、決勝トーナメントへの切符をかけて直接対決に臨みます。

上地選手のサービスゲームで始まった第1セットは、お互いにキープでスタート。ここからブレークが続き、ゲームカウントは3-3となります。第7ゲームは、デュースから上地選手に2つダブルフォルトが出てエラブロック選手がブレーク。続くゲームをキープしたエラブロック選手は、第9ゲームでも2度のデュースの末にブレークに成功し、6-3で第1セットを獲得しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-エラブロック エラブロック選手
エラブロック選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-エラブロック

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 国枝-眞田

男子予選リーグ1の日本人対決、国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)と眞田卓選手(埼玉トヨペット / ITFランク8位)との試合です。初戦を勝利した両選手、この試合でも勝ち星を重ねて決勝トーナメント進出へ弾みをつけたいところです。

第1セット第1ゲーム、眞田選手にサービスエース2本が出ますが、国枝選手がブレークに成功。続く2ゲームも連取した国枝選手が3-0と先行します。第4ゲームは4度のデュースの末に眞田選手がブレークしました。ここからも両者ブレークが続き、ゲームカウントは国枝選手リードの5-2に。第8ゲームは、リターンミスを3本誘った国枝選手が1ポイントも落とさずにキープし、6-2で第1セットを取りました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 国枝-眞田 国枝選手
国枝選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 国枝-眞田

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワルラヴェン

NEC Wheelchair Tennis Masters2日目、男女クアードの各クラスとも予選リーグの2試合目が開催されています。女子予選リーグ1から、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)とシャロン・ワルラヴェン選手(オランダ / ITFランク7位)の対戦のレポートです。両者とも昨日の初戦を落としており、決勝トーナメント進出のために勝利が欲しいところです。

第1セット第1ゲームを1ポイントも落とさずにキープした上地選手は、続く2ゲームも圧倒して取り3-0とリードします。第4ゲームは2度のデュースとなりますが、ここも上地選手がブレーク。勢いは止まらず6-0で第1セットを獲得しました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワルラヴェン 上地選手
第1セットを6-0と圧倒して取った上地選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワルラヴェン

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワイリー

女子予選リーグ1、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)と、ジョーダン・ワイリー選手(イギリス / ITFランク6位)の試合です。今年ダブルスで年間グランドスラムを達成した2人の対戦、しかもワイリー選手の地元イギリスでの大会ということで、注目度の高いカードとなりました。

第1セット第1ゲームは上地選手のサービスゲーム。2度のデュースにもつれ込むと、ワイリー選手がブレークに成功、第2ゲームも3度のデュースからキープします。上地選手は続く2ゲームを取り、ゲームカウント2-2と追いつきました。第5ゲームはワイリー選手がブレーク。試合の主導権を握ったワイリー選手が自分のペースに持ち込み、さらに3ゲーム連取で第1セットを6-2で勝ち取ります。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワイリー 上地選手
上地選手

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワイリー

NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 フェルナンデス-眞田

11月26日から30日まで、ロンドンのリー・バレー・ホッケー・アンド・テニス・センターにて開催されているNEC Wheelchair Tennis Masters。車いすテニスの1年を締めくくる、シングルスのマスターズです。原則、10月6日時点のITFシングルスランキング上位選手が招待選手となっており、男子、女子は2つの予選リーグに分かれ、各上位2名が決勝トーナメントへ進出。クアードは1つの予選リーグで、決勝戦に出場する2人を決定します。

出場選手と予選リーグは以下の通りです(括弧内は、11月26日時点のITFシングルスランキング)。

■男子 予選リーグ1
国枝慎吾(ユニクロ,1)、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン,4)、マイケル・シェファーズ(オランダ.5)、眞田卓(埼玉トヨペット,8)

■男子 予選リーグ2
ステファン・ウデ(フランス,2)、ゴードン・リード(イギリス,3)、ニコラ・ペフェール(フランス,7)、ヨーキム・ジェラード(ベルギー,9)

■女子 予選リーグ1
上地結衣(エイベックス・グループ・ホールディングス,1)、ザビーネ・エラブロック(ドイツ,4)、ジョーダン・ワイリー(イギリス,6)、シャロン・ワルラヴェン(オランダ,7)

■女子 予選リーグ2
イスカ・グリフェン(オランダ,2)、アニーク・ファンクート(オランダ,3)、マージョレン・バイス(オランダ,5)ホターチョ・ムンジャーネ(南アフリカ,9)

■クアード 予選リーグ
デイビッド・ワグナー(アメリカ,1)、アンディ・ラプソーン(イギリス,2)、ルーカス・シソール(南アフリカ,3)、ディラン・アルコット(オーストラリア,4)

NEC Wheelchair Tennis Masters
会場のリー・バレー・ホッケー・アンド・テニス・センターの屋内コート

続きを読む NEC Wheelchair Tennis Masters 男子予選リーグ1 フェルナンデス-眞田