2015 全豪OP 女子S準決勝 上地-エラブロック

2015全豪オープン車いすテニス2日目は、男子、女子、クアードの各カテゴリーでシングルス、ダブルスの試合が行われ、選手によっては2試合をプレーするタフな1日となりました。昨日に引き続き気温は20度前後、ボールの軌道を変えるほどの強風も吹き続けています。

女子シングルス準決勝、日本の上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)は、ザビーネ・エラブロック選手(ドイツ / ITFランク4位)と対戦。昨年の全豪オープン決勝で両者が対戦した際には、エラブロック選手が勝利しグランドスラムタイトルを手にしています。

第1セット第1ゲームは上地選手のサービスゲーム。デュースとなると、最後はダブルフォルトでエラブロック選手がブレークします。第2ゲームは上地選手がブレーク。第3、4、5ゲームとキープが続き、ゲームカウントは上地選手リードの3-2となりました。一際強い風が吹いた第6ゲーム、エラブロック選手はダブルフォルトを出すなどして先行を許しますが、その後サービスエース2本を決め粘ります。それでも上地選手が30-40でのラリーからポイントを決めてブレークに成功。第1セットの流れを引き寄せたゲームとなりました。上地選手は、第7ゲームをテンポよくポイントを重ねてキープ。第8ゲーム、デュースから2つ続けてダブルフォルトとなりブレークした上地選手が、第1セットを6-2で取りました。

2015 全豪OP 女子S準決勝 上地ーエラブロック エラブロック選手
昨年の全豪覇者エラブロック選手。サーブが入らず苦しい展開となった

第2セットは、上地選手が4ゲーム連取の好スタート。エラブロック選手はファーストサーブがなかなか入らず、ダブルフォルト3つを出すなど、自らのサービスゲームで流れを作ることができませんでした。第5ゲームを1ポイントも取れずにブレークされた上地選手でしたが、第6ゲームはデュースから2連続リターンエースでブレーク、第7ゲームをしっかりとキープして第2セットを6-1で獲得。6-2、6-1の快勝で、決勝戦進出を決めました。

2015 全豪OP 女子S準決勝 上地ーエラブロック 上地選手
上地選手は2年連続の全豪シングルス決勝進出を決めた

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
※記事内のランキングは掲載日時点
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: