2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子リーグ戦 日本-タイ 

11月22日~29日の日程で開催中の、2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会。男女とも上位3チームが2014年の世界選手権への出場権を獲得します。日本からは男女代表が出場、まずは26日13:15からの女子日本代表対タイ代表の試合をレポートします。

女子は日本、オーストラリア、中国、タイの4カ国が2回総当り後、決勝トーナメントで争う形式。日本とタイとの初戦は、68-8で日本が勝利しています。

会場はバンコク中心部から程近いタイ・ジャパンユースセンター。サッカー場や体育館などのあるスポーツ複合施設です。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 日本-タイ

会場となっている体育館は2つあり、この試合は第1体育館で行われました。日中は30度を上回るバンコクですが、体育館は空調がやや効きすぎの涼しさです。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 日本-タイ

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 日本-タイ

さて試合は第1クオーター、日本はここで試合を決します。序盤からリズムよく得点を重ね、またタイには自由に攻撃をさせません。タイはパスを回せず、10番スコン選手(4.0)が遠目から狙いますが入りません。21-0で第2クオーターへ入ります。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子 日本-タイ 北田選手

第2、第3クオーターを8-3、14-4とし、43-7で最終クオーターへ。日本優位は変わりませんが、タイは14番プロンソパ選手(4.5)が8点を決める活躍を見せます。しかし大勢には影響なく、日本が56-16で勝利しました。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 日本-タイ

※大会結果詳細は大会公式HP、日本代表公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: