2015 全豪OP 女子S準々決勝 上地-ワルラヴェン

2015全豪オープン初日、日本の上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)は、シャロン・ワルラヴェン選手(オランダ / ITFランク7位)と準々決勝を戦いました。

第1セットは上地選手が2ゲーム連取してスタート。第3、4ゲームは両者ブレークし、ゲームカウントは上地選手リードの3-1となりました。第5ゲーム、一層強くなった風でトスがまっすぐ上がらず、上地選手は2つのダブルフォルトなどでブレークを許します。第6ゲームはワルラヴェン選手がキープし、3-3のタイとしました。第7ゲーム、上地選手はサーブが乱れながらも2度のデュースからキープすると、続くゲームでは5度のデュースの末にブレークに成功。第9ゲームもデュースとなりますが、ここもキープした上地選手が、6-3で第1セットを勝ち取りました。

2015 全豪OP 女子S準々決勝 上地ーワルラヴェン 上地選手
強風に悩まされながらも冷静なプレーを見せた上地選手

第2セット、第1ゲームをキープした上地選手は、さらに2ゲーム連取してゲームカウントを3-0とします。第4ゲームはワルラヴェン選手がブレークしますが、第5ゲームはデュースから上地選手がブレークし返しました。試合の流れを引き寄せた上地選手は、続く2ゲームも落ち着いたプレーで取り、第2セットを6-1で獲得。6-3、6-1で勝利し、準決勝進出を決めました。

2015 全豪OP 女子S準々決勝 上地ーワルラヴェン ワルラヴェン選手
ワルラヴェン選手

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
※記事内のランキングは掲載日時点
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: