2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード 1次予選~準決勝

2013年12月7日、8日の2日間、東京の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(駒沢体育館)にて、2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会が開催されました。今回で第8回となるIPC(国際パラリンピック委員会)公認の世界選手権で、日本での開催は3回目(1998年、2004年、2013年)。来年10月の仁川2014アジアパラゲームズでは正式種目として承認されている、今注目のパラスポーツです。

ここでは12月7日に行われた3種目のうち、まずクラス2/5D コンビ スタンダードをレポートします。車いすダンススポーツでは障害の程度によりクラス1、2に分けられており、クラス2はより軽度となります。コンビとは、車いす者と健常者がペアを組む種目(車いす者同士でペアを組むのがデュオ)。スタンダードの5D(Dance)とは、ワルツ、タンゴ、ウィンナワルツ、スローフォックストロット、クイックステップの5つのダンスにより競われることを意味します。

それでは、22組がエントリーしたクラス2/5D コンビ スタンダードの、1次予選、リダンス、準決勝の模様を御覧下さい。

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

2013 IPC 世界車いすダンススポーツ選手権大会 クラス2/5D コンビ スタンダード

※大会詳細は日本車いすダンススポーツ連盟HPをご覧下さい
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: