DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S決勝 上地-パク・ジュヨン

大会最終日の29日は、男女シングルス、ダブルスの決勝戦が開催されました。まずは上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス。ITFランク2位。試合日時点)と、韓国のパク・ジュヨン選手(ITFランク11位)のによる、女子シングルス決勝戦です。

DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S決勝 上地-パク・ジュヨン
ブルボンビーンズドーム センターコート

第1セット、最初にポイントを取った上地選手に対し、ブルボンビーンズドームのセンターコートに集まった100人程の観衆から拍手が贈られます。この後も試合を通して、ナイスプレーに対しては拍手が起こっていました。第1、2ゲームは上地選手が連取、第3ゲームは2度目のデュースからパク選手が制しました。続く第4ゲーム、30-0と先行されたパク選手がブレークし、ゲームカウントを2-2のタイとします。

DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S決勝 上地-パク・ジュヨン パク選手
パク・ジュヨン選手

ここから3ゲーム連取した上地選手、第8ゲームは3度デュースとなりましたが、最後は2本ショットを決めました。ゲームカウント6-2で、第1セットは上地選手が勝ち取ります。

お互いにキープして1-1で始まった第2セット。第3ゲームは2度目のデュースでアドバンテージを得た上地選手がナイスリターンでブレーク。第4ゲームは30-40から、今度はパク選手がリターンエースを決めます。両者ともサーブに苦しむ場面が目立ち、第5ゲーム以降もブレークが続き、ゲームカウントは4-4となりました。

第9ゲームをブレークした上地選手。第10ゲームでは15-30から3ポイント連取、第2セットを6-4で制し、見事大会6連覇を果たしました。優勝を決めたのは、高く上がったボールを背面で捉えたスーパーショットでした。

DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S決勝 上地-パク・ジュヨン 上地選手
ウィニングショット直前の上地結衣選手

DUNLOP KOBE OPEN 2014 女子S決勝 上地-パク・ジュヨン 上地選手
優勝を祝う拍手に応える

※大会詳細情報は大会HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: