2014 全仏OP 男子S準々決勝 リードー三木

グランドスラム初出場となる三木拓也選手(トヨタ自動車 / ITFランク8位。試合日時点)は、初戦でイギリスのゴードン・リード選手(ITFランク3位)と対戦。両者はわずか3日前に2014 BNP Paribas ワールドチームカップで対戦し、リード選手がフルセットの末に三木選手を破っています。

第1セットはリード選手が優位に進めます。第1ゲームのブレークを皮切りに、一気に4ゲーム連取しました。第5ゲームも5度のデュースの末にリード選手がブレーク。三木選手は第6ゲームをブレークしますが、第7ゲームを再びブレークしたリード選手が、6-1で第1セットを取りました。

2014 全仏OP 男子S準々決勝 三木ーリード 三木選手
初となるグランドスラムの舞台に立った三木選手

第2セット、お互いにキープしてゲームカウント1-1となった時点で雨が強く降り、試合は中断となります。時に激しく降る雨はなかなか止まず、試合が再開されたのは約3時間後のこと。午前中からやや湿っていたコートは日が出てくると乾き、風が吹くと砂埃が立つまでになりました。

リード選手が第3、4ゲームをキープ、ブレークしたのに対し、三木選手は第5、6ゲームをブレーク、キープ。ここからはお互いにキープが続き、ゲームカウント6-6でタイブレークに突入します。リード選手は一時5-3と差をつけましたが、三木選手が追い上げて6-6に。さらに1ポイントずつ取って7-7となると、三木選手が2ポイントを連取して決着をつけました。スタンドの日本人観客からは大きな歓声と拍手が起こります。

キープが続き2-2で始まった第3セット。両者一歩も譲らず、続くゲームをお互いにブレーク、さらにキープと、ゲームカウントは4-4となります。リード選手は第9ゲームを4ポイント連取でブレークすると、第10ゲームをキープして6-4で勝利。リード選手が6-1、6-7(7)、6-4で準決勝へ勝ち上がりました。

2014 全仏OP 男子S準々決勝 三木ーリード リード選手
再び三木選手の前に立ちはだかったリード選手

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: