2014 全豪OP 男子S決勝 国枝 ー フェルナンデス

22日から開催されてきた全豪OP車いすテニスチャンピオンシップは最終日を迎えます。昨日に引き続きコート6に最初に登場したのは、男子シングルスのタイトルを争う国枝選手(ITFランク1位。試合日時点)とフェルナンデス選手(アルゼンチン。ITFランク5位)。150人程の観客が見守る中、決勝戦が始まりました。

第1セット、第1ゲーム、15-15から3ポイント連取の国枝選手がブレーク。第2、3ゲームも力強いショットが冴えた国枝選手が取り、あっという間に3-0とリードします。第4ゲームは2度のデュースからサービスエースで決め、第5ゲームはデュースから相手のミスを誘いゲームカウントは5-0。第6ゲーム、フェルナンデス選手はリターンエースを1本決めましたが、最後は国枝選手がサービスエースで締めくくります。第1セットは6-0、王者の貫禄を見せつけた内容でした。

2014 全豪OP 男子S決勝 国枝 ー フェルナンデス 国枝選手

第2セット第1ゲームは、デュースからフェルナンデス選手のダブルフォルトなどで国枝選手が物にします。第2ゲームは国枝選手がラブゲームでキープ、第3ゲームは15-40から強烈なリターンが決まりブレークと、勢いは止まりません。第4ゲームをブレークし一矢を報いたフェルナンデス選手でしたが、国枝選手は続く3ゲームを連取。6-0、6-1で勝利し、7度目となる全豪シングルス優勝を果たしました。

2014 全豪OP 男子S決勝 国枝 ー フェルナンデス フェルナンデス選手

準優勝のフェルナンデス選手。国枝選手から「まだたっぷり時間がある」と評されたように、20歳になったばかりの有望な若手選手です。2014年はさらなる活躍が期待されます。

2014 全豪OP 男子S決勝 国枝 ー フェルナンデス フェルナンデス選手

国枝選手は日本のファンの応援に感謝しつつ「来年またここでお会いしましょう」と、既に気持ちは8度目の全豪制覇へと向かっているようでした。単複優勝の快挙、おめでとうございます!

2014 全豪OP 男子S決勝 国枝 ー フェルナンデス 国枝選手

※大会情報は大会HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: