2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会、最後の試合はオーストラリア対韓国の男子決勝戦です。

得点の取り合いで始まった試合は、徐々にオーストラリアがリードを大きくしていきます。4番エヴェソン選手(4.5)、7番ノリス選手(3.0)が主に得点を重ねて行きました。韓国は4番キム・ヨヨン選手(3.0)が2本決めるなどして10得点。残り2分で7番ノリス選手にスリーポイントの出たオーストラリアは18点としました。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国 チョ・ヒョンソク選手

第2クオーターもオーストラリアは9番ノウルズ選手(4.0)、7番ノリス選手、4番エヴェソン選手が次々とショットを決めて21得点。対する韓国はシュートが入らず苦しい時間もありながら12ポイントを獲得します。徐々にヒートアップしてきた両者、激しくぶつかると睨み合う場面もありました。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国 チョ・スンヒョン選手

17点のリードで後半に臨むオーストラリアは、リードをさらに大きくする14得点。韓国は7ポイントに抑えられ、このクオーターを終えて53-29となります。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国 ノリス選手

韓国は第4クオーター、最後まで諦めず得点を重ねて行きますが、広がったリードを埋めることはできず。このクオーター10-17、トータル63-46でオーストラリアが優勝しました。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 男子決勝 オーストラリア‐韓国 レイサム選手

これで幕を下ろした2013年世界選手権アジア・オセアニアゾーン予選。覇権は男女ともオセアニアの手に渡ったこととなりました。

※大会結果詳細は大会公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: