2014 全仏OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン

2014全仏オープン車いすテニス部門2日目は、雨に悩まされた前日とは打って変わり晴天に恵まれた1日となりました。気温はそれほど高くなく、日陰に入ると少し肌寒く感じます。この日は12時からコート2面を使用し計6試合が行われましたが、コート7最初の試合は女子シングルス準決勝、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク2位。試合日時点)と、イスカ・グリフェン選手(オランダ / ITFランク4位)の対戦。今年に入ってから既に4度対戦している2人ですが、上地選手が3勝1敗と勝ち越しています。

2014 全仏OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン
ボールパーソンが待機する試合開始前のコート7

第1セット、第1ゲームは上地選手がキープ。ここからブレークが続き、ゲームカウントは上地選手リードの4-3となります。第8ゲームをキープしたグリフェン選手が、続くゲームもブレークし5-4と逆転。グリフェン選手は、コートの隅を丁寧に突いてくるショットでポイントを重ねていきました。第10ゲームは、グリフェン選手の2度のダブルフォルトで先行した上地選手がブレーク。続くサービスゲームをキープしたかった上地選手でしたが、グリフェン選手がこれを取ると、第12ゲームもキープして第1セットを獲得しました。

2014 全仏OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン グリフェン選手
イスカ・グリフェン選手

第2セットは、上地選手が3ゲーム連取しての好発進。第4ゲームをキープしたグリフェン選手が、続くゲームをブレークして差を詰めます。左利きの上地選手と右利きのグリフェン選手、バックハンドスライスでのラリーが長く続く場面が多く見られたセットでした。上地選手は第6ゲームをブレーク。その勢いで2ゲーム連取し、6-2で第2セットを勝ち取ります。

2014 全仏OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン 上地選手
上地結衣選手

上地選手のサービスゲームで始まった第3セット。第1ゲームは最後のポイントをサービスエースで決めた上地選手がキープします。第2、3ゲームは、いずれも4度のデュースとなりお互いにキープ。その後、上地選手が2ゲーム、グリフェン選手が3ゲーム連を取し、グリフェン選手がゲームカウントを5-4としました。後が無くなった上地選手でしたが、第10ゲームをブレークして5-5に。続く2ゲームはお互いにブレークし、タイブレークへ突入しました。

試合開始当初は100人ほどだった観客も300人に増え、固唾を呑んでタイブレークを見守ります。ここまでの試合の流れと同様に、ポイントを取りつ取られつの緊迫感溢れる展開となりました。上地選手は6-4と2度のマッチポイントを迎えますが、グリフェン選手が凌いで6-6。続くプレーで、上地選手のサーブをグリフェン選手が返しきれず、再び上地選手のマッチポイントとなります。最後はグリフェン選手がダブルフォルト。2時間25分に渡った熱戦を5-7、6-2、7-6(6)で制した上地選手が、見事決勝戦進出を果たしました。

2014 全仏OP 女子S準決勝 上地ーグリフェン 上地選手
勝利後、笑顔を見せる上地選手

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: