NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワイリー

女子予選リーグ1、上地結衣選手(エイベックス・グループ・ホールディングス / ITFランク1位)と、ジョーダン・ワイリー選手(イギリス / ITFランク6位)の試合です。今年ダブルスで年間グランドスラムを達成した2人の対戦、しかもワイリー選手の地元イギリスでの大会ということで、注目度の高いカードとなりました。

第1セット第1ゲームは上地選手のサービスゲーム。2度のデュースにもつれ込むと、ワイリー選手がブレークに成功、第2ゲームも3度のデュースからキープします。上地選手は続く2ゲームを取り、ゲームカウント2-2と追いつきました。第5ゲームはワイリー選手がブレーク。試合の主導権を握ったワイリー選手が自分のペースに持ち込み、さらに3ゲーム連取で第1セットを6-2で勝ち取ります。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワイリー 上地選手
上地選手

第2セットもワイリー選手がブレークしてスタート。お互いに自らのサービスゲームでリズムが作れず、ブレークが続きゲームカウントは3-3となります。第7ゲームをやはりブレークしたワイリー選手は、第8ゲームでダブルフォルト2つを出しながらも、このセット初のキープに成功し5-3とリードしました。上地選手のサービスゲームとなった第9ゲーム、40-0と追い込まれたワイリー選手は、ここから3本連続でショットを決めてデュースに持ち込みます。3度目のデュースでアドバンテージを得たワイリー選手は、上手くボールを展開し最後はスマッシュを決めてブレーク。6-2、6-3のストレートでワイリー選手が勝利を収めました。

NEC Wheelchair Tennis Masters 女子予選リーグ1 上地-ワイリー ワイリー選手
内容は決して良くなかったが、より自分のペースで試合ができたワイリー選手が世界1位を下した

※大会詳細情報・結果は、大会公式HPをご覧下さい
※ITF車いすランキングはこちら
※記事内のランキングは掲載日時点
(取材:水上航太郎/セプティメルスポーツ)

関連記事: