タグ別アーカイブ: Stephane Houdet

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会

5月16日(火)から21日(日)の6日間に渡り、福岡県飯塚市の筑豊ハイツ・筑豊緑地テニスコートで開催された車いすテニスのジャパンオープン。UNIQLO車いすテニスツアーの枠組みにおいて、グランドスラムに次ぐスーパーシリーズの大会とあって、世界のトッププレーヤーが集結した。連日晴天に恵まれ、強い陽射しの下でのテニスとなったが、パラリンピックやグランドスラムさながらの対戦カードを一目見ようと、多くの観客が詰めかけた。

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会
メインコート

続きを読む JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会 フォトギャラリー

JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会
続きを読む JAPAN OPEN 2017 – 第33回 飯塚国際車いすテニス大会 フォトギャラリー

2016 全豪OP 車いすテニス

1月27日(水)から30日(土)にかけて、オーストラリアはメルボルンで開催された2016全豪オープン車いすテニス。男子8名、女子8名、クアード4名のトッププレーヤーが集結し、会場となったメルボルン・パークで2016年最初のビッグタイトルを争いました。今年は猛暑に見舞われることは無かったものの、降雨による試合中断やスケジュール変更の相次ぐ大会となりました。

男女シングルス、ダブルス、クアードダブルスはトーナメント、クアードシングルスは総当り戦の後、上位2名による決勝戦を行う形式です。なお、グランドスラムでクアードクラスが開催されるのは全豪と全米の2大会のみですが、今年はパラリンピックと日程が重なるため全米での車いすテニス開催は無し。そのためクアードにとっては今大会が2016年唯一のグランドスラムとなります。

2016 全豪OP 車いすテニス
会場のメルボルン・パーク

続きを読む 2016 全豪OP 車いすテニス

2015 全豪OP 男子S決勝 国枝-ウデ

男子シングルス決勝は、2連覇中の国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位)が、ステファン・ウデ選手(フランス / ITFランク2位)と対戦。前日ダブルスで共に優勝を果たしたペアでの試合となりました。

2015 全豪OP 男子S決勝 国枝-ウデ
スタンドには日の丸が。フランス応援団の「Allez!」の声も響いた

続きを読む 2015 全豪OP 男子S決勝 国枝-ウデ

2015 全豪OP 男子D決勝 国枝・ウデ-リード・フェルナンデス

全豪オープン男子ダブルス決勝は、すっかり暗くなった21時過ぎに試合開始となりました。昨年の覇者である国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFダブルスランク2位)とステファン・ウデ選手(フランス / ITFダブルスランク1位)が、グランドスラムでは初めてペアを組むゴードン・リード選手(イギリス / ITFダブルスランク6位)、グスタボ・フェルナンデス選手(アルゼンチン / ITFダブルスランク7位)と対戦します。

2015 全豪OP 男子D決勝 国枝・ウデ-リード・フェルナンデス
夜のコート7

続きを読む 2015 全豪OP 男子D決勝 国枝・ウデ-リード・フェルナンデス

2014 全米OP 男子D決勝 ウデ・国枝-リード・シェファーズ

男子ダブルス決勝戦は17時半頃にスタート。雨上がりから涼しくなってきた会場は、日が傾くにつれ若干肌寒さも感じられるようになってきました。女子と同様に男子も第1、2シードが順当に勝ち上がってきています。ステファン・ウデ選手(フランス / ITFランク ダブルス1位)と国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク ダブルス2位)ペアが、マイケル・シェファーズ選手(オランダ / ITFランク ダブルス3位)、ゴードン・リード選手(イギリス / ITFランク ダブルス4位)のペアと優勝を争いました。

第1セット、第1ゲームをブレークしたウデ・国枝組があっという間に4ゲームを連取。この時点では一方的な展開になるかと思われた試合でしたが、実際には壮絶な結末を迎えることとなります。リード・シェファーズ組は第5ゲームをキープ、続くゲームをブレークし差を縮めました。第7ゲームはウデ・国枝組がデュースからブレーク。第8ゲームは国枝選手のサービスゲームをキープし、ウデ・国枝組が6-2で第1セットを獲得しました。

2014 全米OP 男子D決勝 ウデ・国枝-リード・シェファーズ ウデ選手
ウデ選手

続きを読む 2014 全米OP 男子D決勝 ウデ・国枝-リード・シェファーズ

2014 ウィンブルドン 男子D準決勝 カッタネオ・ジェラード-シェファーズ・ビンク

男子準決勝2試合目は、フレデリック・カッタネオ選手(フランス / ITFランク ダブルス8位)とヨーキム・ジェラード選手(ベルギー / ITFランク ダブルス6位)のペアと、マイケル・シェファーズ選手(オランダ / ITFランク ダブルス3位)、ロナルド・ビンク選手(オランダ / ITFランク ダブルス9位)のオランダ組との対戦となりました。試合前のアップを始めた時点で雨が降り、1時間程ずれ込んで試合が始まります。

第1セットは、お互いにキープが続く展開でスタート。第6ゲームを終えてゲームカウント3-3のイーブンとなります。第7ゲーム、カッタネオ選手のサービスゲームを、シェファーズ・ビンク組が相手にポイントを与えずにブレーク。続く第8ゲームを3度のデュースの末にキープしたシェファーズ・ビンク組は、第9ゲームもデュースからブレークし、6-3で第1セットを獲得しました。

2014 ウィンブルドン 男子D準決勝 カッタネオ・ジェラード-シェファーズ・ビンク ジェラード選手
サーブを打つジェラード選手(左)と、カッタネオ選手のペア

続きを読む 2014 ウィンブルドン 男子D準決勝 カッタネオ・ジェラード-シェファーズ・ビンク

2014 ウィンブルドン 男子D準決勝 ウデ・国枝-エグベリンク・リード

ウィンブルドン2日目は、男子準決勝2試合が行われました。1試合目は、ステファン・ウデ選手(フランス / ITFランク ダブルス1位)と国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク ダブルス2位)ペアが、トム・エグベリンク選手(オランダ / ITFランク ダブルス13位)、ゴードン・リード選手(イギリス / ITFランク ダブルス4位)のペアと対戦しました。地元イギリスのリード選手の試合ということもあり、会場は満員。プレー毎に拍手や歓声の上がる試合となりました。

2014 ウィンブルドン 男子D準決勝 ウデ・国枝-エグベリンク・リード
300席ほどの観客席は満員。隣のコートから立ち見する人々も出る、注目の一戦となった

続きを読む 2014 ウィンブルドン 男子D準決勝 ウデ・国枝-エグベリンク・リード

2014 全仏OP 男子D決勝 ジェラード・ウデーフェルナンデス・ペフェール

男子ダブルス決勝は、ヨーキム・ジェラード選手(ベルギー / ITFランク ダブルス7位。試合日時点)とステファン・ウデ選手(フランス / ITFランク ダブルス1位)ペアと、グスタボ・フェルナンデス選手(アルゼンチン / ITFランク ダブルス10位)とニコラ・ペフェール選手(フランス / ITFランク ダブルス9位)ペアが対戦。どちらのペアにも地元フランス人選手のいる顔合わせとなりましたが、観客はジェラード・ウデ組をより応援しているようでした。

第1セット第1ゲームはフェルナンデス・ペフェール組がブレーク。続く3ゲームをジェラード・ウデ組が取ると、フェルナンデス・ペフェール組は3ゲームを取り返します。第8ゲームはジェラード・ウデ組がブレークし、ゲームカウントは4-4となりました。フェルナンデス・ペフェール組は第9ゲームをブレーク、続くゲームでは1ポイントも落とさずにキープし、6-4で第1セットを獲得しました。

2014 全仏OP 男子D決勝 ジェラード・ウデーフェルナンデス・ペフェール フェルナンデス選手
フェルナンデス(手前)・ペフェール組

続きを読む 2014 全仏OP 男子D決勝 ジェラード・ウデーフェルナンデス・ペフェール

2014 全仏OP 男子S決勝 国枝ーウデ

最終日を迎えた2014全仏オープン車いすテニス部門。男女単複4つの決勝戦が行われる白熱した1日の幕を開けたのは、国枝慎吾選手(ユニクロ / ITFランク1位。試合日時点)とステファン・ウデ選手(フランス / ITFランク2位)の男子シングルス決勝戦です。ローラン・ギャロス決勝での2人の対戦は3年連続、過去2年はいずれもウデ選手がフルセットの末にタイトルを手にしています。

第1セット第1ゲームはウデ選手がデュースの末にブレーク。コート7に集まった300人以上の観客が、地元選手の好スタートに大歓声を送ります。第2ゲームは2度のデュースから国枝選手がブレーク。続く2ゲームをお互いにキープして迎えた第5ゲームから、国枝選手が3ゲーム連取してゲームカウントを5-2としました。ウデ選手は2ゲーム連取して追い上げますが、第10ゲームで1ポイントも取れずにブレークを許します。国枝選手が6-4で第1セットを獲得しました。

2014 全仏OP 男子S決勝 国枝ーウデ ウデ選手
観客の後押しを受け3連覇を目指してプレーしたウデ選手

続きを読む 2014 全仏OP 男子S決勝 国枝ーウデ