2014 全豪OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン

コート7には国枝選手に続き、上地選手が登場です。女子シングルス準決勝、上地選手(ITFランク3位。試合日時点)とグリフェン選手(オランダ。ITFランク4位)が顔を合わせました。昨年のNEC車いすテニスマスターズ決勝では上地選手がフルセットの末に勝利。今年も既に2度対戦(1勝1敗)している組み合わせです。

第1セットは上地選手のサービスゲームでスタート。デュースからアドバンテージを得た上地選手でしたが、コート左隅にリターンを決められて2度目のデュースに。続くプレーでショットを決めると、相手のリターンがアウトとなり、上地選手が第1ゲームをキープします。第2ゲームは5度のデュースの末に上地選手がブレーク。第3ゲームも30-15から2ポイント連取しキープと、ゲームカウント3-0とリードします。

第4ゲームは40-15から、グリフェン選手がコート左隅で大きくバウンドするショットを決めてキープ。第5ゲームは、30-40から上地選手がダブルフォルトでブレークを許します。上地選手はトスがうまく上がらずサーブに苦しんでいる様子でした。第6ゲームもグリフェン選手がキープし、3-3と追いつきます。

デュースとなった第7ゲームをキープした上地選手は、続く第8ゲームではサイドラインへ落ちるフォアなどでポイントを重ねブレークし5-3に。第9ゲームでは自らのミスショットに苦笑いする場面もありましたが、デュースの末にゲームを勝ち取り、第1セットを6-3で獲得しました。

2014 全豪OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン 上地選手

第2セットの第1ゲームはグリフェン選手がキープ、第2ゲームもデュースの末にブレークし、0-2と先行します。第3ゲームは上地選手が30-40としますが、グリフェン選手が右にクロスを決めてデュースに。2度目のデュースからグリフェン選手がキープしました。ラリーで主導権を握ったグリフェン選手のペースで試合が進んでいきます。

第4ゲームは30-40からグリフェン選手がブレーク。第5ゲーム、上地選手のナイスリターンも出ましたが、流れは変わらず。続く第6ゲームもブレークしたグリフェン選手が0-6で第2セットを取りました。

2014 全豪OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン グリフェン選手

勝負を決する第3セット。第1ゲーム、30-40からグリフェン選手のダブルフォルトで上地選手がブレークして始まりました。第2ゲーム、ダブルフォルトで先行を許した上地選手でしたが、ここは崩れずにキープします。第3ゲームはグリフェン選手がラブゲームでキープ。第4ゲームでは30-40からグリフェン選手の強烈なリターンが決まり、ゲームカウントは2-2のタイとなりました。

第5ゲーム、今度は上地選手が15-40から見事なリターンを決めてブレーク。続く第6ゲームをブレークしたグリフェン選手は、デュースの末に第7ゲームもキープし、3-4とこのセット初めてリードを奪います。上地選手も一歩も譲らず、やはりデュースとなった第8ゲームをキープして4-4としました。

2014 全豪OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン 上地選手

第9ゲームをブレークして5-4と王手をかけた上地選手。第10ゲーム、40-30からグリフェン選手のショットが決まりデュースとなりますが、ポイント連取で最終セットを物にし、6-3、0-6、6-4で勝利しました。緊迫感溢れる熱戦を見守った観客から、両選手に対して大きな拍手が起こります。

25日の決勝戦ではITFランク2位のエラブロック選手(ドイツ)と対戦。自身初のグランドスラムタイトルを賭けた試合、勝利を期待しています!

2014 全豪OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン 上地選手

■試合後の上地選手のコメント

(最後のセットについて)
最初1ゲーム目取れたので、最初のセットと同じ流れで行けるかと思ったが、そういうわけにはいかなかった。
ポイントも競って、逆に40-0で取られるところもあったが、セカンド(セット)よりも落ち着いて 自分のテニスができていたと思う。

(ラリーになるとグリフェン選手の方が強いと試合前に話していたが、どう対策していたか)
今朝コーチとも話したが、長いラリーになると我慢できなくてクロスに展開してくることが多いので、それをしっかり取れればと思っていた。ただ、(球が)風に乗ったりと速かったのと、自分の球も浅かったので、バックのストレートのラリーをしている内に、自分のペースに持っていけるように意識していた。

(決勝に向けて)
試合には集中していたが、隣のコートから彼女(エラブロック選手)の声が聞こえて勝ったとわかった。それで自分も彼女とやりたいと思って気持ちを入れ直すことができた部分もあった。(対戦は)久しぶり。(エラブロック選手は)去年準優勝しているので、今年優勝を狙っていると思う。ダブルスもあるが、気持ちを入れ直して臨みたい。

※大会情報は大会HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: