2013 Peace Cup 女子S準決勝 堂森-クルーガー

NEC車いすテニスツアー ITF2 「2013 Peace Cup 第24回 国際/国内交流車いすテニス大会」の3日目。未明の雨の影響によるコート整備のため、試合は予定よりも遅れて10時頃始まりました。

2013ピースカップ横断幕

センターコートの第1試合は堂森選手とクルーガー選手(ドイツ)の対戦。ITFランクそれぞれ16位と10位(2013年10月19日現在)の顔合わせとなりました。堂森選手のサーブで始まった第1ゲームはデュースからクルーガー選手が取りますが、これは2時間50分に及ぶ大接戦を暗示する始まりだったのかもしれません。

クルーガー選手はコートの隅を突くボールでポイントを稼ぐと、一気にゲームカウント0-4まで持っていきます。しかし第5ゲームから堂森選手が3ゲーム連取して追い上げ、その後もお互い譲らずタイブレイクに突入。ここはクルーガー選手が終始先行し、4-7で制し第1セットを先取しました。

2013ピースカップ 女子シングルス準決勝 クルーガー選手

第2セットも激戦となります。堂森選手が先手を取りましたが、第7、8ゲームといずれもデュースからクルーガー選手が取り4-4に。両選手とも力が入ってきたようで、ショット時の気迫が観客席まで伝わってきます。追いつかれた堂森選手でしたが、第9、10ゲームを取り、セットカウントを1-1としました。

2013ピースカップ 女子シングルス準決勝 堂森選手

最終セットも取って取られての展開に。既に試合開始から2時間を経過していますが、両者一歩も引きません。4-4で迎えた第9ゲームは堂森選手が取得。注目の第10ゲーム、デュースにもつれ込む手に汗握る局面に勝利したのはクルーガー選手でした。これで5-5と並ぶと、続く2ゲームも取り長時間に渡る戦いを制します。素晴らしい試合を見せてくれた両選手に、観客から拍手が贈られました。

勝利したクルーガー選手、観客席から見守っていたお母さんへの笑顔が印象的でした。

2013ピースカップ 女子シングルス準決勝 クルーガー選手

※公式試合結果はピースカップ大会HP(http://www.bbbn.jp/~rommel/)をご覧下さい。

(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: