第24回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会 1回戦 ELFIN-九州ドルフィン

11月2日(土)、3日(日)と神戸にて開催された第24回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会。会場となるグリーンアリーナ神戸には全国から7チームが集まりました。今月20日からタイのバンコクで開催される、2013年世界車椅子バスケットボール選手権大会AOZ予選会に出場する日本代表選手も多く参加しています(AOZ予選会日本代表選手リスト)。

メインアリーナのA~Cの3コート、サブのDコートの計4コートを使用し、同時開催の第17回全国シニア選抜車椅子バスケットボール大会と並行して試合が行われました。

第24回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会 1回戦 ELFIN-九州ドルフィン

2日12時40分からAコートでは、関東代表のELFINと九州代表の九州ドルフィンの試合が始まります。試合序盤から主導権を握ったのはELFINでした。3分で6-0とリードすると、そのままリードを保ち18-10で第1クオーターを終えます。九州ドルフィンは10番浦元選手(2.5)がチームを引っ張り、相手に食らいついていきます。

第24回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会 1回戦 ELFIN-九州ドルフィン

第2クオーターもELFIN優位は変わらず。しっかりとしたディフェンスで九州ドルフィンに攻撃のオプションを与えません。9番上村選手(3.5)、11番土田選手(4.5)、19番添田(3.5)選手が着実に得点を重ねていき、このクオーター19-11、スコアを37-21として試合を折り返します。

第24回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会 1回戦 ELFIN-九州ドルフィン

メンバーを大きく入れ替えてきたELFINに対し、九州ドルフィンは第3クオーターで反撃に出ます。8番永浜選手(4.5)のショットや、終了間際の13番有野選手(4.0)の得点などでこのクオータ12点、ELFINの攻撃も8点に抑え点差を縮めました。

第24回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会 1回戦 ELFIN-九州ドルフィン

第4クオーター、ELFINはスターティングメンバーをコートに揃えて臨みました。9番上村選手が最初の得点を上げると、その後は第1、2クオーターと同様の堅実な試合運びで18-13。最終スコアを63-46としたELFINが、準決勝進出を決めました。

第24回全日本女子車椅子バスケットボール選手権大会 1回戦 ELFIN-九州ドルフィン

※大会公式HPはこちら

(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: