2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子3位決定戦 日本-タイ

男子準決勝終了後のタイ・ジャパンユースセンター第1体育館は、女子3位決定戦、日本対タイの試合となります。勝ったチームが2014年世界選手権出場権を獲得。リーグ戦では日本が得点差をつけての2勝という成績でした。

序盤から13番北田選手(4.5)、11番古野選手(4.5)の得点で先行した日本。リーグ戦での試合同様にタイの選手をゴール下へ入れず、得点を奪わせません。タイは14番プロンソパ選手(4.5)、5番カチュラン選手(2.0)がそれぞれ1本ずつ決めるに留まりました。第1クオーターは14-4で終わります。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子3位決定戦 日本-タイ 

日本優位の流れは変わりません。第2クオーターは、5番浦元選手(2.5)の8得点などで20点。タイは終了間際に10番スコン選手(4.0)がリング正面からのスリーポイントを決めて会場を盛り上げました。スコア34-11でハーフタイムとなります。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子3位決定戦 日本-タイ プロンソパ選手

第3クオーターの日本は、タイに1得点も与えませんでした。9番上村選手(3.5)の6得点を含む13-0のスコア。トータルスコアを47-11とします。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子3位決定戦 日本-タイ 添田選手

最終クオーター、日本は11番古野選手のフリースロー、12番有川選手(2.5)のショットで得点を追加。その後も15番網本選手(4.5)が5本連続で、13番北田選手が3本連続で決めて試合を締めくくりました。66-13で日本が勝利、3位の座と世界選手権への切符を手にしました。

2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会 女子3位決定戦 日本-タイ 有川選手

※大会結果詳細は大会公式HP、日本代表公式HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: