2014 全米OP 女子S準決勝 上地-グリフェン

昨日に続き30度近い暑さとなった2014全米オープン車いすテニス部門2日目。この日はクアードのリーグ戦、男女シングルス、ダブルスの準決勝が行われ、選手によっては2試合をプレーする過酷な1日となりました。

コート5で行われた、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)対イスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク 3位)の女子シングルス準決勝。全豪オープン、全仏オープンに続いて今年3度目のグランドスラム準決勝での顔合わせとなりました(全英オープンはダブルスのみ開催のため対戦なし)。いずれも上地選手に軍配が上がりましたが、先週開催の大会ではグリフェン選手が勝利しており、接戦必至の注目の一戦です。

2014 全米OP 女子S準決勝 上地-グリフェン 上地選手
グリフェン選手とは今年7戦して5勝2敗の上地選手

第1セット第1ゲーム、上地選手は最初のポイントを取りますが、そこから4ポイント連取を許しグリフェン選手のブレークとなります。第2ゲームは30-40からドロップショットを決めた上地選手がブレークし返しました。続く2ゲームもお互いにブレークしてゲームカウントは2-2に。第5ゲームをブレークし、第6ゲームをデュースの末にキープし均衡を破ったグリフェン選手は、力強いガッツポーズを見せました。

第7ゲーム、上地選手はサーブが思うように入らずブレークを許します。第8ゲームはデュースから上地選手が取り差を詰めましたが、第9ゲームをブレークしたグリフェン選手が6-3で第1セットを獲得しました。

2014 全米OP 女子S準決勝 上地-グリフェン グリフェン選手
グリフェン選手

第2セットは上地選手が2ゲーム連取でスタート。第3ゲームはグリフェン選手がサービスエースも決めてキープします。第4、5ゲームはお互いに1ポイントも落とさずにキープし、ゲームカウントは上地選手リードの3-2となりました。第6ゲーム、上地選手は15-0の場面でラリーを制してポイント差を広げると、最後はサーブで崩してキープに成功。デュースとなった第7ゲームは、グリフェン選手がダブルフォルトでブレークを許します。第8ゲーム、上地選手は30-30からコート左隅へショットを決めると、続くポイントも取り、第2セットを6-2で勝ち取りました。

両者ブレークし1-1で始まった第3セット。上地選手は第3ゲームをブレークすると、一気に畳み掛けて5-1と王手をかけます。後が無いグリフェン選手は、第7ゲームを粘りのプレーでキープすると、第8ゲームもブレークし踏みとどまります。第9ゲーム、上地選手はリターンエースで最初のポイントを取ると、最後は15-40からショット決めて決着をつけました。3-6、6-2、6-3で勝利した上地選手が、自身初となる全米オープン決勝戦進出を果たしました。

2014 全米OP 女子S準決勝 上地-グリフェン 上地選手
上地選手。先行を許すも徐々に自分のプレーを取り戻した。

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
※記事内のランキングは掲載日時点
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: