2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン

5月30日(土)にイギリスはロンドンのハイドパークで行われた、2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロンの部。天候に恵まれたものの、大会発表による気温、水温が15.6度と、やや肌寒く感じる状況でのレースとなりました。スイム750m、バイク20.7km、ラン5kmの、計26.45kmで争われます。

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン
人の姿がまばらだったスタンドだが、地元イギリスの選手を熱心に応援するファンもいた

■PT1
8名出場の男子はバイクパートで2分の差を付けたビル・チェイフィー選手(オーストラリア)が1時間16秒で優勝。2名でのレースとなった女子は、スイム、ランでは遅れたもののバイクパートで8分のリードを奪ったマリー・キャサリン・キャラハン選手(アメリカ)がトップでゴールしました(タイム1時間28分19秒)。

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン チェイフィー選手
チェイフィー選手

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン キャラハン選手キャラハン選手

■PT2
男子は3人での戦い。ランで2位の選手に追い上げられながらも逃げ切ったミケーレ・フェラリン選手(イタリア)が1時間10分21秒で優勝。6名エントリーの女子は、サスキア・ファン・デン・オーデン選手(オランダ)が、こちらはランで逆転して1時間31分37秒でゴールテープを切りました。

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン フェラリン選手
フェラリン選手

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン ファン・デン・オーデン選手
ファン・デン・オーデン選手

■PT3
男子のみのPT3クラスは、5名がエントリー。アレハンドロ・サンチェス・パロメロ選手(スペイン)が、同じくスペインのダニエル・モリーナ選手を9秒差で破り、1時間9分33秒で優勝を果たしました。

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン サンチェス選手
サンチェス選手

■PT4
20名が出場した激戦クラスの男子は、ステファン・ダニエル選手(カナダ)が1時間14秒で優勝。2位に2分差の好タイムでした。日本の佐藤圭一選手(エイベックス・グループ・ホールディングス)は11位に入っています。女子は4選手が出場し、地元イギリスのローレン・ステッドマン選手が終始先頭を走り1時間9分26秒でレースを制しました。

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン ダニエル選手
ダニエル選手

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン 佐藤選手
佐藤選手

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン ステッドマン選手ステッドマン選手

■PT5
男子は5選手がエントリー。2週間前に横浜大会を制したルカシュ・ビエタスキ選手(ポーランド)がトップでゴールし(タイム1時間5分47秒)、再び強さを見せました。同じく5名出場の女子はメリッサ・リード選手(イギリス)が、ジョリーン・ハッカー選手(オランダ)との接戦に14秒差で競り勝ち、地元での優勝を飾っています(タイム1時間10分36秒)。

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン ビエタスキ選手
ビエタスキ選手(中央)

2015世界トライアスロンシリーズ ロンドン大会 パラトライアスロン リード選手リード選手

■大会結果
<PT1 男子>
1.Bill Chaffey(オーストラリア) 1時間00分16秒
2.Geert Schipper(オランダ) 1時間03分24秒
3.Phil Hogg(イギリス) 1時間04分18秒

<PT1 女子>
1.Mary Catherine Callahan(アメリカ) 1時間28分19秒
2.Lizzie Tench(イギリス) 1時間33分39秒

<PT2 男子>
1.Michele Ferrarin(イタリア) 1時間10分21秒
2.Vasily Egorov(ロシア) 1時間11分49秒
3.Giorgio Vanerio(イタリア) 1時間23分58秒

<PT2 女子>
1.Saskia Van Den Ouden(オランダ) 1時間31分37秒
2.Liisa Lilja(フィンランド) 1時間32分39秒
3.Allysa Seely(アメリカ) 1時間35分34秒

<PT3 男子>
1.Alejandro Sánchez Palomero(スペイン) 1時間09分33秒
2.Daniel Molina(スペイン) 1時間09分42秒
3.Rihards Sprincis(ラドビア) 1時間18分47秒

<PT4 男子>
1.Stefan Daniel(カナダ) 1時間00分14秒
2.George Peasgood(イギリス) 1時間02分03秒
3.Alexander Yalchik(ロシア) 1時間02分20秒

11.佐藤圭一(エイベックス・グループ・ホールディングス) 1時間05分53秒

<PT4 女子>
1.Lauren Steadman(イギリス) 1時間09分26秒
2.Clare Cunningham(イギリス) 1時間14分08秒
3.Anna Bychkova(ロシア) 1時間17分35秒

<PT5 男子>
1.Łukasz Wietecki(ポーランド) 1時間05分47秒
2.Arnaud Grandjean(フランス) 1時間08分50秒
3.Iain Dawson(イギリス) 1時間19分17秒

<PT5 女子>
1.Melissa Reid(イギリス) 1時間10分36秒
2.Joleen Hakker(オランダ) 1時間10分50秒
3.Susana Rodriguez(スペイン) 1時間12分24秒

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: