長良川パラトライアスロン大会2014

岐阜県海津市の国営木曽三川公園内アクアフィールドで開催された長良川パラトライアスロン大会2014。20人のパラトライアスリートがエントリーし、スプリント・ディスタンス(スイム0.75km、バイク20km、ラン5kmの計25.75km)のコースを走ります。前日の雨で増水し濁りもあった長良川でしたが、大会当日は雨に降られることなく、気温も上がり過ぎない曇り空の下でレースが始まりました。

長良川パラトライアスロン大会2014
国営木曽三川公園内に設営された会場

■TRI1
スイムパートで3分半のアドバンテージを得た木村潤平選手(東京都)が、バイクでも2位以下に大きく差をつけて貫禄の勝利。木村選手の1時間6分49秒は、全クラスでの総合順位でも1位のタイムでした。

長良川パラトライアスロン大会2014 木村選手
総合優勝も飾った木村選手

■TRI2
男女共に1選手ずつのスタートとなったTRI2クラス。男子は中山賢史朗選手(神奈川)が1時間28分18秒で、女子は秦由加子選手(千葉県)が1時間30分27秒でそれぞれゴールしました。秦選手がスイムパートで記録した11分34秒は、全選手の中で1位のタイムでした。

長良川パラトライアスロン大会2014 中山選手
中山選手

長良川パラトライアスロン大会2014 秦選手
秦選手

■TRI3
男子5名が出場したTRI3クラスは、スイムパートを3位で終えた窪山信吾選手(埼玉県)がランパートで逆転し、タイム1時間20分23秒で優勝を飾りました。

長良川パラトライアスロン大会2014 窪山選手
優勝の窪山選手。ランパートのタイムは2位に5分以上の差をつけるものだった

■TRI4
男子は佐藤圭一選手(愛知県)が、バイク、ランで速さを見せ、1時間7分4秒で優勝。1人のみの出場となった女子は、長瀬亜衣選手(大阪府)が最後まで諦めずに3時間20分25秒で完走しました。

長良川パラトライアスロン大会2014 佐藤選手
佐藤選手

■TRI5
TRI5クラスは男子1名が出場。鏡味信幸選手(三重県)が1時間22分41秒でゴールしました。

長良川パラトライアスロン大会2014 鏡味選手
鏡味選手

■TRI6
男子は、ランパートで3分弱の差を逆転した関口晃選手(大阪府)が1時間22分36秒で優勝。1人の出場となった女子は、山田敦子選手(兵庫県)が1時間23分51秒でフィニッシュラインを通過しました。

長良川パラトライアスロン大会2014 関口選手
関口選手(左)と大西ガイド

長良川パラトライアスロン大会2014 山田選手
山田選手(左)、脇ガイド

■大会結果
<TRI1 男子>
1.木村潤平(東京都) 1時間6分49秒
2.田中誠治(山梨県) 1時間13分33秒
3.川谷功(長崎県) 1時間20分3秒

<TRI2 男子>
1.中山賢史朗(神奈川県) 1時間28分18秒

<TRI2 女子>
1.秦由加子(千葉県) 1時間30分27秒

<TRI3 男子>
1.窪山信吾(埼玉県) 1時間20分23秒
2.阿部尊治(東京都) 1時間23分28秒
3.菅原繁幸(山形県) 1時間33分40秒
4.濱田美穂(大阪府) 1時間41分29秒
5.樋口新(愛知県) 1時間45分56秒

<TRI4 男子>
1.佐藤圭一(愛知県) 1時間7分4秒
2.土門伸行(東京都) 1時間12分6秒
3.乾井紀英(奈良県) 1時間14分48秒
4.氏家智明(大阪府) 1時間26分14秒

<TRI4 女子>
1.長瀬亜衣(大阪府) 3時間20分25秒

<TRI5 男子>
1.鏡味信幸(三重県) 1時間22分41秒

<TRI6 男子>
1.関口晃(大阪府) 1時間22分36秒
2.長井敬二(大阪府) 1時間22分49秒

<TRI6 女子>
1.山田敦子(兵庫県) 1時間23分51秒

※大会詳細情報は、大会公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: