IWASアジア車いすフェンシング選手権2016

4月7日(木)から10日(日)までの4日間、香港で開催されたIWASアジア車いすフェンシング選手権2016。過去のパラリンピックでメダリストを多数輩出してきた中国、香港を筆頭に、インド、イラク、日本、韓国、マカオ、マレーシア、タイの9ヶ国から、計49名のフェンサーがエントリー。個人戦各種目の優勝者がリオパラリンピック出場権を獲得できる他、5月31日で締め切られる世界ランキングによる選考にも大きく影響するため、熾烈な戦いが繰り広げられました。

今大会で実施された種目は次の通りです。車いすフェンシングのルールは、日本車いすフェンシング協会の競技ルールページをご覧ください。

  • 男子フルーレ(個人戦A,B、団体戦)
  • 男子エペ(個人戦A,B、団体戦)
  • 男子サーブル(個人戦A,B、団体戦)
  • 女子フルーレ(個人戦A,B)
  • 女子エペ(個人戦A,B)

ここでは各種目の結果を写真を交えてお伝えします。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
ホテルのボールルームに6つのピストが設置され、並行して次々と試合が行われていった

■男子フルーレ

<クラスA>(エントリー15名)
5人による3つのリーグ戦を行い、上位12名が決勝トーナメント進出。それぞれのリーグを4戦全勝で突破した中国の3選手と、香港のChan Wing Kin選手がベスト4に残ります。準決勝でChan Wing Kin選手を15-6で破ったSun Gang選手が、決勝でも15-4と力を見せて優勝。2014年のインチョンアジアパラに続いてのアジア制覇を果たしました。ベスト16での日本人対決を制した安直樹選手は、準々決勝でSun Gang選手に15-1で敗れています。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 安選手 加納選手
ベスト16で対戦の、安選手(左)と加納選手

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 孙刚選手

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 孙刚選手
優勝のSun Gang選手

<上位結果>
1.Sun Gang(孙刚)(中国)
2.Chen Yijun(陈依君)(中国)
3.Chan Wing Kin(陳穎健)(香港)
3.Ye Ryuyi(叶如意)(中国)

7.安 直樹(日本)
10.加納 慎太郎(日本)

<クラスB>(エントリー7名)
7名によるリーグ戦の結果、上位5名が決勝トーナメントへ進む形式。クラスAと同様に中国人対決となった決勝戦。Feng Yanke選手が、北京、ロンドンの2大会連続金メダリストのHu Daoliang選手を接戦の末に15-12で下しました。藤田道宣選手は予選敗退となっています。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 冯彦可選手

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 冯彦可選手
選手。ワールドカップでの優勝経験はあったが、大舞台では初となるタイトルを獲得した。

<上位結果>
1.Feng Yanke(冯彦可)(中国)
2.Hu Daoliang(胡道亮)(中国)
3.アマル・アリ(イラク)
3.Chung Ting Ching(鍾定程)(香港)

6.藤田 道宣(日本)

<団体戦>(エントリー3ヶ国)
ロンドンで金メダルの中国が、変わらぬ圧倒的な強さを見せた団体戦。やはりロンドンで銅の香港は、初戦で日本相手に45-22の快勝を収めますが、決勝では中国の前に45-25と屈しました。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
各チーム3人の選手が総当りで計9試合を行い、45ポイント先取したチームが勝利。スムーズな試合進行のため、隣接するピストで交互に試合を行う。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
日本は銅メダルを獲得。藤田選手(前列右)、安選手(後列右から2人目)、加納選手(後列右から3人目)の3人で世界に挑んだ。

<結果>
1.中国(Chen Yijun、Hu Daoliang、Sun Gang、Ye Ryuyi)
2.香港(Chan Wing Kin、Cheong Meng Chai、Chung Ting Ching、Wong Tang Tat)
3.日本(藤田 道宣、加納 慎太郎、安 直樹)

■男子エペ

<クラスA>(エントリー11名)
5人と6人のリーグ戦で決勝トーナメント進出者8名を決定。準決勝での同国対決を15-11で制したTian Jianquan選手(中国)が、イラクのアル・マドゥーリ選手を決勝で15-8で破り、北京金メダリストとしての強さが健在であることを見せつけました。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 田建全選手
激しく攻撃に出るTian Jianquan選手

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
左からアル・マドゥーリ選手、Tian Jianquan選手、Wong Tang Tat選手(香港)、Sun Gang選手

<上位結果>
1.Tian Jianquan(田建全)(中国)
2.ザイヌラブディーン・アル・マドゥーリ(イラク)
3.Sun Gang(孙刚)(中国)
3.Wong Tang Tat(黃騰達)(香港)

<クラスB>(エントリー12名)
6人リーグ戦2つの予選で、8名の決勝トーナメント出場者を決定。香港勢同士の準決勝はTam Chik Sum選手が15-8で勝利。もう1つの準決勝では、昨年の世界選手権王者アマル・アリ選手(イラク)が、ベテランHu Daoliang選手との大接戦を15-13で勝ち上がります。決勝戦は15-8でアリ選手に軍配が上がりました。藤田選手は準々決勝でHu Daoliang選手に15-7の敗戦、恩田竜二選手は予選敗退となりました。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 アマル・アリ選手
アマル・アリ選手。男子では唯一中国人以外での金メダルとなった。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 恩田選手
恩田選手(右)

<上位結果>
1.アマル・アリ(イラク)
2.Tam Chik Sum(譚湜琛)(香港)
3.Chung Ting Ching(鍾定程)(香港)
3.Hu Daoliang(胡道亮)(中国)

7.藤田 道宣(日本)
12.恩田 竜二(日本)

<団体戦>(エントリー4ヶ国)
中国がインドに45-14と大勝し決勝進出。マレーシアを45-33で下した香港が相手となります。結果は45-22と、中国が再び強さを見せつけました。3位決定戦では、マレーシアが45-37でインドに競り勝っています。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
団体戦は多くの関係者の注目を集めた

<結果>
1.中国(Hu Daoliang、Sun Gang、Tian Jianquan、)
2.香港(Chung Ting Ching、Tam Chik Sum、Wong Chi Fai、Wong Tang Tat)
3.マレーシア(Mohamad Noazizan、Razali Abd Rahman、Salleh Muhammad Adam、Shaharuddin Mohamad Azrul)
4.インド(Davendra Kumar、Narayana Reddy Venkatesha Babu、Rao Venkateshwar Ramesh、Sethy Rakhal Kumar)

■男子サーブル

<クラスA>(エントリー12名)
予選は6人ずつのリーグ戦で、決勝トーナメント進出となるのは上位9名。予選1位通過のChen Yijun選手は、準々決勝から15-5、15-4と快勝続きで決勝戦へ。反対側の山では、準決勝で予選2位のTian Jianquan選手と3位のYe Ryuyi選手が大接戦を演じます。これを15-14で勝ち上がったTian Jianquan選手が、15-8で決勝戦に勝利。昨年の世界選手権に続いての栄冠となりました。加納選手は予選10位で惜しくも敗退、安選手はベスト16でマレーシアの選手に敗れています。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
今大会屈指の対戦となった、Tian Jianquan選手(左)とYe Ryuyi選手の準決勝

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 田建全選手
優勝したTian Jianquan選手

<上位結果>
1.Tian Jianquan(田建全)(中国)
2.Chen Yijun(陈依君)(中国)
3.Ng Chi Fung(吳弛烽)(香港)
3.Ye Ryuyi(叶如意)(中国)

9.安 直樹(日本)
10.加納 慎太郎(日本)

<クラスB>(エントリー7名)7名での予選リーグで、上位5名が決勝トーナメント進出。Fen Yanke選手が準決勝、決勝と15-8で勝利し、フルーレとの個人2冠を達成しました。恩田選手は予選6位でした。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 冯彦可選手
優勝を決めて雄叫びを上げるFeng Yanke選手

<上位結果>
1.Feng Yanke(冯彦可)(中国)
2.Tam Chik Sum(譚湜琛)(香港)
3.サレー・ムハンマド・アダム(マレーシア)
3.シャハルディン・モハマド・アズルー(マレーシア)

6.恩田 竜二(日本)

<団体戦>(エントリー4ヶ国)
準決勝でマレーシアを45-20、決勝で香港を45-27で下した中国が、フルーレ、エペ、サーブルの3種目で団体戦を制覇。マレーシアはインドとの3位決定戦に45-11で勝利しています。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
表彰式の集合写真後は和気藹々とした雰囲気に

<結果>
1.中国(Chen Yijun、Feng Yanke、Tian Jianquan、Ye Ryuyi)
2.香港(Chan Wing Kin、Cheong Meng Chai、Ng Chi Fung、Tam Chik Sum)
3.マレーシア(Mohamad Noazizan、Razali Abd Rahman、Salleh Muhammad Adam、Shaharuddin Mohamad Azrul)
4.インド(Davendra Kumar、Sahu Rajesh Kumar、Sen Vibhas)

■女子フルーレ

<クラスA>(エントリー9名)
9名での総当り戦を行い、その上位7名による決勝トーナメント。アテネから3大会連続金メダルのYu Chui Yee選手(香港)は、準決勝で15-13の接戦の末にZou Xufeng選手(中国)に敗れます。そのZou Xufeng選手がでRong Jing選手(中国)との決勝戦を15-10で制し、フルーレでは初となる個人タイトルを獲得しました。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 余翠怡選手
地元香港の観客から注目を集めたYu Chui Yee選手

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 邹绪凤選手
優勝のZou Xufeng選手

<上位結果>
1.Zou Xufeng (邹绪凤)(中国)
2.Rong Jing(荣静)(中国)
3.Yu Chui Yee(余翠怡)(香港)
3.Zhang Chuncui(张春翠)(中国)

<クラスB>(エントリー7名)
7名での予選リーグで5名の決勝トーナメント進出者を決定。Zhou Jing Jing選手(中国)が、準決勝で予選1位通過のYao Fang選手(中国)と激戦を演じ15-14で勝利。決勝戦では、アテネ、北京の金メダリストChan Yui Chong選手(香港)が、15-12でZhou Jing Jing選手を退けています。日本の櫻井選手は予選6位でした。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 陳蕊莊選手
好勝負となった決勝戦

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 櫻井選手
櫻井杏里選手

<上位結果>
1.Chan Yui Chong(陳蕊莊)(香港)
2.Zhou Jing Jing(周景景)(中国)
3.Chung Yuen Ping(鍾婉萍)(香港)
3.Yao Fang(姚芳)(中国)

6.櫻井 杏理(日本)

■女子エペ

<クラスA>(エントリー8名)
8名での予選リーグを行い、6名が決勝トーナメントへ進出。フルーレで対戦したZou Xufeng選手とYu Chui Yee選手が再び準決勝で顔合わせ。またもZou Xufeng選手が勝利し(15-10)決勝へ駒を進めます。もう1つの山を勝ち進んだのは予選1位のBian Jing選手(中国)。15-13という接戦をものにしたのはBian Jing選手でした。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
準決勝で車いすが破損するトラブルがあったBian Jing選手(下写真右)だったが、集中力を切らすこと無く優勝まで戦い抜いた

<上位結果>
1.Bian Jing(边静)(中国)
2.Zou Xufeng (邹绪凤)(中国)
3.Yu Chui Yee(余翠怡)(香港)
3.Zhang Chuncui(张春翠)(中国)

<クラスB>(エントリー7名)
7名総当り戦で予選を行い、上位5名がトーナメント進出。台風の目となったのは、Kim Jung Ah選手(韓国)。準々決勝で櫻井選手を15-9で下すと、準決勝では実力者であるYao Fang選手(中国)に15-9で勝利します。決勝戦ではZhou Jing Jing選手に15-5で敗戦を喫しましたが、中国、香港の選手以外で表彰台に登った唯一の女子選手となりました。

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016
Kim Jung Ah選手(右)

IWASアジア車いすフェンシング選手権2016 周景景選手
2014年インチョンアジアパラに続いてのアジアタイトル獲得となったZhou Jing Jing選手(右)

<上位結果>
1.Zhou Jing Jing(周景景)(中国)
2.Kim Jung Ah(韓国)
3.Chan Yui Chong(陳蕊莊)(香港)
3.Yao Fang(姚芳)(中国)
5.櫻井 杏理(日本)

■メダル数ランキング
1.中国 25(金11、銀6、銅8)
2.香港 15(金1、銀5、銅9)
3.イラク 3(金1、銀1、銅1)
4.韓国 1(銀1)
5.マレーシア 4(銅4)
6.日本 1(銅1)

・フォトギャラリーはこちら

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい。
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: