DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S準決勝 上地-堂森

4月26日(土)から29日(火)にかけて開催されている、DUNLOP KOBE OPEN 2014(ITF3)。会場の兵庫県立三木総合防災公園ブルボンビーンズドームには約100名の車いすテニスプレーヤーが集まり、熱戦を繰り広げます。その中でも特に注目度の高い選手の1人、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス。ITFランク2位。試合日時点)と、堂森佳南子選手(エイベックス・グループホールディングス。ITFランク12位)の女子シングルス準決勝です。

DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S準決勝 上地-堂森
ブルボンビーンズドーム

第1セット第1ゲーム、サービスエースも出た上地選手が40-15からキープ。続く第2ゲームも上地選手がラブゲームでブレークします。お互いにショットが決まりデュースとなった第3ゲーム、そして第4、5と上地選手が連取してゲームカウントは一気に5-0に。堂森選手のサービスエースでスタートした第6ゲームは、3度のデュースの末に上地選手が制し、第1セットをストレートでものにしました。

DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S準決勝 上地-堂森 堂森選手
堂森佳南子選手

第2セットは上地選手が2-0と先行、堂森選手は第3ゲームをブレークします。上地選手は第4ゲームをラブゲームでブレーク、さらにデュースとなった第5ゲームをサービスエースを決めて勝ち取ります。続く2ゲームも上地選手が取り、6-0、6-1で勝利。大会6連覇を目指す上地選手が、決勝戦へ駒を進めました。

DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S準決勝 上地-堂森 上地選手
上地結衣選手

※大会詳細情報は大会HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: